2021年夏、東京オリンピック・パラリンピックが開かれ、連日に渡り熱戦が繰り広げられました。

開催については賛否のあった東京オリンピックですが、スケートボードやスポーツクライミングなど一気にメジャー化したスポーツは記憶に新しいところです。

感染症予防のため、私たちの行動は大きく制限されている面もありますが、筋力低下を避けるためには密を避けて適度に体を動かすことも大切ですね。

今回は、スポーツ、フィットネスに関係する株主優待をご紹介いたします。

株価その他の情報は8/30終値時点でのYahoo!ファイナンスから引用しています。

スポーツ関連の株主優待5銘柄

1. ヒマラヤ(7514)

ヒマラヤ(7514)」は、中部地方を中心に、関東地方から九州・沖縄地方まで店舗を展開するスポーツ用品の小売チェーンです。

「ヒマラヤ」では株主優待を実施しており、年2回、100株以上保有する株主に対し、保有株数に応じて自社店舗で利用できる1,000円割引券を進呈しています。

スポーツ用品は高価なものも少なくない中、こういった割引券があるとうれしいですね。

ヒマラヤ(7514)

・ 株価:1,253円

・ 最低購入代金(100株):12万5,300円

・ 権利日:2月末日・8月末日

・ 配当:25円

・ 株主優待:自社店舗使用の1,000円値引券

・ 100株以上:1枚

・ 500株以上:3枚

・ 2,000株以上:6枚

・ 5,000株以上:15枚

・ 1万株以上:30枚

2. アルペン(3028)

アルペン(3028)」は、「スポーツデポ」「ゴルフ5」「アルペン」といったスポーツ用品チェーンを全国展開する企業です。

テレビCMの印象からウィンタースポーツに特化しているのかと思いきや、ゴルフや一般スポーツ用品の売上の方が大きいようです。

「アルペン」では株主優待を実施しており、年2回、100株以上保有する株主に対し、保有株数に応じて自社店舗および施設で利用できる優待券を進呈しています。

利用できる施設として、ゴルフ場、スキー場、フィットネスクラブなどがありますが、なかでも女性専用・30分程度のサーキットトレーニングジム「アルペンクイックフィットネス」でも株主優待を使えるとのことです。

最近ショッピングセンターでも目にすることの多い女性向けのフィットネス施設、近隣にお住まいの方は要チェックかもしれません。

アルペン(3028)

・ 株価:3,460円

・ 最低購入代金(100株):34万6,000円

・ 権利日:6月末日・12月末日

・ 配当:50円

・ 株主優待:優待券

・ 100株以上:2,000円相当

・ 500株以上:5,000円相当

・ 1,000株以上:7,500円相当

優待券の利用可能な店舗および施設

(1) 全店舗(アルペン、アルペンアウトドアーズ、アルペンマウンテンズ、ゴルフ5、ゴルフ5プレステージ、スポーツデポ、ティゴラバイスポーツデポ)

(2) フィットネスクラブ全店舗(アルペンフィットネスクラブ、アルペンクイックフィットネス)

(3) スキー場(ウイングヒルズ白鳥リゾート)

(4) ゴルフ場(ゴルフ5カントリーみずなみコース、ゴルフ5カントリー美唄コース、ゴルフ5カントリー四日市コース、ゴルフ5カントリーオークビレッヂ、ゴルフ5カントリーかさまフォレスト、ゴルフ5カントリーサニーフィールド)

(5) ゴルフ練習場(ゴルフ5大曲ゴルフセンター)

3. 東祥(8920)

東祥(8920)」はスポーツジム「ホリデイスポーツクラブ」を中京圏を中心に全国展開する企業です。

「東祥」では株主優待を実施しており、年1回、100株以上保有する株主に対し、保有株数に応じて自社店舗で利用できる優待券を進呈しています。

1枚につき「ホリデイスポーツクラブ」施設利用料が1名1日無料、もしくは「ホリデイスポーツクラブ」入会金無料など、いずれかの特典と交換できます。

また、スポーツジムを利用しない場合は株主優待券とクオカードを交換できるので、身体を動かす時間が取れない株主にも配慮されています。

東祥(8920)

・ 株価:1,670円

・ 最低購入代金(100株):16万7,000円

・ 権利日:3月末日

・ 配当:4円

・ 株主優待:株主優待券

・ 100株以上:4枚

・ 1,000株以上:8枚

株主優待券で利用できる内容

【ホリデイスポーツクラブ 優待券1枚】

(1) 入会金無料(1名)3,300円相当

(2) 施設利用無料(1回1名)2,750円相当

【ホリデイゴルフガーデン 優待券1枚 100球無料】

【施設を利用せず、株主優待券を交換する場合】

(1) クオ・カード(2,000円券に限る)

