おうち時間が増えた今、子どもとお菓子作りを楽しむ家庭が増えていると言います。

とはいえ、子どもとの料理は大人1人で作るより数倍手間がかかるものですし、お菓子作りだと普段使わない食材も買わなければならないので意外とお金もかかり、親の負担は少なくありません。

しかし、業務スーパーの食材なら、すでにある程度加工が済んでいるので手間なく作れますし、専門的な食材も安く購入できます。

今回は、解凍して焼くだけでお店のようなもちもちクレープが楽しめる業務スーパーの冷凍クレープについてご紹介します。

トッピングして巻くだけで楽しくクレープが作れるので、小さいお子さんがいるご家庭は必見です。

※なお、文中の価格は全て税込です。店舗により品ぞろえが異なる場合があります。

業スの冷凍クレープ

1枚41円!業スの冷凍「もっちりクレープ」

冷凍のもっちりクレープ

業務スーパーのもっちりクレープは10枚入り410円、もうすでに焼きあがっているものが冷凍されているため、解凍後軽くフライパンで焼くだけでお店級のもちもちクレープが出来上がります。

解凍は袋ごと自然解凍が推奨されているようですが、カチカチの状態でナイフなどを差し込めば1枚ずつばらして解凍することも可能です。

クレープ発祥国のフランスと同様、頻繁にクレープが食べられているオランダから直輸入しているだけあります。

その味は本格的で、よく見るテイクアウトのクレープよりも厚くカフェなどでお皿に盛り付けて出されるような生地だけでおいしく食べられるクレープです。

ライ麦入りと書かれていますがライ麦独特の酸味などは感じられません

ただ「小麦粉のおいしさ」がより強まっているような感じなので子どもでも喜んで食べてくれました。

業スの冷凍クレープを子どもと楽しむ

ホットプレートでつくってみよう

作り方では「フライパンで焼く」となっているもっちりクレープですが、子どもと楽しく作るならホットプレートもおすすめです。

いろんなフルーツやクリーム、チョコレートソースなどのトッピングを用意しておき、解凍したクレープをホットプレートに載せていきます。

1枚1分ほどで焼けるので、あとは各自の皿で思い思いのトッピングをさせてあげましょう。

包み紙として切ったクッキングシートを準備しておくと手を汚さずに食べることができますが、チョコやクリームでべたべたにしながら食べるのもおうちならではで楽しいかもしれません。

なお、もっちりクレープの生地には甘味は全くついていないため、チーズやツナマヨなどおかず系のトッピングも非常に合います

ソーセージや卵を隙間で焼いたり、クレープを焼きながらチーズをのせて溶かしたりできるのもホットプレートの強みです。

業スならトッピングも安い

トッピングも安い業ス

業務スーパーにはクレープ作りの際に便利なトッピングも安く取りそろえられています。

クレープに欠かせないホイップクリームは250g 376円と他店の泡立て済みホイップクリームと大きな値段の違いはありませんが、スプレータイプで日持ちするので、余っても無駄なく使えるのがうれしいところです。

チョコレートソースは他店の200g 268円のところ、240g 214円で業務スーパーの物の方が量も多い上に値段も安くて大変お得です。

量が多いといってもサイズ感としては非常にコンパクトで冷蔵庫の場所もとりません。

生のフルーツは取り扱っていない店舗もある業務スーパーですが、缶詰や冷凍フルーツを使えば安くて日持ちもするので、いろいろな種類のフルーツを無駄なく楽しめます。

冷凍のミニ大福やリッチチーズケーキを始めとする冷凍ケーキも変わり種トッピングとしておすすめです。

ピザ用チーズや加工肉なども他店と比べて2~3割安いので、おかずクレープの準備もばっちりです。

上記のように、クレープとトッピングを業務スーパーでそろえると、もちもち生地のバナナチョコクレープをたった70円で作ることができました。

サイズはお店より少し小さめですが、味はお店レベルにおいしくて子どもも大喜びです。

お店で買うと400~500円はするクレープ、業務スーパーの食材をフル活用して「半分手作り」することで、楽しくお得なおうち時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。(執筆者:3人の子を育てる主婦ライター 岩崎 はるか)