「カルディ」では、海外の珍しくて美味しいものを手頃に購入できます。

実は、「カルディ」の冷凍食品コーナーにも、業務スーパーと同じく迷わず買いのおすすめ商品があります。

今回紹介するのは、手軽で絶品の冷凍パン3種です。専門店で買うよりも安いのに、本格的な味わいです。

いま話題のマリトッツォも合わせて紹介します。

1.「マリトッツォ」税込270円

「マリトッツォ」

「マリトッツォ」は、さまざまなメディアで話題になっています。

丸いパンに生クリームをサンドしているマリトッツォは、ローマでは定番の朝ごはんです。

カルディでは、冷凍のマリトッツォを販売しています。

価格は税込270円です。

マリトッツォはケーキ屋さんやカフェでも販売されていますが、どこも400円~500円はします。

カルディのマリトッツォは300円以下です。他店と比べて100円以上安く購入しやすい価格です。

調理方法:自然解凍

自然解凍でいただく

前日のうちに冷蔵庫に移しておくと、ホイップが冷えた状態で食べられます。

ホイップの甘さは控えめで、オレンジピール入りで後味もさっぱりしていて、しつこくありません。

冷凍感もゼロで、パンもふんわりとしています。

270円で買えるマリトッツォは貴重なので、手頃にマリトッツォを食べてみたい方におすすめです。

2.「シナモンロール」税込259円

カルディの冷凍「シナモンロール」

「シナモンロール」は言わずと知れた人気商品です。

焼きたてのシナモンロールを自宅にいながらにして食べられることから、過去には「カルディ冷食」の売上1位を獲得しています。

価格は税込259円です。

ずっしりと重たく、白いチーズフロスティングもたっぷりとトッピングされています。

カフェのシナモンロールと同じくらい食べ応えがありそうです。

スターバックス(税込297円)やタリーズは(税込308円)のシナモンロールと比べても、40円ほど安いのがありがたいところです。

カルディのシナモンロールは冷凍商品なので、ストックしておけば自宅で好きな時に食べられるというメリットもあります。

調理方法:自然解凍またはレンジ調理

自然解凍またはレンジ調理でいただく

筆者は電子レンジで加熱していただきました。
加熱時間は、

700W:70秒

600W:60秒

です。

温めると、チーズフロスティングがとろっと溶けて、シナモンの香りが広がります。

甘さも控えめで、朝に食べても重くありませんでした。

時間があるときには、解凍またはレンジ加熱後にトースターで1分焼き上げると、外側がカリッとしてよりおいしくなります。

3.「キャロットケーキ」税込243円

カルディの冷凍「キャロットケーキ」

カルディの「キャロットケーキ」は、知る人ぞ知る、少し大人向けのスイーツです。

商品名にキャロットと書いてありますが、にんじんの風味はほとんどしません。

いろいろなスパイスやくるみ、レーズンが入っていて、ひと口食べるとクセになるおいしさです。

価格は税込243円です。

キャロットケーキは珍しいスイーツなので、冷凍品を気軽に買えるのはカルディくらいです。

自分で作ろうと思うと、レーズンやスパイス、くるみなど材料費がかかるので、1個243円なら十分に高コスパです。

調理方法:自然解凍

キャロットケーキも自然解凍でいただく

キャロットケーキは、マリトッツォと同じく解凍するだけで食べられます。

パッケージに記載はありませんでしたが、筆者は20秒ほどレンジで加熱しました。甘いアイシングがとろけて、スパイスの香りが増してよりおいしくなりました。

シナモンの風味が効いていて、くるみの歯ごたえも良い感じです。

本格的な味わいですが、どこかにホームメイド感も漂う、ほっとひと息つきたいときにぴったりのスイーツです。

ステイホーム中にカルディの絶品冷凍パンに癒やされる

コロナの感染がなかなかおさまらずに心身ともに疲れがたまっていると思いますが、冷凍庫にストックしておけるカルディの冷凍パンが自宅でのコーヒータイムをより充実させてくれます。

カフェやケーキ屋さんよりも手頃な価格で本格的な味わいを楽しめるので、節約中にもおすすめです。(執筆者:全方位型節約主婦 三木 千奈)