d払いはポイントが2重どりどころか、やり方次第で3重どりまでできるお得な決済方法です。

しかしながら、多重どりを完成させ最大限のポイントを得るためには、支払い方法や利用店舗をきちんと意識し把握しておかないと難しいです。

そこで今回は、ビギナーの方にもわかりやすいように3重どりできる使い方をまとめてみました。

d払いの実力教えます

3重どりするための3つの準備

利用する前に次のことを行ってください。

(1) 公式サイトより、d払いのアプリをインストールする

(2) dカードを用意する

(3) d払いの支払いをdカードに設定する

dカードには、

・ 年会費無料のdカード

・ 税込1万1,000円かかるdカード GOLD

があります。dカード GOLDは費用がかかりますが、ドコモの携帯料金やドコモ光の利用代金が10%還元されるという大きな特典があります。

さらに今なら、11月30日までに「dカード GOLD Web入会限定 入会特典増額キャンペーン」を利用して申し込めば、最大2万ポイントがもらえますから、初年度の年会費がクリアできます。

入会したら2万ptがもらえちゃう
≪画像元:dカード

3重どりするためのd払いの使いかた

d払いのアプリさえダウンロードしておけば方法は簡単、dポイントの加盟店でdポイントカードを提示し、d払いするだけです。

・ d払いのポイント 基本還元率0.5%

・ dポイントカードのポイント 0.5%や1%など店舗によって異なる

・ dカードへのポイント 1%

が付与されます。

dポイントカードは、d払いのアプリからを表示することができるのでわざわざポイントカードを持つ必要はありません。

またdポイントカードは、ドコモ回線を持っていない方でもdアカウントを発行することで、どなたでも無料で入会できます。

どれだけお得になるのか

dポイントカードを提示することで得られるポイントは、お店によってかわります。

たとえばファミリーマートは0.5%ですから、週に4回1回500円程度利用すると、現金だけで支払っていると1年間の総支払額は10万円近くになります。

ですが、dポイントカードを提示して、dカード設定をしてd払いをすることでおよそ2,000円分のポイントがもらえることになります。

マツモトキヨシになるともっとお得、dポイントカードの加盟店ポイント付与率は1%です。

月1万円程度食品や日用品をマツキヨで買うと、年間約3,000ポイントが獲得できます。

注意!dポイントカードの使える店舗と還元率

ここで注意しておきたいのが、d払いが使える店舗のすべてがdポイントカードの加盟店ではないということです。

また還元率も、お店によってかわります。ポイント3重どりできる利用しやすい店舗をまとめてみました。


ジャンル 店名 還元率
コンビニ ファミリーマート
ローソン
ローソンストア100
0.5%
コンビニ スリーエイト
ポプラ
くらしハウス
生活彩家
1%
ドラックストア 大賀薬局
クスリ岩崎チェーン
ココカラファイン
サンキュードラッグ
0.5%
ドラックストア スリーエイト
ポプラ
くらしハウス
生活彩家
1%
スーパーマーケット
ディスカウントストア
メッサオークワ
サニーTSUBAKI
ザ・ロウズ
ピュアークック
ヒラマツ
プライスカット
0.5%
スーパーマーケット
ディスカウントストア
スリーエイト
ポプラ
くらしハウス
生活彩家
1%
ファーストフード すき家 0.5%
ファーストフード 丸亀製麺
ミスタードーナツ
モスバーガー
1%

参照:dポイントクラブ公式サイト

来年3月までは「d払いステップボーナス」でパワーアップ

≪画像元:NTT DOCOMO, INC.

d払いのポイント還元率は、基本0.5%です。

しかし2022年3月までは、前月の使用頻度により1回でも利用すれば0.2%アップし、最大1.5%まで上昇する「d払いステップボーナス」が適用されます。

さらに前月末時点で「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」「ギガホ プレミア:2年定期」「5Gギガホ」「ギガホ2」「ギガホ2:2年定期」プランに契約している方は0.5%が加算され、最大4%まで狙うことも可能です。

日常生活でお得に活用

ポイントは支払った金額に対しておくられるものなので、投資のように軍資金は必要ありません。

一気に大量というわけにはいかないかもしれませんが、誰でも日常に取りいれやすい節約方法です。

またd払いは、新規ユーザーに向けて、12月末まで上限1,000ポイントに50%還元するキャンペーンも行っています。

≪画像元:NTT DOCOMO, INC.

利用店舗に注意して、d払いをお得に活用しましょう。(執筆者:吉田 りょう)