2年連続、コロナ禍で自粛続きの夏を過ごして「早く遊びに行きたい!」という気持ちの方も多いのではないでしょうか。

来年にはコロナも落ち着いているはず、と思いたいですね。

株主優待には、人気のクオカードやカタログギフトのほかにも、旅行やレジャーで楽しめる優待がたくさんあります。

優待を使うために押さえておきたいポイントは以下です。

権利付最終日に優待獲得できる株数を保有していること

・ 優待が届くのは、権利付最終日から約3か月後

今から購入しても、9月末が権利の優待でも12月、3月末が権利日の優待は、手に入るのは6月末頃です。

実際に使えるのはちょっと先になりますが、アフターコロナのレジャーを考えてワクワクできる優待銘柄をご紹介します。

※株価は、2021年9月3日終値時点のものをYahoo!ファイナンスから引用しています。

コロナ後のレジャーに期待の株主優待銘柄7つ

1. 常磐興産(9675)1,444円

3月末・9月末時点で、100株

・「スパリゾートハワイアンズ」無料入場券3枚 × 年2回のほか

・「ホテルハワイアンズ」・「ウイルポート」・「モノリスタワー」共通宿泊割引券

・「スパリゾートハワイアンズ」・「スパリゾートハワイアンズ・ゴルフコース」共通飲食割引券

・「スパリゾートハワイアンズ・ゴルフコース」施設利用割引券

の優待があります。

宿泊者には首都圏からの無料バスも使える人気のレジャー施設です。

優待券の有効期限は1年間なので、2回分の優待を合わせて1度に6名で利用することも可能です。

スパリゾートハワイアンズの入場料は、おとな1人3,570円です(税込)。

6名では2万1,420円です。

入場料だけでも優待利回りは14.8%と高いのもうれしいポイントです。

2. 東京都競馬(9672)4,145円

12月末の株主に、3月末頃

(1) 大井競馬場 株主優待証

(2) 大井競馬場 株主優待席証

(3) 東京サマーランド 株主招待券(4月~9月末まで)

(4) 東京サマーランド春季ファミリー招待券(4月~6月末まで)

が送付されます。

100株保有なら、(1) × 1枚、(3)(4)が各4枚もらえます。

(1)は1枚100円相当とお得感はないのですが、(3)は繁忙期なら大人1人5,200円、4人で行けば2万800円です。

(4)は大人1人2,600円、4人で行けば1万400円です。

(3)(4)をすべて使えば優待利回りは7.5%とかなり高くなります。

競馬場入場券の株主優待

3. サンリオ(8136)2,365円

9月・3月末の株主に、

・ サンリオピューロランド、ハーモニーランド共通優待券と

・ サンリオショップなどで使える店舗優待券(1,000円券)

が送付されます。

100株保有なら、優待券が3枚 × 年2回、店舗優待券が1枚 × 2回です。

優待券は直接入場できるのでパスポートと同様の取り扱いです。

有効期限が1年なので、2回分の優待を合わせて6名で1度に行くことも可能です。

サンリオピューロランドのパスポートは大人ひとり3,900円(休日)なので、6名で2万3,400円です。

さらに店舗優待券の1,000円 × 2をあわせると、優待利回りは10.7%になります。

5. 京阪ホールディングス(9045)3,140円

9月・3月末の株主に、ひらかたパークご招待券2名分 (ひらかたパーク入園券2枚※ザ・ブーンまたはウインターカーニバル入場券付、ご招待用乗車券4枚)などが年2回送付されます。

ひらかたパークに限れば、年間で入園券 + ザ・ブーン(プール)利用は 大人1人2,500円ですから、4枚で1万円分です。

それに往復の交通費(京阪利用分)もついているのはうれしいですね。

優待をもらうためには200株以上と投資金額がちょっと高くなるため、優待利回りはひらかたパーク関連だけでは1.6%と低めです。

しかし、このほか無料乗車券や関連施設の割引券などもあり、使い切るのが大変な量の優待になりそうです。

6. 本田技研工業(7267)3,381円

2021年は3月末時点で100株以上保有の株主に、「ツインリンクもてぎ」、「鈴鹿サーキット」のいずれかで使える優待券が送付されています。

いずれも1回限り、5名入場 + 駐車料金1台分が無料になります。

鈴鹿サーキットであれば、大人1人2,000円、駐車料金1,000円なので1万1,000円分です。

優待利回りは3.2%です。

このほか、のりもの券なども優待価格で購入できるお得な株主優待です。

ほかにも、6月末の株主には株主限定の視察会やレースへの招待やファン感謝イベントへの招待もあり、自動車関連が好きな方にはうれしい優待です。

ツインリンクもてぎ
≪画像元:モビリティランド

7. 飯田グループホールディングス(3291) 2,778円

3月末時点で100株以上保有の株主に、「江の島アイランドスパ」温泉・プールエリア利用券が4枚送付されます。

江ノ島アイランドスパの温泉・プール利用は大人1人3,000円です。

4名で1万2,000円となり、優待利回りは4.3%です。

東京都内からもアクセス便利な江ノ島にあり、海と富士山を見渡せるプールが有名なスパです。

鎌倉など湘南観光のついでに立ち寄るのもよさそうですね。

コロナ後のレジャーに期待

まだまだ先が見えないコロナ禍ですが、各企業とも情勢にあわせて優待券の利用期限を延長するなどの措置を取っています。

来年にはレジャーが楽しめる世の中に戻っていると信じて、今から投資とレジャーの計画を楽しんでみませんか。(執筆者:亀井 香奈)