今では多くの副業が話題になっているものの、いずれも新たにスキルを構築しなくてはなりません。

しかし営業を得意としている、もしくは営業畑の方は、「リファラル営業」という副業がピッタリかもしれません。

「リファラル営業ってなに? どんな副業なの?」

「実際どれくらい稼げそう? 収入例を知りたい」

リファラル営業について興味を持った方は、上記のような疑問を持たれる方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、「リファラル営業の始め方や基礎知識、収入例」についてまとめました。

リファラル営業

今話題のリファラル営業とは

リファラル営業とは、かんたんに言えば「商品を提案したい企業と顧客をつなげる営業」です。

一般的な企業であれば少しでも商品を成約してもらうために、望まない営業をかけることもあります。

急に営業をかけられて、不快な思いをした経験を持つ方も多いですよね。

しかしリファラル営業はそんな企業と見込み客の間に入り、スムーズにサービスや商品を提案する役目を果たします

顧客側としても、信頼のある人からサービスを提案してもらったほうが承諾しやすいです。

企業側としても成約率が高いので、アポを取ってもらうだけでうれしいのです。

アフィリエイトがネットを仲介した紹介営業なら、リファラル営業はリアルのアフィリエイトに近いイメージかも知れません。

リファラル営業の始め方

リファラル営業を始める際は、紹介する案件を獲得しなければなりません。

顧客紹介マッチングサービス

≪画像元:Saleshub

営業代行

≪画像元:Side bizz

上記サイトへ登録し、自身の人脈とマッチングしやすいビジネスを選択します。

例えば仲の良い社長さんがいて、人材サービスを探していたら提案できる案件があるかもしれません。

アポが取れたら、あとは先方の会社へ任せるだけ。

紹介に専念できるため、自身の人脈も使えるし、営業が得意な方ならすぐに始められます。

リファラル営業で実際どれくらい稼げるの?

リファラル営業を始めようと思った際、気になるのはどれくらいの月収が得られるか? という点です。

実際案件の単価や、月にどれくらい紹介するのかでかなり報酬は変動します。

また紹介すれば報酬確定なのか、提携で報酬が入るのかでも大きく変わってくるでしょう。

一例として、筆者の周囲にはリファラル営業で月に3~5万稼ぐ方と、20万以上稼ぐ方を知っています。

やはりやり方とかける時間次第で報酬は大きく変わるため、得意な方やコツを掴めば本業並みに稼げる可能性はありそうです。

リファラル営業を始める際の注意点

とにかくアポを取れば収入へつながるというポイントは、逆に言えば「質が低くてもアポを取ってしまう」点にもつながります。

あくまで副業と言っても仕事なので、「話を聞くだけでいい」や「断ってもOK」というアポの取り方はやめたほうが良いでしょう。

質が低いアポイントを取ってばかりいると、相手にも嫌われますし企業にとっても迷惑です。

安定して稼ぎ続けることは難しくなってしまいます。

また実際に商品のセールスや承諾をするのは、自分以外の人間です。

とくに紹介した方は、しっかりと別の企業が話をする旨だけでも伝えておきましょう

不信感につながってしまえば、もともとつながりのあった方と信頼関係が崩れてしまう危険性もあります。

リファラル営業は紹介できる人脈・営業能力があれば稼ぎやすい

リアルアフィリエイトとも呼ばれるリファラル営業は、ネットを駆使したものと違って必要とする能力が違う副業です。

ただし得意分野の方であれば型にハマリやすいので、非常に稼ぎやすいとも言えるでしょう。

ぜひ気になる方は、登録サイトを覗くところから始めてみてはいかがでしょうか。(執筆者:副業スペシャリスト 奥泉 望)