筆者は楽天市場を利用して約14年経ちます。

昨年分もあわせて、楽天のポイント獲得実績がとうとう23万ポイントを超えました。

どうせ買うならポイントを獲得して、お得に使いたい人もいると思います。

どのように使ったのか、筆者の例を解説します。

なぜゆるい楽天経済圏くらしで23万ポイント獲得できたのか?

楽天ポイント実績大公開

楽天ポイント実績大公開

筆者は楽天カードや楽天でんき、楽天モバイルなどには入っていない、ゆるい楽天暮らしをしています。

それでもアカウント作成から約14年、2022年1月14日時点で23万9,258ポイントを獲得していました。

自分でも驚きですが、毎年何ポイントくらい獲得できているのか、楽天ポイントクラブのポイント実績画面を見て検証してみます。

獲得ポイントが急上昇する場面は、2箇所あった

2008-2021年の楽天ポイント実績
≪画像元:筆者提供≫

ポイントの実績画面から検証してみると、2017年~2019年まで飛躍的に伸びています。

特に2018年~2019年にかけては1年で1万ポイント以上を獲得しています。

ペットグッズの購入が増えた

筆者の獲得履歴を見ていると、2018年はペットを飼い始めたことでペットグッズの購入が増えたこと、文房具や子供の参考書の購入が増えたことがポイント増の結果につながったのかと思います。

ペットを飼い始めることによって、ペット割でのポイント3倍キャンペーンの対象になったことも大きいと考えられます。

もう1か所ポイントが大きく伸びているところは2019年~2020年です。

コロナ渦に入りネット通販を使うことが増えて、こまごましたものもネットで購入するようになり、ポイント獲得数も増えました。

楽天ポイント大量獲得につながった2大キャンペーン

楽天経済圏で生きていくには、絶対に逃せないキャンペーン時期があります。

楽天お買い物マラソンと、楽天スーパーセールです。

どちらも買えば買うほどポイントが加算される、ポイント5倍や10倍、20倍の商品も出るなど、必須キャンペーンです。

1. 楽天お買い物マラソン

ほぼ毎月行われている、楽天お買い物マラソン。

期間は1週間程度で、10店舗買い回りでポイントが10倍に。

他のプログラムと合わせると、最大43倍になる人気のキャンペーンです。

楽天でお得にお買い物する人の大半は、この期間に合わせてお買い物をしています。

2. 楽天スーパーセール

年4回(3,6,9,12月)行われる、楽天最大のセールキャンペーンです。

お買い物マラソンとの違いは、セール品の多さ。

半額や半額以下になるものも多く、「狙っている大きな買い物はこの時期」と決めている人もいるのではないでしょうか。

筆者も家電などをスーパーセールの期間に買うことが多く、ポイント獲得以上にお得にお買い物できる期間です。

ペット割、ママ割などの自分に必要な割引イベントを活用

お買い物マラソンやスーパーセール以外にもポイントアップキャンペーンはたくさんあります。

ペット割、ママ割など、自分が対象となるキャンペーンには積極的にエントリーしましょう。

1. 楽天ペット割

・ 登録後初めてのお買い物でポイント3倍

毎月12日、21日のワンニャンDAYでクーポンを使ってお買い物をすると、さらに100ポイントが後日獲得

・ ペットのバースデークーポン

など、ペットに関する商品などでお得になるメンバープログラムです。

2. 楽天ママ割

・ 子育て用品や楽天サービスのママ割メンバー限定クーポンが毎月配信される

・ 5歳までのお子様の誕生月の前月に、楽天グループサービスで使えるバースデー特典が届く

・ 楽天市場、楽天西友ネットスーパー、楽天ビューティーなどで使える、ママ割メンバー限定のポイントキャンペーンの開催

など、子育てに関するお得がたくさんのメンバープログラムです。

これらを活用して、より多くのポイントの獲得が可能です。

楽天リーベイツを使えば、より多くのポイントゲットのチャンス

楽天リーベイツは、楽天を経由することで、別の対象サイトでお買い物をしても楽天ポイントとして1~5%程度、高還元キャンペーンなどでは最大20%還元されるサービスです。

「楽天にはないものを購入する必要がある」という人も、1度楽天リーベイツのサービス内を検索して、欲しいものが対象サイトに入っているかを確認しましょう。

通常のお買い物だけでなく、各種メンバープログラムなどを駆使

楽天はポイント還元率の高いサービスが多く、お買い物マラソンやスーパーセール、ペット割やママ割などのメンバープログラム、外部サイトと連携しているリーベイツなどを駆使すれば、自分が思っている以上にポイントを獲得することができるかもしれません。

必要なものをどれだけ楽天で購入するか検討しつつ、上手にポイントGETしていきましょう。(執筆者:松田 潔子)