ポンタポイントを早く貯めるには、ポンタが貯まるクレジットカードを使うことが1番です。

現在ポンタ一体型のクレジットカードは全部で12種類あり、ポンタポイントに交換できるクレジットカードを合わせると数百種類にもなります。

数百種類となると選ぶだけでも疲れてしまいます。

今回は使いやすくてポイント還元率が高いカードを5つ紹介します。

ポンタに対応したクレジットカードをお探しの方は参考にしてください。

【おすすめ1】リクルートカード

リクルートカード
≪画像元:リクルート
年会費やポイントについて
【メリット】

・ 還元率がダントツに良い

【デメリット】

・ 特に目立ったキャンペーンがない

リクルートカードは株式会社リクルートが提供するクレジットカードです。

魅力はなんと言っても1.2%という高還元率です

通常1%でも良いと言われている中、リクルートカードは年会費無料で1.2%を誇ります。

貯まるポイントはリクルートポイントですが、1Pが1円分でポンタポイントに移行できます

高還元率を利用して、毎月の水道光熱費の支払いやお買い物に利用すれば、知らないうちにポンタがどんどん貯まります。

目立つキャンペーンはほとんどないですが、還元率が良いため絶対持っておきたいカードです。

【おすすめ2】auPAYカード

auPAYカード
年会費やポイントなどについて
【メリット】

・ auPAYチャージでポイントが貯まる

【デメリット】

・ au・UQモバイルでない人が1年間使わないと、年会費がかかる

auPAYカードはキャッシュレス決済auPAYにチャージをすると、ポイントが貯まるのが特徴のカードです。

通常のクレジットカードでauPAYにチャージしてもポイントは貯まりません

しかしauPAYカードならチャージ100円につき1Pのポンタポイントが貯まります

auPAYを使う際はセットで作るのがおすすめです。

チャージ以外のふだんのお買い物でも同様に1%の還元率でポンタが付きます。

注意点は、auまたはUQモバイルではない人が1年間使わないと、年会費が1,375円かかることです。

auまたはUQモバイルでない人は、使わなくなったら早めに解約したほうが良いでしょう。

【おすすめ3】シェル-Pontaクレジットカード

シェルPontaカード
≪画像元:出光興産
出光の還元率とポイント還元について
【メリット】

・ ガソリン2リットルにつき4ポイント

【デメリット】

・ 年に1回シェルなどで使わないと年会費がかかる

シェル-Pontaクレジットカードはシェルや出光、アポロステーションで使うとポイントが上乗せされるカードです。

ふだんの使用では還元率1%ですが、ポンタ加盟のシェル・出光・アポロステーションで使うとガソリン2リットルに付き4ポイントがさらに加算されます。

ポイントの加算は月150リットルまでとなっています。

1年に1回以上ポンタ加盟のシェル・出光・アポロステーションで使わないと、年会費が1,375円かかるので注意してください。

車を持っている人が年1回も給油しないことはほぼないですが、使い忘れに気をつけましょう。

【おすすめ4】三井住友カード ナンバーレス

ナンバーレスカード
≪画像元:三井住友カード
年会費やポイントの還元率
【メリット】

・ カード番号が表記されていないから安心

【デメリット】

・ ポイント還元率は低め

三井住友カード ナンバーレスは、カード番号が表記されていない国内初のカードです。

カード番号が表記されていないことで、他人が番号を盗み見て悪用されることを防ぎます。

還元率は低めの0.5%ですが、セブン-イレブン・ローソン・ファミリーマート・マクドナルドで使うと+2%が加算されます。

貯まったVポイントは500ポイントで400円分のポンタに交換できます

還元率は低めですが、防犯に強いカードをお探しの方にぴったりです。

【おすすめ5】Ponta Premium Plus

ジャックスのPontaカード
≪画像元:Ponta Web
ジャックスカードの還元率やポイントについて
【メリット】

・ 7月と12月に還元率アップ

【デメリット】

・ 年会費がかかる

Ponta Premium Plus(ポンタプレミアムプラス)はふだんの還元率は1%と他と変わりませんが、7月と12月はポイント還元率があがります

7月と12月の使用額が10万円以上なら1.5%、20万円以上なら2%になり、ボーナスでお買い物をされる人におすすめです。

年会費がかかりますが、年間で5万円以上ショッピング利用があれば次の年の年会費は無料になります。

Ponta Premium Plusには年会費無料のリボ専用カードもありますが、手数料がかかるためおすすめしません。

また公共料金の支払いではポイントがつかないので注意してください。

自分の生活に合わせてクレジットカードを決めよう

ポンタが貯まるカードはたくさんありますが、たくさん貯めたい人は年会費無料で高還元率のものがおすすめです。

何枚かもカードを使い分けるのも良いでしょう。

私の場合、生活費の支払いはリクルートカード、auPAYチャージはauPAYカード、ガソリンはシェル-Pontaクレジットカードを使っています。

ポンタを貯めたい人は、この記事を参考に選んでください。(執筆者:西本 衣里)