2021年も残すところ、あと少しとなりました。

そこで今回は、今年1年筆者がヘビロテした「業スの2021年ベストバイ」商品を8つピックアップしました。

きっと来年も役に立つ商品ばかりですので、ぜひチェックしてみてください。

2021年お世話になった業ス商品

1. 鶏屋さんのチキンカツ 1kg(税込483円)

鶏屋さんのチキンカツ
≪筆者撮影≫

昨年に引き続き、コロナ禍によりほぼ自炊で乗り切った1年でした。

自炊に疲れた時は、「揚げるだけ」冷凍フライがとても便利です。

業スは、安くて美味しい冷凍フライの宝庫ですが、とくにヘビロテしたのが「鶏屋さんのチキンカツ」です。

1kgたっぷり入っていて、税込483円

衣付けする手間がかからないことを考えると、かなり高コスパです。

夕食やお弁当のおかず、たまごでとじて鶏カツ丼にするなど、アレンジもできます。

2. チキンナゲット 1kg(税込581円)

チキンナゲット
≪画像元:神戸物産

月に1度必ず買っているのが、1kg入りの「チキンナゲット」。

税込581円で43個のチキンナゲットが食べられるので、バーガーショップで買うよりも断然安いです。

油で揚げると、衣がカリ!中はジューシーで味も申し分ありません。

3. ナチュラルウェッジ 1kg(税込235円)

業スのポテトナチュラルウェッジ
≪画像元:神戸物産

業スと言えば、1kgのフライドポテトが人気です。

筆者も行くと毎回購入しますが、今年1番リピートしたのは「ナチュラルウェッジ」。

皮付きポテトなので、揚げて食べるほかにも、じゃがいもの代わりとして調理に使えます

じゃがいもが高い時期は、ナチュラルウェッジでジャーマンポテトや炒めものを作っていました。

4. お弁当用白身フライ(税込289円)

お弁当用白身フライ
≪筆者撮影≫

節約のため、夫が毎日お弁当を持っていくようになりました。

安くて食べごたえのある業スの「白身フライ」は、お弁当のおかずに便利です。

289円で16個入りなので、1個あたり18円とコスパも良いです。

5. カットほうれん草 500g(税込159円)

カットほうれん草
≪画像元:神戸物産

昨年に引き続き、2021年も「カットほうれん草」が大活躍。

下ゆで&カット済みなので、忙しいときも簡単に1品できあがります。

ほうれん草の価格が高かった夏は、とくに重宝しました。

6. カーネルコーン 500g(税込159円)

カーネルコーン
≪画像元:神戸物産

以前はコーン缶を購入していたのですが、今年役立ったのは冷凍の「カーネルコーン」。

缶切り&水切り不要なので、コーン缶よりも時短になります。

また、使いたい分だけパラパラ取り出せるので、サラダや炒めものに使うのにも便利です。

7. 刻みたまねぎ 500g(税込116円)

刻みたまねぎ
≪画像元:神戸物産

たまねぎの価格が高い時期はもちろん、時短にも便利な「刻みたまねぎ」。

500g入りなので、中サイズの玉ねぎ2.5個~3個分と同じくらいの量です。

1袋116円とお手頃な上に、時間とお金の両方を節約できます。

8. さといもS 500g(税込192円)

さといもS
≪画像元:神戸物産

業スの「さといも」は、冷凍のまま調理できる便利な商品。

さといもの皮むきをする必要がありませんし、500gで192円とリーズナブルです。

冷凍さといもは、Sサイズ、Mサイズ、六角里芋の3商品ありますが、筆者のおすすめは1番小さなSサイズ

味が染みこみやすく食べやすいので、調理しやすいです。

2022年も業務スーパーで食費を節約

昨年に引き続き、今年も業スの激安食材に家計を支えられた1年でした。

業スの冷凍食品は、価格が安い上に、長期保存も可能。

時短にもなる、自炊に助かるものばかりです。

2022年も、業スの食材を活用しながら節約に励んでいきましょう。(執筆者:全方位型節約主婦 三木 千奈)