2022年の福袋、百貨店福袋の一部は2021年の10月末から発売され、年々早期予約・早期販売が主流となってきています。

11月中旬からでも予約購入や販売抽選に応募できる福袋、おすすめを8点紹介します。

中には人気で抽選に外れたら購入できない商品もありますが、値段以上の内容であれば運試しと思って抽選に応募してみるのも楽しいものです。

※数量限定の福袋は売り切れのこともございます。売り切れの際はご了承ください。

福袋もオンライン予約

「買ってお得」な福袋

2022年の福袋販売が既に始まり、2022年の福袋はオンラインでの予約や抽選が多くなっています。

福袋はオンライン注文だと送料がかかります。しかし家に届くためお正月から出かけなくてもよく、確実に手に入るというメリットもあります。

福袋の中で「買ってお得」だと感じるのは、中身がわかるものです。

食品のほか、タオル、コスメ、緑茶や紅茶など、家庭で確実に使える商品であれば価格以上の商品が入っているため、節約にも役立ちます。

コロナ禍の影響で、スターバックスや無印良品、カルディなどもオンライン抽選をメインにし、2022年のお正月は店頭販売を予定していない場合もあります。

年々、福袋予約販売が早期化しているため、早めに動きだしましょう。

1.無印良品 2022福缶税込2,022円

無印の福袋≪画像元:Ryohin Keikaku Co., Ltd.

毎年人気の無印良品の「福缶」は、値段税込2,022円に対して、2,022円のギフトカード入りです。

縁起物1点がランダムで入っています。値段以上の価値があると口コミでも評判です。

内容

  • MUJI GIFT CARD(ムジギフトカード)1枚……2,022円分
  • 縁起物1点

2022の福缶は抽選です。

応募期間:11月18日~28日
抽選結果:12月10日
受取期間:1月1日~1月10日(店頭受取)

応募はネットストアのみですので、運試しだと思って、忘れずに応募しておきたいものです。

2.カルディ 食品福袋 税込4,000円

カルディの福袋
≪画像元:CAMEL COFFEE Co., Ltd. 

輸入食品のKALDI(カルディ)では、人気商品やオリジナル商品が合計19点入った「食品福袋」の抽選販売が11月24日から始まります。

予約期間:2021年11月24日(水)0:00~12月7日(火)23:59

写真のトートバッグに入っています。1人1個まで購入でき、公式アプリで事前抽選販売を実施します。当選した人だけが期間中に店舗を訪れて購入できます。

キャンセルや抽選販売数に満たなかった場合、店頭販売することもありますが、確実に欲しい場合は公式アプリで抽選に申し込んでおきましょう。

3.東急百貨店 テネリータ 福袋 税込5,500円

東急百貨の福袋≪画像元:株式会社東急百貨店

タオル福袋です。オーガニックコットン使用、綿100%、国内今治産のテネリータタオルです。

写真のバスタオル2枚、フェイスタオル4枚のセット内容です。お正月に買い替えする方も多いタオル。

中身の見える福袋だと、内容もわかり買いやすいです。

4.三越伊勢丹 にんべんお楽しみ袋 税込3,240円

三越伊勢丹の福袋≪画像元:三越伊勢丹ホールディングス

「日本橋だし場」でも話題のにんべんのお楽しみ袋です。

リンク先の福袋紹介に中身がすべて写真公開されています。

かつお削りぶし、つゆの素ゴールド、おかかふりかけ、赤だしなめこなどが入っています。

5.高島屋 人形町今半 サーロインステーキ180g×4 税込1万800円

高島屋の福袋≪画像元:株式会社高島屋

高島屋、人形町今半の福袋は、サーロインステーキ180g×4枚。

ステーキたれがついて税込1万800円です。お正月、贅沢なステーキが食べたい時におすすめの商品です。

ステーキを食べに家族4人で出かけると、1万円ではおさまらないので、福袋でお肉を注文して、お正月ならではの贅沢気分を味わうのもおすすめです。

6.ルピシア お茶の福袋 税込3,240~10,800円

ルピシアの福袋≪画像元:LUPICIA CO., LTD.

定番人気のLUPICIA(ルピシア)のお茶の福袋、今年は18種類から選べます。

中身は選べませんが、リーフティーやティーバッグなどが選べ、ティーバッグではノンフレーバードの紅茶かフレーバードの紅茶かなど、好みに合わせて選べます

価格帯も「税込3,240円・税込5,400円・税込10,800円」の3つがあります。

販売価格の2倍相当の商品が入っています。

7.オムニ7 銀座千疋屋 お楽しみ袋 税込2,160円

オムニ7の福袋≪画像元:Seven & i Holdings Co.,Ltd.

セブン&アイホールディングスのオムニ7では、銀座千疋屋のお楽しみ袋が税込2,160円で売っています。

写真で商品を確認できます。

価格以上のお菓子が入っています。自分の家で年末年始に食べる用、気心知れた人の家に行く時のおもたせとして活躍しそうです。

8.オムニ7 トイレットペーパー福袋 税込2,310円

オムニ7の福袋はトイレットペーパーもある≪画像元:Seven & i Holdings Co.,Ltd.

意外なところでは、トイレットペーパーの福袋もあります。

「使い比べ上質トイレットロール」は、7種類入って税込2,310円。

1種類あたりは300円+税なので、お正月、福袋をきっかけに普段よりも上質なトイレットペーパーを使ってみるのも楽しそうです。

福袋を上手に利用すれば節約上手になれる

筆者も福袋の購入計画を立てています。

福袋は購入価格よりも高い商品が大盤振る舞いで入っていることもあり、内容を吟味すればかなりお得で節約にも役立ちます。

福袋を買っても使えるか心配な人は、中身の見える福袋や値段相当分のギフトカードや金券が入っているものがおすすめです。

例えば、洋服の福袋でも、最近ではどんな洋服が入っているのか写真掲載されている商品まであります。

ベビー・キッズサイズのサイズアウトしやすいブランド洋服を安く買えるチャンスでもあります。

年末年始の福袋を上手に利用して、節約上手をめざしてみてください。(執筆者:谷口 久美子)