家計における大きな出費といえるのが教育費ですが、なかなか削りづらいです。

今回は、教育費の助けになりそうな株主優待をご紹介いたします。

株価その他の情報は7/21終値時点でのYahoo!ファイナンスから引用しています。

(1) ドリルや辞典が選べる・ベネッセホールディングス

ベネッセ

「ベネッセホールディングス(9783)」は、乳幼児から大学受験生まで幅広い子供を対象に「こどもちゃれんじ」「進研ゼミ」などの通信教育を展開するほか、高齢者ホームや出版なども手がける企業です。

パパママ世代でも、学生時代に「進研ゼミ」を受講した経験のある方が多いのではないでしょうか。

「ベネッセホールディングス」では株主優待を実施しており、年2回、100株以上保有する株主に対し、自社グループ商品やサービスを選べる優待品カタログを進呈しています。

優待品カタログで選べる商品の中には、赤ちゃん向け絵本や小中学生向けドリル、英和辞典などがあり、子供たちの学習に役立ちそうです。

なお、優待品カタログで選べる商品には、前述の学習本以外にもお菓子やお茶などの食品や、ベネッセカード(クレジットカード)所有者向けに「進研ゼミ」などの受講費に充てられる「ベネッセカードポイント」などがあります。

◆ベネッセホールディングス(9783)

・ 株価 2,638円

・ 最低購入代金(100株) 26万3,800円

・ 権利日 3月末日・9月末日

・ 配当 50円

株主優待

100株以上 ベネッセコーポレーションを中心としたグループ会社の商品・サービスを優待品カタログから一品

例・ベネッセの通信販売商品、出版物、ベネッセ発行クレジットカードポイント、ベネッセハウス宿泊優待券、ベネッセこども基金への寄付等

(2) 図鑑や話題の本が選べる・学研ホールディングス

ホールディングス学研

「学研ホールディングス(9470)」は、数多くの学習参考書や児童書を手掛けており、学習塾「学研教室」なども全国展開する企業です。

特にこちらから出版されている図鑑や学習まんがなどは長年にわたって親しまれており、今なお多くの子供達が目にするコンテンツかと思います。

「学研ホールディングス」では株主優待を実施しており、年1回、保有株数に応じて自社商品セットを進呈しています。

100株保有の場合、2020年9月期では子供向け書籍として、絵本、図鑑(「動物」「恐竜」のいずれか)、単行本「なぜ僕らは働くのか」などがラインナップされていました。

選べる自社商品セットには上記のほかにも一般向けに健康関連の書籍や図書カード1,000円分などがありました。

また、400株以上保有する株主が選べる商品には、「5分後に意外な結末シリーズ」4冊セットと話題の本がラインナップされていました。

◆学研ホールディングス(9470)

・ 株価 1,313円

・ 最低購入代金(100株) 13万1,300円

・ 権利日  9月末日

・ 配当 22円

株主優待

(1)自社商品セット(A、B、C)または (2) 学研モールクーポン

100株以上 (1) A(2,000円相当)

400株以上 (1) A(2,000円相当)、(1)B(4,000円相当)、(2) 4,000円分 より1つ選択

1,200株以上 (1) A(2,000円相当)、(1)B(4,000円相当)、(2) 4,000円分 より2つ選択

または (1) C(8,000円相当)、(2) 8,000円分 より1つ選択

長期保有株主優待制度

1,200株以上 3年以上継続保有の株主には、さらに長期保有記念優待品を贈呈

(3) 地理好き、歴史好きにおすすめ・昭文社

昭文社

「昭文社ホールディングス(9475)」は「マップル」などの道路地図やガイドブック等、地図に関するメディア、ソリューション事業を行う企業です。

「昭文社」では株主優待を実施しており、年1回、100株以上保有する株主に対し自社グループの出版物を進呈しています。

2021年3月期は、地図系の商品およびガイドブック系の商品から各1冊、計2冊を選ぶことができました。

選べる商品である道路地図やガイドブックは地域を選べるので、ご自分の生活圏、もしくは興味のある場所の書籍を手に入れることができます。

以前は企業側が選んだ書籍が進呈されていましたが、2020年から株主側で書籍を選択できるようになりました

一口に地図といっても毎年様々な切り口による書籍が出版されており、地理好きのお子さんにはおすすめの優待品です。

また、選べる優待となった2020年3月期、2021年3月期とも地図を歴史に絡めた書籍がラインナップされていたので、歴史好きのお子さんにも興味深いのではと思います。

◆昭文社ホールディングス(9475)

・ 株価 493円

・ 最低購入代金(100株)4万9,300円

・ 権利日 3月末日

・ 配当 0円

株主優待

複数の自社グループ商品から選択

100株以上 地図系の商品から1点、トピックス・ガイド雑誌系から1点の合計2点

(4) 塾代が節約できるかも・早稲田アカデミー

早稲田アカデミー
≪画像元:早稲田アカデミー

「早稲田アカデミー(4718)」は、主に首都圏で中高大学受験向け進学塾「早稲田アカデミー」を運営する企業です。

「早稲田アカデミー」では株主優待を実施しており、100株以上保有する株主に対し、3月期はクオカード、9月期は株主優待券を進呈しています。

以前は「クオカード」優待を実施している企業として知られていましたが、2019年9月期より、自社で展開する学習塾の入塾金や授業料などの支払いに充てられる株主優待券が加わり、拡充されました。

通塾生がいる、もしくは通塾を検討しているご家庭に限られますが、配当+優待利回りを算出した場合8.7%(保有3年未満)と驚きの高利回りになります。

◆早稲田アカデミー(4718)

・ 株価 912円

・ 最低購入代金(100株) 9万1,200円

・ 権利日  3月末日・9月末日

・ 配当 20円

株主優待

株主優待券(自社グループで使用可能)<9月末日>

100株以上 継続保有3年未満:一律 5,000円相当 3年以上:一律 1万円相当

クオ・カード<3月末日>

100株以上 継続保有3年未満:一律 1,000円分 3年以上:一律 2,000円分

株価その他の情報は今後変更される可能性がありますので、投資をお考えの際はご自身でご確認の上、お願いいたします。(執筆者:取得優待は120以上 吉井 裕子)