ANAが毎週実施しているキャンペーンに、「ANA得旅マイル」というものがあります。

毎週ランダムに選ばれる複数の路線で、破格の割引をされたマイル数で航空券と交換できるキャンペーンです。

最大、通常の半額のマイルで飛行機に乗れ、お得に使えば現金がプラスになることもある「破格」のキャンペーンです。

記事は筆者体験談に基づいているため、終了後のキャンペーン紹介がございます。あらかじめご了承ください。

最新情報を確認ください。

ANA得旅マイル

半額!片道3000マイルで羽田→福岡に

毎週実施されるこのキャンペーンですが、例えば昨年の12/2〜12/8のキャンペーンでは、以下の路線がありました。

お得なキャンペーン

≪画像元:ANAホールディングス株式会社

【片道3,000マイルで交換可能な路線】

・羽田~稚内
・羽田~釧路
・羽田~函館
・羽田~庄内
・羽田~小松
・羽田~広島
・羽田~山口宇部
・羽田~松山
・羽田~福岡
・羽田~大分
・羽田~鹿児島

・伊丹~青森
・伊丹~新潟
・伊丹~福岡
・伊丹~鹿児島
・伊丹~那覇

・中部~函館
・中部~新潟
・中部~熊本

・新千歳~女満別
・新千歳~秋田

・福岡~対馬
・福岡~五島福江
・福岡~宮崎

・那覇~宮古
・那覇~鹿児島
・那覇~広島

【片道4,000マイルで交換可能な路線】

・羽田~那覇

【片道5,500マイルで交換可能な路線】

・羽田~石垣
・中部~石垣

私は「ANA得旅マイル」で航空券を予約し、羽田から福岡に行ってきました。

通常片道6,000マイルが必要なところ、3,000マイルで飛行機に乗れて、かなりお得に福岡観光を楽しめました。

お得に使えば現金がプラスになることも

その翌週の12/16〜22の週も、「ANA得旅マイル」を使って航空券を予約しました。

この週は、以下の路線が対象となっていました。

【片道3,000マイルで交換可能な路線】

・羽田~小松
・羽田~能登
・羽田~神戸
・羽田~オホーツク紋別
・羽田~根室中標津
・羽田~広島
・羽田~鳥取
・羽田~徳島
・羽田~高知
・羽田~長崎
・羽田~鹿児島

・伊丹~熊本
・伊丹~宮崎
・伊丹~札幌
・神戸~札幌
・伊丹~仙台

・関西~沖縄

・名古屋~秋田
・名古屋~福岡
・名古屋~長崎

・札幌~函館
・札幌~福島

・福岡~宮崎
・福岡~対馬
・福岡~小松

・沖縄~宮古
・沖縄~広島

【4,000マイルで交換可能な路線】

・羽田~沖縄
・名古屋~沖縄
・札幌~福岡

私は、福島空港→新千歳(札幌~福島)の航空券を予約しました。

この路線も、通常であれば片道6,000マイルが必要なのですが、「ANA得旅マイル」であれば半額の3,000マイルで予約できます。

さらに、このタイミングでは福島空港で独自のキャンペーンをやっており、片道5,000円を現金でキャッシュバックするというものがありました。

これは通常購入した航空券だけでなく、マイルで交換した特典航空券の場合も対象だったので、往復6,000マイルで現金を使わずに飛行機に乗り、福島空港で往復1万円の現金を受け取れました。

「ANA得旅マイル」と、その時々でやっている空港独自のキャンペーンを併用することで、旅行後の方がお金が増えて、お得になることもあります。

「ANA得旅マイル」の活用法

ANAウェブサイトか、ANAアプリ、ANAマイレージクラブのアプリにログインしてください。

特典航空券を予約するページがあるので、そこから対象区間の航空券を申込ます。

申込のための入力を進めていくと、キャンペーン適用のチェックがあるので、チェックを入れると、必要マイルから割引かれて、予約の確定ページに進むことができます。

注意点1:キャンペーン適用外がある

航空券の全旅程が対象路線内にないとキャンペーン適用外です。

搭乗予定日がキャンペーン期間でない場合も同様です。

注意点2:予約変更は、対象搭乗期間内&同一区間のみ

発着空港を変更することもできません。

対象搭乗期間外への変更もできません。

キャンペーン期間&区間のみでの航空券となります。

注意点3:自己都合の払い戻しは費用がかかる

払い戻しは、航空券が全区間で未使用でかつ、1人3,000マイルの払戻手数料を納めてからの払い戻しとなります。

ここがかなり厄介で、片道3000マイルで予約したのに、自分都合でキャンセルするとなると、同額の3000マイルの手数料がかかります。

悪天候など、航空会社都合での欠便などでキャンセルの場合、手数料は掛からないので安心してください。

注意点4:路線が限られている

20路線以上のラインナップはありますが、必ずしも行きたい路線があるわけではありません。

行きたい場所があればとてもお得なキャンペーンです。

毎週チェックして、お得なチケットを入手してください。(執筆者:久保 文明)