家具が不要になると、誰かに譲るのも、粗大ごみとして手放すのも手間がかかります。

そんなとき、家に引き取りにきてくれて、不要な家具を売ることのできるリサイクルショップの出張買取が便利です。

出張買取でより高く家具を売るコツを紹介します。

出張買取を 上手に活用しよう

出張買取をたのむときの3つのコツ

出張買取を行っているリサイクルショップは数多くあります。

どのお店を利用するとよいのか、出張買取をたのむときにやっておくとよいことは何かについて、3つのコツをお伝えします。

コツ1:自分が売りたいものの取扱いが豊富なお店にたのむ

リサイクルショップは会社や店舗によって、得意とする商品が違います

実際にリサイクルショップの店舗をのぞいてみて、自分が売りたい商品を数多く取り扱っているお店に出張買取をしてもらいましょう。

今回、わが家でいちばん売りたかったのがリビングに置いていたディスプレイラックと、食器棚として使っていたキッチンキャビネットです。

家の近くには3つのリサイクルショップがあり、この中で棚などの家具がいちばん豊富に置いてあるトレジャーファクトリーを利用しました。

トレファク

≪画像元:トレジャーファクトリー

コツ2:査定だけで売らなかった場合の出張費を確認する

出張買取は、家に来てもらって売るものの査定をしてから売るかどうかを決めます。

基本的に、出張費は無料のところが多いでしょう。

もし、満足のいく値段にならずに査定のみとなった場合に費用がかかるかどうかも確認しておくと安心です。

コツ3:事前にフリマアプリで相場を調べておく

家に来て査定してもらう前に、中古市場の相場を知っておくと良いです。

査定額の交渉がしやすくなります。

調べるのは、次の2つです。

「リサイクルショップの店舗では似たような商品がいくらで売られているか」

「フリマアプリでは同じ商品がいくらで売れているか」

家に来てもらったスタッフさんに聞いたところ、買取価格はリサイクルショップで売る値段の3分の1くらい、と教えてもらいました。

もちろんお店や商品によって変わってきますが、だいたいの目安になるでしょう。

直接やりとりのできるフリマアプリでは、リサイクルショップで買い取ってもらう値段よりも高く売れます。

そのことを頭に入れて、相場を見るようにします。

実際に何がいくらで売れたか

買い取ってもらった家具がいくらになったのか、くわしく説明します。

【キッチンキャビネット】

キッチンキャビネット

6~7年近く使っていたものです。3万円弱くらいで買いました。

パッと見はきれいですが、細かいところに傷がつき、レールが錆びてます。

わりと使用感があるので、フリマアプリではなくリサイクルショップに査定をお願いしました。

買取金額は2,000円です。

【ディスプレイラック】

ディスプレイラック

15年以上使ってたものです。

元値は忘れましたが、たぶん1万円いくかいかないかだったと思います。

組み立て式で元値も安かったし、塗装のはがれや汚れがありました。

粗大ごみとして捨てると1,000円かかるので、値がつかなくても引き取ってもらえたらラッキーと思っていました。

買取金額は1,000円です。

【大きいクーラーボックス】

かなり大きい(100リットル近く)クーラーボックスです。

室内のみで利用していたのでわりときれいな状態です。

フリマアプリのメルカリだと1万4,000円くらいで出品されていましたが、サイズが大きくてあまり売れていなかったのと、送料もかなりかかり手間なので、ついでに買取りしてもらいました。

はじめは3,000円の査定額でしたが、メルカリでの取り引き額などを話したら買取金額をあげてくれました

買取金額は4,000円です。

高く値段がつく家具とは?

せっかくのチャンスなので、高く値段がつく家具についてスタッフの方に聞いてみました。

高く値段がつくのは、お店で売れやすい家具だそうです。

元の値段や家具の状態の他に、お店で売れやすいかどうかが査定金額に関わるとのこと。

お店で売れやすい家具の特徴を3つ紹介します。

特徴 (1) 衛生面を気にせずに使える家具

リサイクルショップで人気のある家具は、衛生面を気にせずに使えるものです。

今回の場合で解説します。

・ディスプレイラックよりも元値が3倍近く高く、使用年数も少ないキッチンキャビネットが2,000円

・ボロボロなので値がつかないだろうと思っていたディスプレイラックが1,000円

キッチンキャビネットが思ったよりも安かった理由は、キッチン家具はあまり売れないからでした。

食品や食器を入れておくものなのでリサイクルで買う人自体が少なく、商品の回転が悪いから良い値段をつけにくいそうです。

また、クーラーボックスも同じで食品などを入れる場合が多いです。

大きいサイズは欲しい人も少ないために高い値段がつけられないと言われました。

特徴 (2) 用途が限られていない家具

ディスプレイラックのようにリビング、書斎、ベッドルームなどいろいろな場所で使えるものはリサイクルショップでも売れやすい家具です。

用途が限られていない家具は、買われるチャンスが多く、需要のある家具といえるでしょう。

一方、キッチンキャビネットのように使い道が限られているものは、家にひとつあればよく、しかも頻繁に買い替えるものではないため、売れにくいです。

特徴 (3) 家具の色は白か黒

人気のある家具の色を聞くと、白か黒という答えでした。

シンプルでどんな部屋にもなじむものが、人気があります。

これから家具を買う時に意識しておくと、いつか手放すときに高値で売れるので節約になります。

白い家具は日焼けや黄ばみが目立ちやすく、黒い家具は傷が目立ちやすいので注意しながら使うと良いです。

リサイクルショップの出張買取を上手に活用しよう

不要になったものを手放すとき、家具など大きなものは出張買取を利用すると自分で運ばなくてよいのでラクです。

フリマアプリを利用する方が高い値段で手放すことができますが、状態の悪いものやあまり売れていないものは出張買取を使うと手間とトラブルを最小限に抑えられます

捨てようと思っていたものにも値がつくことがあり、処分費を浮かせるどころか利益につながります。

出張買取を利用するときには事前のリサーチをして、なるべく高く買い取ってもらいましょう。(執筆者:福島 怜実)