PayPayの各種大型キャンペーンは、キャッシュレス派なら参加しているのではないでしょうか。

特定の自治体内の商店での「20~30%還元」のキャンペーンは特に大きなものです。

ですがPayPayだけではありません。

d払いでも同種のキャンペーンを実施中です。

こちらも大阪府八尾市をはじめ全国で展開していますが、マネ達読者の多い東京の目黒区で、30%還元の大型キャンペーンが行われているのは気になりませんか。

キャンペーンの攻略方法を考えてみます。

東京都目黒区でd払い

目黒区・30%還元キャンペーンの概要

めぐろキャッシュレス決済ポイント還元事業」というのがキャンペーンの名称です。

キャンペーンの中身を見てみます。

期間は11月15日まで ただし第2弾にも期待

キャンペーン期間は次のとおり。

第1弾:2021年10月15日~11月15日

第2弾:2021年12月1日~2022年1月14日

重複して参加できます。

どちらの期間も、予算上限達成の場合(またはコロナ拡大の場合)は期間中でも終了する可能性があります

還元額

購入額の30%が「期間限定dポイント」で還元されますが、次の通り上限が設けられています。

・ 1回500ポイント

・ 期間中、1万ポイント

30%還元となる1回の購入の最大額は、1,666円ということになります。

期間中、この最大効率の買い物が20回できると考えられます

ドラッグストアなどでは、買い物を分ける、あるいはハシゴするといいでしょう。

ポイントがもらえる時期は、「利用日」の翌月末頃です。

対象店舗

目黒区内のd払い加盟店、大部分が参加します。

「東急ストア」「オオゼキ」「文化堂」などのスーパーや、大手ドラッグストア、コンビニ、多くの外食チェーンも対象です。

店頭にポスターの掲示されているお店が対象とアナウンスされていますが、実際に街を歩いてみた限りでは、ポスターの提示されていない加盟店が多くあります

d払いアプリで対象店舗を探すと、これらの店舗も還元の対象となっています。

支払方法

d払いで支払えばOKです。

PayPayのキャンペーンに「残高払い」という縛りがあるのと比べ、次のどの支払でもOKなのは助かります。

・ セットしたクレジットカード

・ d払い残高

・ 電話料金合算

「d払い(iD)」や「dポイント払い」は対象外です。

対象外になる買い物がある

金券、公共料金、収納代行等はd払いで購入しても対象となりません

それから要項には明確に掛かれていませんが、「雑誌書籍類」「一部医薬品」「一部化粧品」「処方せん」「調剤専売品」が加盟店により除外です。

ドラッグストア等では確認してから購入しましょう。

アプリに還元額の表示は出ない

PayPayのキャンペーンの場合、決済後ただちにアプリに還元額が表示され、非常に便利です。

還元額が本来より少ない場合、すでに上限に達したということも把握できます。

d払いの場合、キャンペーンとしての還元額はアプリに表示されません

「例外的に対象店舗でなかった」というケースでも手の打ちようがないわけで、この点は改良が望まれます。

ギリギリここは目黒区

d払い加盟店のある目黒区の街

城南地域や川崎など目黒区に近く、いつでも出かけられる人ならキャンペーンを有意義に活用できるはずです。

このキャンペーンでは目黒区の範囲を明確に意識していることが最重要です。

特に目黒区の繁華街は、おおむね区境にあります。

買い物したい場所が本当に目黒なのか気を付けましょう

○自由が丘 → 大井町線の南側、九品仏緑道から南は世田谷区

△目黒 → 西口を出て権之助坂を100m進むと目黒区(それ以外、品川区)

◎中目黒から都立大学の東急東横線各駅 → ほぼ目黒区

○池尻大橋 → 駅東側「大橋」が目黒区

△大岡山 → 商店街の大部分が大田区(駅前の東急ストアは目黒区)

△武蔵小山 → 大商店街「パルム」他、商店の大部分は品川区

○西小山 → 駅ビルは品川区だが、西側はすべて目黒区

外から買い物に行くのなら、東横線沿線が確実で、楽しめるのではないでしょうか。

なお隣接する品川区では、11月の1か月間、PayPayでの30%還元があるので、こちらを活用しましょう

その他、繁華街以外にも情緒あふれる商店街も目黒には多数あります。

そちらにも対象店舗があるので、散歩するのも楽しいものです。

11月15日までと、12月からの1か月半は目黒区とd払いに要注目です。(執筆者:沼島 まさし)