実質年会費無料、2.0%還元で人気の「Visa LINE Payクレジットカード」に「カードレスタイプ」が登場しました。

これを記念して、最大6,000円相当のLINEポイントがもらえる入会キャンペーンを実施中です。

通常のカードタイプの申込みでも対象となります。

キャンペーン内容と、カードレスの特徴についてご案内します。

カードレスLINEクレカ誕生

カードレスのクレジットカードが増えている

デジタルカード、あるいはバーチャルカードといわれる、カード現物のないクレジットカードが増えてきました。

代表例です。

・ セゾンカードDigital(プラスチックカードも付属)

・ エポスバーチャルカード(通常のカードのオプション)

・ 三井住友カード(CL)

・ Kyash(プリペイドカード。クレジットカードとリンクして使う)

「三井住友カード(CL)」は、カードレスLINEクレカと同時、2021年10月4日に登場したばかりです。

カードレスLINEクレカも、三井住友カード発行です。

カードレスのメリット

カードレスなら、カード現物の受取りが要らず即時発行できるメリットがあります。

また、物理的に紛失することもありません

形を持たないため、実店舗でのカード決済はできませんが、iDやQUICPayなど電子マネーを活用できるので、結局カードで支払えます。

ネットショッピングでは、通常のカードと同様、何の支障もありません。

カードレスLINEクレカと三井住友カード(CL)について言うと、Apple Payで「id」「タッチ決済」が利用可能ですが、Google Payに非対応です。

Androidユーザーには使い勝手が悪くなります。

ただし公式サイトには記載がありませんが、PayPayやd払い等のQRコード決済にセットして支払うことができます

LINEクレカの入会キャンペーンに参加しよう

LINEクレカこと、VISA LINE Payクレジットカードは、2.0%という業界屈指の高還元率カードです(ただし2022年4月30日まで。以降未定)。

このカードの、2種類に分かれた入会キャンペーンの概要を見ていきます。

カードレスLINEクレカ
≪画像元:LINE Pay

特設サイトから申し込むこと

申込みは、LINEアプリ内のお知らせや、キャンペーン特設サイトからしましょう。

次のサイトからの申込みでは、「4,000ポイント」もらえるキャンペーンが対象になりません

・ LINE Pay公式サイト

・ 三井住友カード公式の「Visa LINE Payクレジットカード」ページ

・ その他広告

カードレスでなく、従来のカードタイプを選んでもキャンペーンは同一です。

申込みと登録、利用の期間に注意

3種類の締め切りがあります。

早めに手続きしましょう。

・ カード申込み → 2021年11月30日まで

・ LINE Payへの登録 → 2021年12月31日まで

・ 2,000ポイントもらえるキャンペーンのためのカード利用期間 → 入会月の2か月後(末日)まで

LINE Payに登録して4 000ポイント

キャンペーン要件のひとつが、取得したカードをLINE Payに登録することです。

これで4,000ポイント確定です。

2022年2月11日(予定)までにもらえます。

リボ払いの怖い人は、ここでやめておきましょう

次の2,000ポイントのキャンペーンは参加しなくても構いません。

マイ・ペイすリボの登録と7万円のカード利用で2,000ポイント

キャンペーンを知らず公式サイトから申し込んでしまった人も、こちらのキャンペーンは対象となります。

期間中に7万円使わなければならないので、早めに対処しましょう

要件は次の通りです。

・ 「マイ・ペイすリボ」に登録し、月々の支払額を「3万円」以下に設定する

・ 2022年4月15日まで、上記の設定を維持する

・ 期間(入会月の2か月後末日)内に7万円カード決済する

月々の支払額設定と、利用額との関係で、必ずリボ払いが発生します

このキャンペーンにチャレンジする人は、次もご確認ください。

リボ回避について

「マイ・ペイすリボ」は三井住友カード共通の、リボ払いです。

リボの手数料が「支払日」から発生するマイ・ペイすリボの場合、手数料を回避して実質1回払いにすることが可能です。

支払日に、支払額をご自身で「増額」設定し、リボ残高を残さないようにすればいいのです。

間違えて月々の支払額設定自体を増額してしまうと、キャンペーン無効になりますから特に気を付けましょう。

なお、増額が間に合わず実際にリボ手数料が発生してしまっても、ATMで随時返済できます。

カードレスにチャレンジ

カードレスLINEクレカの入会キャンペーンについて見てきました。

このカードで「6,000円相当」の報酬はなかなかないものです。この機会にぜひどうぞ。

カードを持つ負担の少ない、カードレスにチャレンジしてみるのもいいでしょう。(執筆者:沼島 まさし)