さまざまな銀行や企業がポイント制を導入し、ポイントを家計の一部として活用する人も増えてきました。

その中の1つ「Vポイント」は、三井住友銀行や三井住友カードを利用すると貯まるポイントです。

Vポイントを貯めると、景品交換やネットショッピングなどで使うことができます。

ここでは、便利なVポイントを効率的に貯める方法を紹介します。

Vポイントの効率的な貯め方

Vポイントは、SMBCグループ(三井住友ファイナンシャルグループ)共通のポイントです。

SMBCグループは銀行業務を中心に、クレジットカード業務、リース業務、情報サービス業務、証券業務などの事業を展開しています。

SMBCグループの活用法は、日常生活から投資までさまざまです。

そして活用することで、Vポイントを貯めることができます。

Vポイントを貯めるためにはSMBCポイントパックの契約が必要となりますが、SMBCダイレクトからの切り替えで300ポイント付与され、さまざまな特典も受けることができます。

このVポイントを効率よく貯める方法は、以下の各種サービスとお買い物、各種取引になります。

Vポイント
≪画像元:三井住友カード

各種サービスで貯める

毎月ポイントを貯めることができるサービスは、以下の2つです。

三井住友銀行本支店ATMでの入出金1回につき → 10ポイント

SMBCダイレクトにログイン → 5ポイント

ATMでのポイント付与は、月に3回まで受けられるので毎月最大30ポイントも貯めることが可能なのです。

SMBCダイレクトは、アプリやwebで残高照会や振り込みなどの取引ができる便利な機能です。

日ごろから銀行を利用する人であれば、忘れることなく毎月5ポイントを獲得することができます

お買い物で貯める

お買い物でVポイントを貯めるには、SMBCデビットまたは三井住友クレジットカードを使う必要があります。

どちらの利用でも、お買い物利用額の0.5%が付与されます。

これは200円に1ポイント付与される計算です。

SMBCデビットでは、キャッシュバックとポイント付与を選択することができます

クレジットカード利用では、提携カードの一部はポイント付与対象外となるので注意が必要です。

逆にポイント特化型のプラチナプリファード等などでは、ポイントが1.0%付与となります。

お買い物での使用頻度に合わせて、お得なカードを選ぶことがおすすめです。

各種取引で貯める

この方法は、銀行を利用して貯める方法になります。

以下のような利用で、1万円につき15ポイントが付与されます。

・ 投資信託の購入・自動積立

・ 外貨預金の預け入れ・自動積立

投資信託の購入・外貨預金の預け入れでポイント付与を受けるには、店頭書面での手続きではなく、SMBCダイレクトでの手続きをする必要があります

店頭窓口の備え付けの端末でもポイント付与されるので、不明点があるときには店頭に赴き行員と操作することでポイントを獲得することができます。

外貨預金の預け入れは、円貨 → 外貨の取引のみが対象です。

貯めたVポイントの利用方法

Vポイントの活用法

貯めたVポイントの主な使い道は、3つです。

1つ目は、振込手数料の割引に充てることです。

SMBCダイレクト、三井住友銀行アプリでの振り込み時に、1ポイント1円換算で3割引・5割引・全額割引から選択し、利用できます。

2つ目は、他社ポイントに移行するまたは景品と交換することです。

ポイント交換の手続きはSMBCグループ共通のポイントサイトにて行うことができます。

3つ目はお買い物です。

三井住友カードが提供するスマホアプリ「Vポイント」で、ネットショッピングや店舗で利用できます。

効率よくためよう

SMBCファイナンシャルグループが提供する「Vポイント」は、各種サービス・お買い物・各種取引で貯めることができます。

貯めたポイントは1ポイント1円換算で使うことができ、またお買い物ができるのです。

Vポイントは効率よく貯めることができ、生活の中で循環するポイントなのです。(執筆者:中田 すぐる)