テレワークの普及に伴い、遠隔で地域の中小企業と連携できる場面が増えました。

とくに地域貢献型の副業サービス「Skill Shift」もその例で、非常に多くの方が利用しています。

・ 週末に地域貢献が行える「Skill Shift」とは?・ 業務内容や収入例についても知りたい

地域貢献・副業について調べている際、上記のような疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、「地域貢献型の副業サービスSkill Shift」についてまとめました。

週末はリモートで地域貢献&副業

多くの地域や企業と繋がれる「Skill Shift」とは?収入例も合わせてご紹介

Skill Shiftは、人材不足で悩む地方企業と、副業を行いたい人材の架け橋となる副業サービスです。

とくに地方ではマーケティングや商品・経営企画と言った、都市部に集まりがちな人材が求められています。

インターネット関連に強い方であれば、そういった企画に参画できる機会があるのはうれしいポイントです。

スキルシフト
≪画像元:みらいワークス

Skill Shiftを利用するメリット

Skill Shiftを利用するメリットは、下記の4点です。

1. 地域貢献が行える

2. 転職や移住をする必要がない

3. 自身の業務スキルを活用できる

4. 副業の単価としては高め

Skill Shiftはあらゆる地域からの提案があり、その案件と自身のスキルをマッチングさせるサービスです。

自身のスキルで地域の活性化に関われるため、やりがいも多くあります。

しかし転職や移住をしなくても良いので、本業の合間や週末に安心して参画できるのも強みです。

また都市部では当たり前のスキルでも、地方に行くだけで希少性が高いスキルに変わるものもあります。

現在自分が当たり前にこなしている業務でも、都市部では大いに役立つ可能性もあるでしょう。

どんな業務を募集しているの?

実際に募集している案件は、下記のようなものがありました。

・ 新規ECサイトの立ち上げに関わるサポート

・ デイサービスの集客

・ 地域プロモーション企画パートナー

・ 人材育成に関わる総合業務

・ 総務や経理業務のアドバイス

上記のほかに、複数の案件があります。

また求められるスキルや、取り組み方も多種多様です。

筆者も業務改善の経験があるため、参画できそうな案件がチラホラと見られました。

Skill Shiftでの副業案件は登録無しで検索できます

ぜひ気になった方は1度検索してみて、参画できるものがないか調べてみると良いでしょう。

田舎で求められるスキル

実際の収入例はどんな感じになりそう?

案件を検索してみたところ、3~5万円のものが多い印象です。

ただし自身のキャパを超えなければ、業務スキルを活かせる案件で複数進行しても良いでしょう。

やり方次第では、月に3~10万は無理のない範囲でできそうです。

ほとんどどういう形で関わるのか、双方で相談する形式が多く、調整次第で複数の案件をこなすこともできます。

とくに自分の得意分野であれば、より効率よく関わることが可能です。

どちらかといえば時間のかかる雑務ではなく、得意分野を生かしたクリエイティブに近い業務が多い印象です。

本業にも活かせる部分が多くありそうなので、気になるものはぜひ見てみると良いでしょう。

Skill Shiftを利用する上での注意点

Skill Shiftを利用する上で注意すべき点は、高度なコミュニケーションが求められる点です。

募集している企業は改善したい内容がありつつも、どう改善すればいいか悩んでいます。

そのため積極的に関わり、問題となる点をあぶり出しながら深く関わって行かなくてはなりません。

受け身でいるよりも、前向きに課題と向き合う姿勢が必要です。

とくにテレワークが中心となるので、高いコミュニケーション能力が求められるでしょう。

未経験分野に挑戦する際の副業とは違い、一定の経験者に向いているサービスです。

高度なコミュニケーションが必要

地域との関わりで副収入を獲得できるSkill Shiftが話題!

最近では地域との関わり方が話題となっており、副業としても非常に需要が増えてきました。

中でもSkill Shiftは、副業正社員といった形で関われる機会があるサービスです。

ぜひ1度案件を検索してみて、自分に合うものがあるか探してみると良いでしょう。(執筆者:副業スペシャリスト 奥泉 望)