優待券4枚 → クオ・カード2,000円券 1枚

優待券8枚 → クオ・カード2,000円券 2枚

(2) 社会貢献活動への寄付

優待券4枚 → 2,000円

優待券8枚 → 4,000円

※寄付対象の活動団体については、その年ごとに決定します。

スポーツクラブの株主優待券でゴルフを楽しむ

4. セントラルスポーツ(4801)

セントラルスポーツ(4801)」はフィットネスクラブ「セントラルスポーツ」を全国展開する企業です。

「セントラルスポーツ」では株主優待を実施しており、年2回、100株以上保有する株主に対し、保有株数に応じて自社施設で利用できる優待券を進呈しています。

優待券1枚につき、施設入館1回無料、入会時登録手数料無料、ショップでの商品購入時の割引など、いずれかのサービスを選ぶことができます(優待券が利用できる施設の制限あり)。

また、自社施設の会員となっている300株以上の株主には、株主優待券が追加されるので普段利用している株主にとってはうれしいですね。

セントラルスポーツ(4801)

・ 株価:2,438円

・ 最低購入代金(100株):24万3,800円

・ 権利日:3月末日・9月末日

・ 配当:24円

・ 株主優待:優待券

・ 100株以上:3枚

・ 200株以上:6枚

株主優待券で利用できる内容

全国の店舗(一部指導業務受託店舗除く) で、以下の優待内容をそれぞれ1枚ずつで利用可

(1) 施設入館1回無料(同時来館に限り2名様まで可)

(2) 入会時登録手数料無料

(3) 10万円(税抜)までのショップ定価販売商品を20%割引、または同合計額のバーゲン品及び催事品を表示価格より10%割引

(4) 子供向け短期教室の受講料を50%割引

(5) お子様向け野外ツアー(サマーキャンプ・スノーキャンプ)割引。一般価格、会員価格から5%割引

会員株主特典

権利確定日時点で、各店舗の個人会員として在籍している株主は、以下の優待内容をそれぞれ1枚ずつで利用可。

300株以上保有の会員株主には優待券10枚送付

(1) 対象パーソナルプログラム20%割引

(2) スイムプライベートレッスン無料体験(1回限り)

(3) タオルフリーパスカードとの引換(レンタルタオルのセットをカード有効期間内に無料でレンタルできる。カードの有効期限は1か月。優待券とカードの引換は1回限り)

(4) 健康関連商品との引換(1回限り)

5. ルネサンス(2378)

ルネサンス(2378)」はフィットネスクラブ「スポーツクラブルネサンス」を全国展開する企業です。

「ルネサンス」では株主優待を実施しており、年2回、100株以上保有する株主に対し、保有株数に応じて自社施設で利用できる優待券を進呈しています。

優待券1枚につき、施設入館1回無料、入会時登録手数料無料、ショップでの商品購入時の割引など、いずれかのサービスを選ぶことができます。

さらに、2020年には公式オンラインショップでの商品割引や株主専用オリジナルレッスン動画チャンネル受け放題など、コロナ禍の影響を踏まえた優待も追加されています。

ルネサンス(2378)

・ 株価:1,197円

・ 最低購入代金(100株):11万9,700円

・ 権利日:3月末日・9月末日

・ 配当:6円

・ 株主優待:株主優待券

・ 100株以上:2枚

以降100株ごとに2枚

・ 500株以上:一律10枚

株主優待券で利用できる内容

(1) 優待券1枚につき1名様(15歳以上)が1日無料にてルネサンス施設を利用可能

(2) 施設内ショップ商品(販売単価税別1,000円以上)20%割引(一部商品除く)

(3) 施設入会時の入会金無料

(4) 優待券1枚につき1名様1回限り、45分以上のフィットネスパーソナルトレーニングまたはスイミングパーソナルレッスン20%割引で受講可

(5) 公式オンラインショップにて商品を20%割引で購入可(有効期間何回でも利用可)

(6) 株主専用オリジナルレッスン動画チャンネル受け放題(有効期間何回でも利用可)

フィットネスクラブの株主優待でお得に運動

特にスポーツジム関連はコロナ禍の影響により厳しい業績となり株価も低迷していますが、アフターコロナを見据えて回復基調となるのでしょうか。

温浴施設が充実したスポーツジムも多く、運動以外のリフレッシュ目的でも利用できるため、感染症に気をつけながら優待券を使って楽しむのも良いですね。

株価その他の情報は今後変更される可能性がありますので、投資をお考えの際はご自身でご確認の上、お願いいたします。(執筆者:取得優待は120以上 吉井 裕子)