1月9日(日)から、マクドナルドから再び「マックフライポテト」M・Lサイズの販売が休止となりました。

1ヵ月程度は、Sサイズのみの提供です。

そこで今回は、業務スーパーの冷凍フライドポテトで、「マックフライポテト」を再現する方法を紹介します。

自宅でマック風のフライドポテトを作り、お腹いっぱい楽しみましょう。

マックのポテトを再現

マックの代用になる!業務スーパー「プレミアムシューストリング」

業務スーパー「プレミアムシューストリング」

業務スーパー「プレミアムシューストリング」1kg入り 税込278円

業務スーパーには、激安の冷凍フライドポテトがあります。

皮付きの「ナチュラルウェッジ」や、太めの「ストレートカット」など、種類も豊富です。

中には、マックフライポテトによく似た「プレミアムシューストリング」という商品もあります。

通常のシューストリングカットもありますが、おすすめなのは “プレミアム”の記載があるものです。

「プレミアムシューストリング」と通常のシューストリングカットには、以下3つの違いがあります。

・マックフライポテトと同じ「ラセットバーバンク種」のじゃがいもを使用

・マックフライポテトのような長いポテトが多い

・水分量が少なく、カリカリほくほくの食感が似ている

「プレミアムシューストリング」は、通常のシューストリングカットと比べて、価格が40円ほど高いです。

しかしその分、長いポテトが多く、マックフライポテトにも使っている「ラセット種」のじゃいもを使用しています。

このように、「プレミアムシューストリング」は、マックフライポテトとの共通点が多いです。

マックフライポテトを再現する方法

牛脂を入れるのがコツ

業務スーパーの「プレミアムシューストリング」を普通に揚げるだけでも良いですが、さらにマック風のポテトに仕上げる方法があります。

 

(1)揚げ油に牛脂を溶かす

(2)マクドナルドでもらえる塩で味付けをする

 

牛脂を溶かした油で揚げることで、マックフライポテト独特のコクと風味を再現できます。

牛脂はスーパーでお肉を購入した時に、無料でもらえるもので十分。

割合は、油7:牛脂3くらいが理想ですが、2~3個溶かすだけでも風味が変わります。

そして、極めつけは味付けの塩!

マクドナルドと同じ塩を使うことで、業務スーパーの「プレミアムシューストリング」が、マックフライポテトへ見事に変身します。

マクドナルドの塩は、ポテト注文時に「別添えでください」声をかければ、袋に入れて付けてもらえます。

別添え塩はポテトの味を調整するのにも使えますし、自宅でフライドポテトを作った時の味付けにも便利です。

M・Lサイズ休止中は業スのポテトで代用しよう

当面の間は、マックフライポテトSのみの販売となります。

M・Lサイズの販売休止中は、Sサイズを複数買うよりも、業務スーパーの「プレミアムシューストリング」を代用した方が割安です。

簡単にお安くマック風のフライドポテトが作れるので、試してみてください。(執筆者:三木 千奈)