家電量販店やネットショッピングなどで品定めをしている際に、

「特価!10%オフ」

「10%還元商品!」

といった売り出し文句を目にします。

10%オフと10%還元、これらは同じなのでしょうか。

違うとすれば、どちらがお得なのでしょうか。

長年の疑問に終止符を打つべく、じっくりと考えてみました。

一体どれがお得なのか

いくらで何円の物を買えたのか

10%オフと10%還元はどう違うのか、その答えは「いくらで何円の物を買えたのか」に注目すると見えてきます。

お得の殿堂

10%オフの場合

まずは、10%オフの場合について考えてみましょう。

例えば、定価1万円の商品を、セールで10%オフの9,000円で手に入れたとします。

この場合、9,000円で1万円の商品を購入したことになります。

よって、

値引き額:1万円 – 9,000円 = 1,000円

値引き率:1,000円 ÷ 1万円 = 10%

当たり前の結果ですが、売り出し文句の言葉どおりの10%オフですね。

10%還元の場合

次は10%還元です。

定価1万円の商品を買い、1,000円分のポイント還元を受けたら「10%還元」です。

この場合、得た価値の総額は商品1万円とポイント1,000円ですので、合計1万1,000円です。

対してかかったコストは1万円ですから、1万円で1万1,000円の商品を購入したことと同じ意味になります。

よって、

値引額:1万1,000円 – 1万円 = 1,000円

値引率:1,000円 ÷ 1万1,000円 = 約9.1%

「あれ?」と思った方も多いことでしょう。

10%還元を値引き率に換算すると、10%を切ってしまうのです。

このことから、

10%オフと10%還元はイコールではない

と言えます。

つまり、10%還元よりも10%オフの方がお得ということです。

同じだと思って何となく10%還元を選んだ場合、実は0.9%分損をしているのです。

【一覧表】〇%還元は〇%オフに換算するとどうなるか

そうは言ってもまだピンとこないものがありますので、よくある還元率を値引き率に換算すると、一体何%になるのか一覧にしてみました。

還元率 対応する値引き率
1% 0.99%
2% 1.96%
3% 2.91%
5% 4.76%
10% 9.09%
20% 16.7%
30% 23.1%
40% 28.6%
50% 33.3%
100% 50%

こうしてみると、還元率の数字が大きくなるほど、割引率との数字の剥離が大きくなっています。

還元率が大きければ大きいほど、本当にお得なのか注意が必要ということです。

スマホ実質0円は実は50%オフ

注目すべきは100%還元です。

よくスマホなどは端末代金実質0円とうたって、端末購入価格と同額分をポイント還元しています。

たいていのポイントは「1p=1円」で現金と等価ですから、端末を買って同じ金額のポイントが戻ってきたら収支は0円だと考えてしまいます。

しかし、還元されるポイントは多くの場合「期間限定ポイント」で、将来的に必ず何か他の商品と等価交換しなくてはなりません

そうすると、3万円の端末を購入して100%ポイント還元を受けた場合は、3万円の支払いで6万円分の買い物ができることと同等です。

これは50%値引きと受けたのと同じです。

スマホ実質0円

さらにもっとややこしいのが「ポイント〇倍」

さらにもっとややこしいのが「ポイント〇倍」です。

通常還元率1%のところを、セールでは10倍にします、という売り文句ですね。

先ほどの還元率と値引き率一覧表に、「ポイント〇倍」を追加すると以下のようになります。

還元率 ポイント〇倍 対応する値引き率
1% ポイント1倍 0.99%
2% ポイント2倍 1.96%
3% ポイント3倍 2.91%
5% ポイント4倍 4.76%
10% ポイント10倍 9.09%
20% ポイント20倍 16.7%
30% ポイント30倍 23.1%
40% ポイント40倍 28.6%
50% ポイント50倍 33.3%
100% ポイント100倍 50%

ポイント100倍なんて聞くと、「お店はつぶれないのだろうか、大丈夫か」と思うほどお得に聞こえますが、実際は半額セールなのです。

それでも十分お得ですが、100倍という数字よりインパクトは小さい気がします。

家電量販店やネットで買い物をする際には、還元と値引きの違いに気を付けて、本当に自分にとってお得なのはどの商品なのか見定めてください。(執筆者:元地方テレビ局記者の主婦ライター 石田 彩子)