年が明けて年度末に向かうと、新生活への支出が増えてきます。

ついあれもこれもと買いたくなりますが、ちょっと待って!とブレーキをかけることで余分な支出を防ぐことができます。

家に同じようなシャツあった…

【ちょっと待って1】似たようなものが家にあるのでは?

新年、新生活…新しいことが始まる時は、やっぱり新しいものが欲しくなるもの。

子供たちからも「あれが欲しい、これがいるかも」とせっつかれたりして、売場でもお財布がゆるんでしまいそうになります。

服や文房具、自分が使うコスメなど、購入前に1度ざっくりでもいいから在庫を思い出すようにしましょう。

もしかして、まだ使える同じようなものが家にありませんか

筆者はこんな失敗をしたことがあります。

「新生活に向けて、新しくコスメが欲しい!そろそろアイシャドーを変えたいな」と思って、気に入った色を購入。

ウキウキしながら家に帰ったものの、コスメボックスには似たような色味のアイシャドーがすでに2~3個あった…。

コスメなどの色味の多いもの、アイテム数の多いものでやってしまいがちな失敗です。

好きな色や似合う色は決まってくるし、好みのブランドもある場合、「これは使える!」と思っても1度在庫を思い返してみるべきだった、と反省しています。

同じようなニット

【ちょっと待って2】実際に使う?

思いがけないものが安くなる、新年や新生活に向けてのセール品。

これは便利そう!と思って買ってみたものの、実際買わなくても良かったかも…と残念な気持ちになることはありませんか。

まずは自分が使っている姿を想像してみることが大切です。

1,000円のキッチン用品がセールで700円に!これは便利!と思って買ってみたものの、自分には合わなかったなら、それは700円のマイナスです。

お得を感じて買ったものの、使わないものだったらもったいないと思います。

お買い物の体験としても、良い思い出にはなりません。

ちゃんと使えそうか、使ってみて満足できそうか、購入前に1度使っている自分の姿や状況を思い描いてみることも大切です。

【ちょっと待って3】セール時期を待った方がいいのでは?

セールを待たずして買ったニット
≪画像元:筆者撮影≫

洋服、靴などで多い場面です。

「この形かわいい!色も持っているものと違うし、毎回ここで購入した品物はハズレがないから買っちゃおう!」と思って買ったけど、1週間もたたないうちに3割引きになっていたというようなケースです。

筆者も実はよくやってしまいます。

セール時期を待ちすぎて好きな色やサイズがなくなってしまうかも!という心配から中途半端な時期に買ってしまい、その後すぐにセールになってしまうという残念なお買い物体験です。

ユニクロやGUなどセール時期がある程度リサーチ出来るアイテムなら、最安値まで待てる物は

「これ、セール時期がもうすぐ来るからセール時期を待とう!」

と頭の中で声をかけましょう。

ただ洋服や靴は着る時期や流行もあります。

セールになるのが遅すぎて使う時期を逃してしまう恐れがあるものは、逆にシーズンの最初に買ってしまった方が何回も使えて、満足のいくお買い物ができるという可能性も。

5,000円のセーターを11月に購入して、週に1~2回、2月末まで15回着用する場合:約333円/回

5,000円のセーターが1月に3,000円に値引き、週に1~2回、2月末まで6回着用する場合:約500円/回

コスパで考えると、11月に購入した方がお得です。

いつも利用するお店で好みのアイテムが販売された場合、セール時期を待つか、すぐに購入するか、どちらがお得なのか販売開始の時期に判断した方が良いでしょう。

買う前に「ちょっと待って」を習慣にしよう

いったん立ち止まって考えてみると、似たようなものが家にあったり、実はテンションが上がっただけであまり使わないものだったり、セール時期まで待てるかもしれません。

頭の中で「ちょっと待って!」と声をかけて考えてみることで「買わなくても良かった」モノを洗い出し、必要なものを満足のいく価格で購入しましょう。(執筆者:松田 潔子)