夏は1年のうちで最も活動的になる季節です。

今年は密を避けるため、距離を保ちながら楽しめるアウトドア需要が高まっています。

低予算で済むダイソーグッズを利用して、夏の楽しみを満喫しましょう。

ビーチサンダル

ビーチサンダル

ビーチサンダルと聞くと、「海で使うもの」というイメージが強いです。

100均のサンダルと聞くと、「やけに軽くて、バリが付いていたりする」サンダルをイメージする方も多いのではないでしょうか。

しかし、近年のダイソーサンダルは、そんなイメージを覆すくらいとってもオシャレです。

特におススメなのがダイソーの「レザー風サンダル」

「ちょっとそこまでお出掛け」でも余裕で使える、シンプルで高見えするデザインです。

レザー風サンダルは、高そうな見た目に反して300円とかなりリーズナブルです。

高見えするレザー風サンダル

市販で同様のデザインサンダルは、1,000~2,000円で販売されています。

ダイソーでは高額商品に分類されますが、人気沸騰中で品切れも起きています。

私が行ったときにはホワイトが売り切れでした

狙っている方は早めにチェックしておきましょう

サイズは23~24.5cmの1サイズのみ。

色はブラウン、ブラック、ホワイトの3種類から選ぶことができます。

素材はポリウレタン、EVA樹脂、TPRとなっています。

履き心地は柔らかくはないけれど、固すぎない、ぺたんこサンダル特有の履き心地です。

長時間耐えられるかは人によりますが、近所で使う分には全く問題ないでしょう。

私が訪れた店舗では、

「レザー風ビーチサンダル」

「レザー風ビーチサンダルクロス」

「レザー風フラットアシメサンダル」

の3種類が展開されていました。

手持ちの洋服のイメージに合わせて、で足元の雰囲気をガラリと変えることができます。

300円とプチプラなので、1足買って履いてみて、気に入ったら買い足すのも良いです。

デメリットも

デメリットとして、切れ端が加工されていない点、ヒールがない点が挙げられます。

切りっぱなしは流行でもあるので気になりませんが、数年履き続けるのは難しいかもしれません

端がほつれてくると高見えしないので、1シーズンと割り切って使用するのがベストです。

300円だと買い替えになってもお財布に優しいのがうれしいです。

また、ヒールは付いていないので、スタイルアップして見せるのは難しいです。

私は背が低いので、フラットサンダルを履きこなす服選びには苦労しています。

それでもヒール付きに比べて、とても歩きやすいというメリットがあります。

用途によってサンダルを使い分け、満足のいく着こなしを楽しみましょう。

おなじみのビーチサンダルも

海で使うおなじみのビーチサンダルももちろんあります。

こちらはカラフルな柄が豊富で、気分が上がること間違いなしです。

海などアウトドアでの使用にピッタリです。

大人は男性用と女性用に分かれています。

男性用は26、27cm、女性用は23.5、24.5cmのサイズ展開です。(サンダルの種類によっては男性用27.5cmのサンダルもあります)

男性用はモノトーンが多く、女性用はモノトーンの他に花付きや柄物もあります。

子供用のサイズは15、17、19、21cmと細かく設定されています

15cmのサンダルにはかかとに補助ベルトが付いており、脱げにくい工夫がされています。

お値段も1足100円で、家族分そろえても値段を安く抑えることができます。

市販のビーチサンダルは1,000円前後します。

ダイソーで購入すると数百円のお得に、家族分購入すると、より大きな得になります。

お子様は成長が早いので、サイズアウトするのもあっという間です。

また、アウトドアでの使用は、傷ついたり、汚れたりする頻度が高いです。

低価格で気軽に買い替えできるのはうれしいです。

ハンディファン

ハンディファンもお得

去年も若者や学生に人気があった商品ですが、今年は羽なし扇風機が登場しました。

羽なし扇風機が500円で買えるとは、進化の早さに驚くばかりです。

羽なしは髪の毛が絡まったり、指を挟めたりする心配がなく安心です。

しかし、音は意外と大きいので、使用する際は周囲の環境を考慮しましょう

羽付きのファンも変わらず人気です。

去年まではかわいいキャラクターの付いたもの、カラフルなものが多くありました。

今年はシンプルでおしゃれなデザインが増え、大人も使いやすくなっています。

電池式だけでなく充電式もあるので、繰り返し使えて、経済的にも良いです。

通学、通勤、職場、在宅中など、使えるシーンは人それぞれです。

色柄ともに幅広い品ぞろえなので、機能や用途によって好きなものを選んでみてください。

市販品は1,000~2,000円するのに比べ、ダイソーは100~500円で購入できます

ハンディファンデビューの方は、お手軽なダイソー製品がおススメです。

水鉄砲

水鉄砲も種類が豊富

タンク式水鉄砲(500円)の見た目のインパクトがすごいです。

これは子供ウケ間違いなしです。

軽いものは持ち運びしやすく扱いが簡単ですが、水の補填回数が増えます。

大きなタンク式は水の補填には困りませんが、重くて動きにくいです。

それぞれメリット、デメリットがありますので、お子様の年齢や体格、好みに合わせて選びましょう。

小さいタイプの水鉄砲は容量50ミリリットルからで、飛距離は3m程度です。

一番大きいタンク式水鉄砲の容量は2,500ミリリットル、飛距離は約5mもあります。

材質はポリエチレン、ポリプロピレン、塩化ビニル樹脂、ABS樹脂です。

対象年齢は6歳からとなっています。

どれも飛距離があるので、屋外で距離を保って遊ぶのにピッタリです。

お風呂場で使用する程度なら、100円で1~3個入りの小さいサイズが管理しやすいです。

市販の水鉄砲は500円~1,000円程度しますので、ダイソーの100~500円は安いです。

花火

花火もあります

100円の花火は、「量が少ない」と敬遠していた方も多いのではないでしょうか。

現在は500円の花火まで種類が増えたので、人数に合わせた量の調整がしやすいです。

中には10種類がセットになった300円の花火などもあります

小さいサイズを複数買うよりも、大きなサイズ1つのほうが花火の種類が楽しめます。

最近は煙少なめ、写真がキレイに撮れるなど、新しいタイプの花火も登場しています。

少人数であれば、ダイソーのサイズでも十分楽しめます

市販の花火は500~1,000円程度するので、ダイソーの花火で数百円お得に楽しめます。

密を回避し楽しもう

今年の夏は、換気の良い場所で、密にならないように楽しみ方を工夫しなければなりません。

水鉄砲も花火も夏らしさを実感できますし、お子様のストレス発散にもつながります。

ダイソーグッズを活用して、お得に今年の夏を楽しんでみてください。(執筆者:山城 奈々)