楽天ポイントは、いろいろなところで使える便利なポイントです。

そのポイントが無理なく貯められる楽天銀行の口座を持っていると、さらにポイントを貯めやすくなり、ポイ活にもってこいなのです。

では、楽天ポイントを効率よく貯められる楽天銀行とは、どのような銀行なのでしょうか。詳しく説明していきます。

楽天銀行の特徴

楽天銀行が選ばれる理由
≪画像元:楽天銀行

楽天銀行は、2010年にイーバンク銀行から商号変更で誕生した、日本最大のネットバンキングです。

対面の店舗を持たず、手続きはすべてパソコンやスマホで完結できます。24時間どこからでも申込できるうえに、実店舗を持っている銀行よりもATM利用手数料が安く設定されています。

そのほかに、残高照会や取引の詳細もパソコンやスマホでできてしまいます。楽天証券や楽天カードとの併用も可能で、ポイ活においてだけではなく銀行としても優秀なのです。

楽天銀行のメリット・デメリット

楽天銀行には、メリットとデメリットがあります。主なメリットとデメリットはしっかりと押さえておきましょう。

【メリット】

・ コンビニATMが24時間365日利用できる

・ 最大月7回までATM手数料無料

・ 最大月3回まで他行振込手数料無料

・ スマホアプリでサービスの利用が可能

・ 楽天スーパーポイントが貯まる・使える

・ 金利が高い

【デメリット】

・ ほかのネットバンキングより手数料が高い

・ 入金額3万円未満だと手数料がかかる

楽天銀行の口座開設方法

楽天銀行の口座開設方法には3種類あります。

・ 受取人確認配達
・ 郵送
・ アプリ

です。

アプリで口座開設する手順

特に、アプリを利用して申し込むと、最長でも2週間で口座を開設できるのです。

では、楽天銀行の口座開設をアプリでする場合の手順を紹介します。

(1) 楽天銀行アプリをインストールする

(2) 口座開設の申し込みをする

(3) 本人確認書類を撮影し、データを送信する

(4) 本人確認完了通知が来たら、初期設定をする

(5) 初期設定完了で口座開設完了

楽天銀行のカードで効率よくポイントを貯める方法

楽天銀行キャッシュカード
≪画像元:楽天銀行

楽天銀行のカードには、デビットカード機能もついています。また、キャッシュカードをそのままクレジットカードとしても利用できます。

そこで、この特性を活用した楽天ポイントの賢い貯め方を紹介します。

1. 普段の買い物や光熱費の決済で使う

楽天銀行のポイントは、あらゆる決済で貯められます。

そのため、普段の買い物や光熱費、通信費の支払いで楽天銀行を設定しておくと、引き落としされたそのタイミングで楽天ポイントがどんどん貯まっていくのです。

また、楽天市場をよく使う人とは、さらに相性がよいのも特徴です。

2. キャンペーンや楽天ツールバーを使う

楽天が行うキャンペーンや楽天ツールバーを使うことでもポイントを貯められます。

内容にもよりますが、キャンペーンでは最大10倍以上のポイントが付与されることもあります。

また、楽天ウェブ検索のツールである楽天ツールバーをタグ付けしておくことで、検索回数に応じてポイントが貯まっていくのです。

3. 楽天ペイアプリや楽天Edyを使う

楽天ペイアプリや楽天Edyを利用することで、さらにポイントが貯めやすくなります。

楽天ペイアプリは、スマホだけでクレジット決済できるシステムで、利用できる店舗は現在も拡大しています。また、楽天カードも登録すれば、ポイントの二重取りもできてしまうのです。

楽天Edyはプリペイド型電子マネーなので使いすぎてしまう心配がありません。クレジットカードが嫌な人、ついつい使いすぎてしまう人にはおすすめの決済方法です。

便利なネットバンキングで賢くポイントを貯める

楽天銀行はポイントを貯めやすいだけではなく、すべてがパソコンやスマホで完結する便利なネットバンキングです。

積極的に使って、賢くポイントを貯めて日常生活をお得にしていきましょう。(執筆者:中田 すぐる)