今回は、クレジットカードなしで利用できるおすすめのスマホ決済を紹介します。

「スマホ決済を使ってみたいけれどクレジットカードと紐づけたくない」

「クレジットカードを持たない」

という方は、ぜひご一読ください。

子供の分も含めて、期限延長されたマイナポイントの申請先をどこにしようか迷っている方も必見です。

クレカなしのスマホ決済なら気軽に利用できる

スマホ決済を活用してみたいけれど、支払元がクレジットカードでは安全面で不安というかたも多いことでしょう。私もそのひとりです。

最近もAmazonを装うメッセージが届きました。

Amazonを装うメッセージ

私は「プライム会員には入っていないのになぜ?」と不思議に思い、思わずリンクをクリックしてしまいました。しかし、そこでいつものAmazonのログイン画面とは少し違うことに気づいたのです。

どうやらクレジットカードの番号などを聞き出すことが目的のようです。しかし、このような被害が心配な方でもクレジットカードなしで支払いできるスマホ決済が複数あるのです。

クレカ不要の4つのスマホ決済アプリ

今回は、私が実際に使っているおすすめの4つのスマホ決済を紹介します。2021年9月末まで期限延長となったマイナポイントの申請先としてもおすすめです。

また、マイナポイントについては、独自のキャンペーンが終了となったスマホ決済も多いので、基本の25%還元の部分のみ記載しています。

1. 子どもの分のマイナポイントにもおすすめ「ファミペイ」

FamiPayでマイナポイント
≪画像元:Famima Digital One

クレジットカードなしで使えるおすすめのスマホ決済の1つ目は「ファミペイ」です。

ファミリーマートのレジで、1,000円から気軽に現金チャージが可能です。ファミペイを選ぶ主なメリットは次の4つです。

(1) 毎月10日と25日は「チャージの日」で、3,000円以上の入金で無料クーポンがもらえる

(2) 無料クーポンの不定期配信がある:3月は三ツ矢サイダーやアサヒのレモンクラフトなどがもらえました。

(3) Tポイント、dポイント、楽天ポイントのどれかひとつから連携できる

(4) アプリダウンロードや初めてのチャージでファミペイボーナス特典がある:期間限定でキャンペーンは不定期開催

ファミリーマートをよく利用する人、ポイ活をしたい人におすすめです。マイナポイントに紐づけるキャッシュレス決済として、大人だけではなく、子供の分としても使いやすいことでしょう。

中学生や高校生、大学生のお子さまであれば、ランチ代としてやり繰りしてもらうとよいのではないでしょうか。使い過ぎてしまうようなことがあれば、その分をお小遣いから相殺するなどのルールを決めておくと安心です。

マイナポイント申請に必要なものは、

・ ファミペイアプリ
・ マイナポイントアプリ
・ マイナンバーカード

の3点です。

2万円チャージで、最大5,000円相当のマイナポイントがもらえます

2. auユーザーではなくても得する「auPAY」

auPAYでマイナポイント
≪画像元:KDDI

auPAYもおすすめです。現金チャージは、ローソン店内にあるローソン銀行ATMで簡単にできます

auPAYを選ぶメリットは次の5点です。

(1) スーパーやドラッグストアで使える店が多く便利

(2) ポンタカードと連携できる

(3) auPAYのみの使用でも200円で1ポンタポイントが貯まる

(4) ポンタポイントでauポイント運用ができる

(5) auユーザーでなくても高還元のキャンペーンが期待できる

特に、スーパーやドラッグストアで買い物をする方、ポンタポイントが欲しい方、キャンペーンで高還元を期待したい方におすすめです。

私はドコモユーザーですが、たぬきの大恩返しキャンペーンで、3月付与分だけでも3,723Pの還元がありました。

・ ローソン銀行ATMチャージ:1,250P

・ スーパードラッグストア20%還元:2,473P

auユーザーでもないのにここまでの高還元を狙えるスマホ決済はそうそうないのではと思います。今後も、お得なキャンペーンの開催を期待できることでしょう。

マイナポイント申請に必要なものは、

・ auPAYアプリ
・ マイナポイントアプリ
・ マイナンバーカード

のみでOKです。付与はチャージの都度で、最大5,000円相当のマイナポイントがもらえます。

3. 利便性重視の方に「PayPay」

PayPayでマイナポイント
≪画像元:PayPay

PayPayもクレジットカードなしで利用できるおすすめのスマホ決済です。

セブン-イレブンの店舗にあるセブンATMから現金チャージを簡単にできます。

クレジットカードなしのスマホ決済でPayPayを選ぶメリットは次の5点です。

(1) 利用できる店舗が多い

(2) Tカードと連携できる

(3) LINEポイントをPayPayボーナスに交換できる

(4) PayPayボーナス運用ができる

(5) 誰でも高還元のキャンペーンが期待できる

特に利用できる店舗の多さを重視している方におすすめです。個人でお店を経営されている方に聞いたのですが、PayPayの営業マンはかなり熱心に加盟をすすめてくるとのことです。

今後も使える店舗がどんどんと増えてくることでしょう。LINEポイントの交換先を検討している方にも便利です。

マイナポイント申請に必要なものは、

・ PayPayアプリ
・ マイナポイントアプリ
・ マイナンバーカード

の3点です。2万円分のチャージなら即日で、支払いなら30日後に最大5,000円相当分が付与されます。

4. ドコモの携帯料金払いの方へ「d払い」

d払いでマイナポイント
≪画像元:NTT DOCOMO

クレジットカードなしで活躍するおすすめのスマホ決済には、ドコモの「d払い」もあります。

ただし、d払いへの現金チャージはドコモ口座の残高にチャージするという形です。そのため、ドコモユーザーで携帯料金合算払いを選択できる方におすすめです。

対象者がかなり限定的になってしまいますが、クレジットカードなしのスマホ決済をd払いにするメリットは次の4点です。

(1) dポイントカードでの2重取りに便利

(2) ドコモポイント投資やフロッギーでの株購入に便利

(3) Amazonのお買い物にも役立つ

(4) 高還元キャンペーンを期待できる

ドコモのd払いは、dポイントを貯めたい方、dポイントを現金化したい方におすすめです。

d払いは高還元キャンペーンも魅力ですが、集めたdポイントの使い道が他のスマホ決済に比べて多岐にわたるという特色があります。

d払いを利用して得たdポイントは、Amazonでの買い物に使えたり、フロッギーで株を購入して配当などの現金化を目指せます。どちらも期間限定ポイントを消費できるというメリットは大きいと言えます。

マイナポイント申請に必要なものは、

・ d払いアプリ
・ マイナポイントアプリ
・ マイナンバーカード

の3点です。2万円分のチャージや支払いで、最大で5,000円分相当のマイナポイントがもらえます。

スマホ決済はクレカなしでもお得「マイナポイント」の申請も忘れずに

どれもクレカなしで使えてお得なものばかりです。また、子供の分も含めてのマイナポイント決済先としても便利です。

クレカなしで使えるスマホ決済をお探しの方は、ぜひ検討してください。ただし、マイナポイント申請の対象は、マイナンバーカードを2021年3月31日までに申し込まれた方のみですのでご注意ください。(執筆者:隼瀬 恭子)