ダイエットに効果的なチョコレートはカカオ70%以上のハイカカオチョコレートになります。

ハイカカオのチョコレートは通常のチョコレートに比べると価格が高めなのが難点です。

ハイカカオチョコレートで 家計にやさしいダイエット

今回は100gあたりの価格でどの商品がお得なのか見ていきたいと思います。

3種類のハイカカオチョコレートを比較

左から

・ 業ス ハイカカオダークチョコレート カカオ85% 価格192円(税込)

・ 業ス ハイカカオチョコレート カカオ72% 価格429円(税込)

・ 明治 チョコレート効果 カカオ72% 価格598円(税込)

どれも内容量が違うので100gあたりの価格はいくらになるか計算してみました。

種類 100gあたりの価格
業ス ハイカカオダークチョコレート カカオ85% 192円
業ス ハイカカオチョコレート カカオ72% 280円
明治 チョコレート効果 カカオ72% 265円

100gあたりで一番お得なのは「業ス ハイカカオダークチョコレート カカオ85%」でした。

通常の板チョコが55gで80~100円で販売されているので通常のチョコレートとほぼ変わらない価格です。

業ス ハイカカオダークチョコレート カカオ85%

こちらはベルギー産のチョコレートで、板チョコタイプとなり個包装にはなっていません。

中を開けると10等分できるようになっています。1かけ当たり約60kcalです。

ハイカカオになるほど甘味はなくなりますが、こちらの85%のチョコレートはほどよい甘味でカカオのほろ苦い風味がよくとてもおいしかったです。

ただチョコレートの甘さを求める方には物足りないかもしれません。

業スではこちらのハイカカオチョコレートをあまり見かけないので、お店の方に聞いたところ「常に入る定番商品ではなく、入荷があるときとないときがある」とのことでした。

夏~秋は見かけなかったので、冬場がメインなのかもしれません。

ハイカカオを安く買いたい人はあるときに購入しておくことをおすすめします

業ス ハイカカオチョコレート カカオ72%

同じく業スで販売しているベルギー産のハイカカオ72%は個包装になっています。

32パック入りとなっており1個あたり24kcalです。

食べて見るとくちどけがよくて、甘味もあり今まで食べたハイカカオのチョコレートの中では一番おいしいと感じました。

ただ同じ業スの85%の板チョコと比べると100gあたりの価格が100円近く高いのがネックだと感じました。

明治 チョコレート効果 カカオ72%

こちらは明治の商品なのでスーパーやコンビニでも入手しやすい商品です。

1袋に45パック入っており1個あたりのカロリーは28kcalです。

私は長くこのチョコレートを食べており、間食にいつも4枚までと決めて食べています。

甘みがありハイカカオを感じさせないマイルドさが人気のチョコレートです。

ベルギー産の業スチョコレートと味を比べると、業スのチョコレートのほうがカカオの風味が強くおいしく感じられました。

カカオの風味が好きな人は業ス向け、マイルドさが好きな人は明治向けのような気がします。

チョコレートダイエットの方法

ハイカカオチョコレートは低GI食品なので、血糖値の上下幅が少なくなります。

血糖値が下がりにくいので食欲を抑える効果あるのです。

おすすめは15時~16時のおやつにハイカカオチョコレートを食べておくと、夕方あまりお腹がすかなくなるので晩ごはんの量を無理なく減らすことができます。

カカオポリフェノールはSOD効果もあり美肌にも期待できる成分が含まれているのです。

参照:明治

チョコレートダイエットの注意点

チョコレートダイエットと言っても食べ過ぎると、カロリーオーバーになるので1日に食べる量としては100kcal前後が目安です。

つい食べてしまうという方は板チョコタイプよりも個包装タイプにして、個数を決めておくほうがいいでしょう。

お得なチョコレートを活用して美味しくダイエット

業スの82%のチョコレートなら1個で約5日分になります。

1日40円と換算したらいつものおやつ代とあまり変わらないかもしれません。

食事の量(主に炭水化物)が減ることでトータルの食費は±0に近いのではないでしょうか。

ポイントは食事の1~2時間前に食べるとお腹がすきにくいので、食事量を減らすことが可能です。

お得なチョコレートを活用して家計にやさしいダイエットをしてみませんか。(執筆者:@コスメビューティスペシャリスト認定 湯浅 みちこ)