IKEAが「月99円」の物件を貸し出すことが、話題を集めています。

10平方程度の小さなワンルームに、IKEAのアイテムを使ってコーディネートした一室。

狭いとは言え、家具家電もセットで家賃99円という、衝撃の価格です。

今回は、IKEAが提供する「家賃99円」のTiny Homesの申し込み方法や住所などを、詳しく紹介します。

家賃99円

IKEA「家賃99円」Tiny Homesの概要

IKEA「家賃99円」Tiny Homes
≪画像元:IKEA

IKEAは、ワンルームマンション一室を貸し出しました。

驚きなのが、その価格。1か月の家賃は、たったの99円です。

99円という激安価格の理由は、「Tiny Homes 小さな部屋に、アイデア広がる。」キャンペーンの企画であるということ。

実際に入居した人は、極小物件での暮らしについて発信したり、イベントに参加したりと、いくつか条件があります。

「家賃99円」の応募期間や条件

入居者の募集人数は1人です。

そのため、応募者の中から抽選で入居者が決定します。

応募期間:2021年11月24日(水)~12月3日(金)

応募条件:

20歳以上であること

「IKEA Family」メンバーであること ※無料で登録可能

プロモーションのイベントに参加可能なこと

プロモーション期間中に継続して住み続けること

※要住期間は2021年12月15日~1月15日まで

「家賃99円」で提供する代わりに、イベントへの参加が必要です。

「極小ハウスで暮らすこと」が必須なので、セカンドハウスとしての利用は不可

そのため、プロモーション期間中は、10平方メートル程度の小さな物件で生活することになります。

いろいろと条件はありますが、「家賃99円」は安すぎますね。

「家賃99円」物件の賃貸情報

物件情報をチェック
≪画像元:IKEA

それでは、家賃99円のワンルームマンションにどんな設備が整っているのか、物件情報をチェックしていきましょう。

広さ 洋室3.5帖(10平方メートル)
所在地 東京都新宿区某所
築年数 2年以内
家電 エアコン、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなど
家電 棚、テーブル、ソファ、照明など
その他設備 インターホン、インターネット無料、宅配ボックスなど

生活に必要なものは、基本的にすべて揃っています。

ベッドはありませんが、ゆったりくつろげるソファがあるので、寝る場所は問題なさそうです。

「家賃99円物件」の申し込み時の注意点

家具家電が揃って、月99円はかなりお得です。

しかし、申し込む前に知っておくべき注意点もいくつかあります。

  • 光熱費、入退去費用は自己負担
  • 引っ越し費用は実費
  • 1年間は極小物件に住まなければならない
  • イベントや撮影への協力が必須

生活していく中で必要な光熱費はもちろん、現在別の物件にお住まいの方は引っ越し費用もかかります。

IKEAの物件は家具家電付きなので、1人暮らしの方は今の物件をどうするかも課題です。

また、プロモーション期間となる1年間は、3.5帖の空間で生活しなければなりません。

「家賃99円物件」は企画の1つとして実施するため、イベントや撮影があれば参加も必須です。

家具家電付きの新宿区となると、「家賃99円」は破格です。

ただし、イベントや撮影に対応する時間と、極小物件で暮らす忍耐力が必要になります。

家賃が浮くのは魅力的ですが、当選した場合住めるかどうかを考えることも大切です。

応募は12月3日(金)までとなりますので、応募し忘れには注意してください。(執筆者:三木 千奈)