新商品や新サービス開発に際して発表前に事前に一般利用者の声を聴く目的で実施される「座談会」と呼ばれる実地アンケート調査があります。

「知らない人と話すのは苦手」

「否定的な意見は言っちゃいけない?」

「商品を買わされそう」

などしらないがゆえに避けている方向けに、コロナ禍でも実際に参加して1時間で4,000円をいただいた私の体験レビューをご紹介いたします。

お小遣い稼ぎに最適な座談会

こんな人におすすめ!

・ 新商品、新サービスを早く体験したい

・ 商品開発に携わる機会に興味がある

・ 手っ取り早くお小遣い稼ぎがしたい

座談会とは

冒頭に記載した通り、お菓子や飲料、新サービスを開発する企業が実施する現場でのアンケート調査で、応募者から選出された不特定多数の参加者に対して実際に商品(サービスなど)を口にしたり使ったりして感じたことをその場で意見してもらう場です。

座談会と言いつつコロナ禍対策のため、1人1人離れた座席でパソコンを使ってアンケートに答えていく形態であれば声を発せずに済み、感染症対策も取られています。

参加者には謝礼として現金や商品券(クオカード等)が支払われます。

相場はバラつきがありますが私は1時間4,000円の会にも参加しました!

だいたいのケースで40分~60分、物によっては80,90分など長めの座談会もありますがその場合は謝礼も高額になるため時間が合えば応募してみる事をおすすめします。

ただし、会場までは実費での移動となる点はご了承ください。

仕事や習い事の帰り等に寄れる会場を狙うのも効率が良くておすすめです。

参加方法

「座談会 応募」などのキーワード検索をするとアンケート調査に特化したサイトが複数検出されます。

私は各サイトの口コミなども確認しつついくつか登録。

定期的にUPされる新しい座談会情報を見て、希望する物にエントリーしています

募集時は

「〇月〇日」

「〇〇エリアで」

「コーヒーをよく飲む人」

「オンラインで買い物をする人」

などの条件が羅列され、自分に合った物があれば応募します

クライアントの希望する客層と自分がマッチした時、選出された旨の連絡があるのですが「客層とマッチするか」が重要となるため、ご自身が良く利用するジャンルを狙って応募しましょう

応募時の注意点

クライアントも謝礼を用意し、多くの人員を使って調査をするので「うそのアンケート」を答えると問題になります

座談会に選ばれたいからと、マッチしそうな回答を偽造して応募するのは絶対に避けましょう。(発泡酒は飲まないのに「頻繁に飲む」と回答するなど)

座談会の流れ

指定された日時・会場に到着し、順に受付をします。

感染症対策で参加者も一定間隔で並び言葉を発する事はほとんどありませんでした。

時間になったら会場の指定された座席につき、1人1台用意されたPCに回答をタイピングしました。

そのためパソコンでの入力が苦手な人は大変かもしれません

指定された商品の感想を記載していくのですが、司会の方が指示を順にしてくれるので迷うことなく進める事ができ、全て終わった時点で帰宅できましたので私から話したのは受付時のみ。

他に言葉を発したのも受付と司会の方のみで、とても安心でした。

座談会に選出されやすいコツ

選出されやすいコツは4つです。

(1) 参加可能日時が多いこと

参加可能な日時にはなるべく「終日参加ok」と答えます

座談会は複数の日時で開催されますが、人数の偏りがないように調整したり主催側も工夫が必要です。

そんな時「いつでも出られます」といった応募者がいれば、「この日この時間しかダメです」といった人より選ばれやすい傾向があるようです。

ご自身のスケジュールをよく確認して、なるべく多くの候補を出せるようにしましょう

(2) 商品、サービスを良く使う人であること

例えば珈琲メーカーであれば味の違いが分かる人の意見が欲しいはず。

頻繁に飲食する(利用する)と答える人が選ばれる可能性は高いと考えられます。

私が参加した際は某商品を週1回以上利用する、といった回答時に選出されました。

(3) 応募しにくいサイトから応募すること

私のおすすめ方法ですが、応募が「しにくい」サイトから応募しましょう。

スマホだけでサイトに登録~応募までできてしまうサイトではなかなか選出されなかった私ですが、「トラスト・ワン」というサイトに登録した所すぐに選出されました。

トラスト・ワン
≪画像元:トラスト・ワン

このサイトは登録時に手書きの書面で申請 → 各座談会の応募はメールで、といった少し手間がかかるため他サイトより倍率が低い可能性があります。

アンケートサイトの特徴をよく読んで、こういった手間を惜しまない応募方法を狙うのはおすすめです。

(4) 募集が掛かったら速やかに応募する

募集案件によっては先着であったり、早めに良い条件の参加者の応募が出そろってしまう可能性もあります。

「後でやろう」ではなく、募集が掛かったらすぐに応募する事で目に留まりやすくなります

それだけで選出される可能性が少し上がるはずです。

座談会の注意点

注意点もあります。

(1) コツコツとエントリーする必要がある

「参加したい!」と思ってメールを送ったらすぐ選ばれる物ではなく、それなりに倍率が高いため抽選で選ばれるのを待つことになります。

「採用されたらラッキー」くらいの気持ちでコツコツ応募するのがおすすめです。

(2) 時間にシビアである

会場の使用時間が決まっているからか、指定された時間の10分前ほどにならないと受付もできず、遅刻もほぼ許されない事が多いようです。

早めに着いて待っている場所がなかったり、前の予定が押して遅れるなど時間にシビアな点はご注意ください。

当日キャンセルなどすると恐らくそれ以降の選考に響きますので、スケジュールに余裕をもって行動しましょう

効率の良いお小遣い稼ぎ

選ばれれば短い時間でしっかり収入を得る事ができる座談会ですがやみくもに応募しても当選率が低く、効率の悪い仕事になってしまいます。

コツをつかんで、効率の良いお小遣い稼ぎとしてご活用ください。

気になる商品を試せて、収入も得られる一石二鳥の素晴らしい副業です。(執筆者:遠藤 記央)