マクドナルドでお得に注文するには、クーポンの利用が必須。

クーポンというと『公式アプリクーポン』が定番ですが、「KODOクーポン」も見逃せません。

そこで今回は、マクドナルドの「KODOクーポン」にお得度やルール・注意点を解説します。

アンケートに答えるだけでもらえるクーポン

「KODOクーポン」はアンケートでもらえる特典

アンケートでもらえる特典なのです
≪画像元:マクドナルド

KODOクーポンは、マクドナルドのお客様アンケートの特典としてもらえるものです。

マクドナルド利用者ならだれでも参加でき、回答すれば確実にクーポンが配布されます

アンケートはわずか2分。

どの質問も簡単に答えらえるので、手慣れてくると1分程度で済ませられます。

アンケートは、早ければ回答後すぐに届くので、即日で利用できることもあります

筆者はKODOのリピーターですが、だいたいその日のうちにクーポンが届いています。

KODOクーポンの獲得方法

クーポンの獲得方法
≪画像元:マクドナルド

KODOクーポンを入手する手順は、たったの2ステップです。

(1) マクドナルド公式アプリ内の「KODO」をタップ

(2) 利用店舗を選択 → アンケート開始をタップ後、アンケートに答える

アンケートは全部で20個程度。

利用した時間帯、利用形態・サービス、満足度、意見や感想(任意)など簡単なものばかりです。

アンケート数は多めですが、選択式で選べるのスピーディーに進められます。

KODOクーポンの特典

簡単なアンケートに答えるだけで、最大150円お得になります

KODOクーポンで無料引換できるのは、次の4つです。

・ ドリンクS(単品価格100円)

・ ポテトS(単品価格150円)

・ ソフトツイスト(単品価格100円)

・ ホットアップルパイ(単品価格100円)※マックデリバリーのみ

上記のメニューから、好きなもの1つと無料で引き換えできます。

店内での注文だけでなく、ドライブスルー、モバイルオーダー、マックデリバリーでも利用可能

マックデリバリーのみ、KODOの特典が「ホットアップルパイ」となります。

1番お得なのは、単品価格が高いポテトSです。

マクドナルドの公式アプリクーポンにポテトの割引がないときは、KODOクーポンを使うと節約できます

KODOクーポンの注意点

注意点は4つです。

(1) 同じ店舗のアンケートは月1回まで

同一店舗は月1回までと制限があります。

ただし、利用する店舗数に制限はないので、自宅付近や行きつけの店舗があれば複数枚KODOクーポンを獲得可能です。

(2) 1日にアンケートできるのは1回のみ

複数店舗の回答はできますが、1日1回までと上限があります。

2店舗以上アンケートに回答したい場合は、日にちをわけて利用しましょう。

(3) クーポンは翌日に届く場合もある

筆者はその日のうちに届くことが多いですが、クーポンは翌日まで届くことが前提です。

そのため、アンケート回答後すぐにもらえないこともあります。

前日のうちにアンケートに回答しておくと、翌日に利用できるのでおすすめです。

(4) KODOクーポンには有効期限は2週間

KODOクーポンは、回答日の翌日~2週間の有効期限があります

期限内に利用しないと失効するため、使い忘れには注意してください。

KODOクーポン+アプリクーポンでよりお得に

KODOクーポンはアンケートさえ回答すればもらえるので、利用しなきゃ損なサービスです。

アプリクーポンが乏しい時や使いたいクーポンがない時は、とくに便利です。

すき間時間にアンケート回答できるので、ぜひマクドナルドの節約に活用してみてください。(執筆者:全方位型節約主婦 三木 千奈)