ポイ活は今では多くの人が行っています。

貯めたポイントをうまく活用し、家計の助けにしている人もいます。

活用できるポイントの種類は多数ありますが、その中には他社のポイントと交換して活用可能なものがあるのです。

今回は他社のポイントと交換でき、家族サービスまで受けることが可能な「りそな銀行」でのポイ活について、徹底解説していきます。

りそな銀行の「りそなクラブポイント」の仕組み

りそなクラブ
≪画像元:りそな銀行

りそな銀行を利用して、たまるポイントは「りそなクラブポイント」と呼ばれるものです。

貯めたポイントは、りそなクラブのパートナー企業である全23社のポイントと交換することができます。

全国展開されているセブンカードサービスの「nanaco」や「Tポイント」「LINE」「楽天」など、日常でも使える場面が多数あります。

キャッシュバックもしているので、ポイントをためておくことで現金のみの取り扱いにも活かせることができるのです。

ポイントのため方は、大きく分けて以下の2つになります。

いずれの方法でも、ポイントは取引のあった翌月20日に加算されます。

ため方1. りそな銀行を利用してためる

1つは、りそな銀行の口座を持ち利用することで、こつこつ毎月ポイントを貯めていく方法が、オーソドックスな方法です。

例えば、給与や年金の受け取りをりそな銀行にしておくと、月に10ポイント加算されます。

他にも積み立てや、貸金庫の利用、カードローン、投資などといった方法があります。

ため方2. りそなカードで決済してためる

りそなのデビットカードやクレジットカードを利用してお買い物をすると、1,000円ごとに5~7ポイント加算されます。

カードのグレードがゴールド → プラチナと上がっていくほど、付与される基礎ポイントは上がっていきます。

りそなクラブのステータス制度

りそなクラブでは、「スタンダード」「パール」「ルビー」「ダイヤモンド」の4種類のステータスがあります。

このステータスは、りそな銀行との取引内容に応じて決まります。

ステータスが高ければ高いほど、優遇される特典内容もアップしていきます。

りそな銀行「ふぁみりそな」の三大特典

ふぁみりそな
≪画像元:りそな銀行

りそな銀行のサービス「ふぁみりそな」は、家族でりそなクラブ会員に登録することで、お得にポイントを得ることができるサービスです。

登録できる家族の範囲は以下のとおりです。

1. 配偶者と子供

2. 両親または兄弟姉妹

この「ふぁみりそな」には、うれしい三大特典がついてきます。

【特典1】ステータスの共有

1つ目の特典は、家族登録者の中に「ルビー」以上の会員がいる場合、最も高いステータスを共有できることです。

面倒な手続きや申し込みといったものは不要で、自動適応されるところがうれしいポイントです。

【特典2】ポイント還元率が10%もアップ!

2つ目の特典は、家族登録者のそれぞれが毎月獲得合計ポイントを10%上乗せして受け取れることです。

ポイントは、りそな銀行利用またはカード決済利用で貯まったどちらのポイントでも対象となります。

【特典3】家族へポイント譲渡が可能

3つ目の特典は、家族間でたまったポイントを譲渡できることです。

1人1人ではなかなか貯まらなくても、家族でまとめることができるのでポイント活用の幅が広がります

「ふぁみりそな」の登録方法

お得な特典がある「ふぁみりそな」の登録は無料です。

家族サービスの登録には、基本の会員となる人(親会員)の申し込みと、招待を受ける人(子会員)の承諾が必要となります。

会員サイトでの申し込みは、親会員と子会員の届け出する住所が同一であること、かつ姓が同じであることが条件です。

該当しない場合は、本人確認書類と家族関係がわかる正式な証明書を持って、店頭での手続きが必要となります。

家族でお得な特典を受けよう

りそな銀行を利用すると毎月ポイントが貯まり、他社ポイントに交換が可能なため効率的にポイ活をすることができます。

家族で利用できる「ふぁみりそな」を利用すれば、さらにお得な特典が受けられるため、家族全員で協力してポイ活を行うことで絆も深められます。(執筆者:中田 すぐる)