化粧品は実際に使ってみないと、肌に合うか、使い心地は好みかなどが分かりにくいものです。

実際に使ってみたら「肌に合わない」「使い心地が好みではない」と感じるときもあることでしょう。

もし、肌に合わないコスメを捨てている方がいたら、ぜひ一度メルカリに出品してください。

メルカリでは、中古のコスメも人気があるので、出品すると思ったより高い価格で売れるかもしれません。

今回は、肌に合わないコスメをメルカリで売ったほうがお得な理由と、高く売るコツ、売るときの注意点を紹介します。

肌に合わないコスメはメルカリで売ったほうがお得な理由

【捨てたら0円・出品すれば3点で5000円超え】「メルカリ」で肌に合わないコスメを高く売る「3つのコツ」

肌に合わない化粧品やコスメは捨てるか誰かにあげるしか処分の方法がないと思うかもしれませんが、メルカリでは中古品も取引されています。

筆者がこれまでにメルカリで販売した中古のコスメには、

・ アイプチ:利益400円

・ アイシャドウ:利益400円

・ 除毛クリーム:利益2,000円

・ 美容クリーム:利益2,500円

などがあり、いずれも1~2回使用した状態で売れました。

捨てていたら利益は0円ですが、メルカリで出品すれば利益は5,300円です。

周りに欲しがっている友人がいる場合にはもちろんプレゼントすればよいのですが、いないのであれば捨てるよりメルカリに出品したほうが断然お得です。

肌に合わないコスメをメルカリでできるだけ高く売る「3つのコツ」

肌に合わない化粧品などをメルカリでできるだけ高く売る「3つのコツ」をお伝えします。

コツ1. ウェットシートなどで汚れをとってから写真を撮影

スキンケア用品やアイシャドウなどは特に、数回の使用でも液体や粉などでパッケージが汚れます。

そのままの状態で写真撮影すると数回の使用なのに古い商品に見えてしまうため、ウェットシートなどで汚れをきちんとオフしてから撮影してください。

コツ2. 購入時期・開封時期・残量を明記する

欲しい美容アイテムであっても、

・ いつ購入したのか

・ いつ封を開けたのか

・ 残量はどれくらいなのか

が分からないと、価格が安いのか高いのかの判断がつかないので、ユーザーは購入をためらいます。

商品説明欄に必ず「購入時期」「開封時期」「残量」を記載してください。

特に、残量は気にする方が多いので、

「1~2回の使用なので中身はほぼ減っていません」

「1cmほど中身が減っています」

などできるだけ詳しく書くのがポイントです。

少ししか減っていないと分かれば、定価に近い価格で売れることもあります。

コツ3.「除菌して発送します」と記載

今の時期は使いかけのアイテムに対してシビアな目で見るユーザーも増えていますので、「除菌してから発送します」と商品説明に入れておくだけでも売れやすくなります。

もちろん、中古品は誰かが使用したものとわかって購入する方がほとんどですが、除菌をして送ったほうが親切ですし、汚いままより高く売れるのでぜひ実践してください。

肌に合わないコスメを売る際の注意点

肌に合わないコスメを売る際の注意点

一度開封したコスメを売る際には、以下の3点に注意してください。

開封済みのコスメを売るときの注意点

・ チップなどは、衛生上の観点からないほうが売れやすい

・ 開封時期が分からないものは出品しない

・ 化粧品の期限に注意する

アイシャドウのチップなど直接皮膚に触れるものは、購入した方が肌荒れを起こしてしまうなどのトラブルになりかねないので、衛生上は同封しないほうが安心です。

化粧品は一般的に開封から1年以内に使うことを推奨されています。

古いものは肌トラブルの原因になりますので、開封時期が分からないものや期限の切れたものは数回の使用でも出品しないほうが良いです。

自分には合わない化粧品・コスメは処分せずメルカリに出品

自分の肌に合わない化粧品類は捨ててしまうとお金がもったいないので、メルカリに出品してみてはいかがでしょうか。

売れれば購入費用がムダになりませんし、新しい美容アイテムを買うお金として使えます

処分せずにメルカリに出品して、必要としている方にゆずってあげてください。(執筆者:メルカリ取引600回以上 石神 里恵)