今からYouTubeを始めようと思う方は、どんなジャンルを選んだらいいか迷いますよね。

実は安定的に検索されて、伸びやすいジャンルがあるのです。

「YouTubeを始める際に伸びやすいジャンルを知りたい」

「どれくらい稼げるのか目安を教えてほしい」

YouTubeで動画投稿を始めようと思った方は、上記のような疑問を持たれる方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、「YouTube参入で今アツいジャンルを公開!始め方や収入例」についてまとめました。

YouTubeで今アツいジャンルは?どれくらい稼げるの?

YouTubeで安定的に稼ぐなら、間違いなく「検索需要があるジャンル」を選ぶのが鉄則です。

下手にVlogや需要のないニッチなジャンルで攻めるよりも、みんなが検索しやすいジャンルを選ぶのが良いでしょう。

YouTubeで検索されるジャンルとは?

ちなみに現在筆者の周りでアツいと言われているジャンルは、

「ASMR」

です。

筆者の友人でもASMRに参戦し、およそ1年半で月に30万の副収入を得るようになった方がいます。

データを見ていても、投稿を始めた当初からかなり検索されているのがわかりました。

そして安定的に伸びており、登録者数が1万人を超えてからバズを経験。

一気に2万人まで1か月で増え、収入はさらに伸び続けています。

同じASMRでも方向性を限定するのは大切

さらに戦略的な狙い方として、どういう方向性でASMRを提供するか。

この方向性は非常に大切です。

筆者の友人は「睡眠」に着目し、寝るときに使ってもらえるようなチャンネルづくりを意識しています。

その結果、やはり寝る前の時間に多く検索されることが増え、再生回数と再生時間も大幅UP。

YouTubeのアルゴリズム的にも評価が高まり、どんどんインプレッション数も伸びています。

ASMRだからこそ音には大きくこだわるべき

筆者の友人は、録音環境にも非常にこだわりました。

ASMRが当たるのは偶然の発見でしたが、試行錯誤しているうちにASMRへ力を入れるのが良いと決断。

すぐに高いマイクや録音時の環境にこだわり、イヤホンで聞く際の没入感を追求しています。

やはりコメントを見ても音に好感触を抱いているのがわかったので、初期投資は必要なものの、音にこだわるのが大切だとわかりました。

寝る前にイヤホンでASMRを聴く

音なら国境を越えて再生される

さらに友人は国内だけではなく、国外からも視聴されているのを発見しました。

そのためタイトルも日本人だけではなく海外向けを意識し、英語やサムネイルづくりを研究

日本だけではなく海外も取り入れたことで、さらに再生回数が伸びました。

最近では国内だけだと限界があるため、海外の視聴者も取り入れる向きが広がっています。

友人も早くからその兆候に気付き、海外に向けたチャンネルづくりを意識しました。

海外でも視聴してもらえる

投稿頻度は少なくてもOK!ただし定期投稿は確実に必要

友人は週に1~2回の頻度で投稿しています。

最近では1時間以上の動画を投稿し、視聴時間をさらに伸ばしていました。

初期のころを見ても、そこまで投稿頻度は高くなくても良いと感じています。

ただ検索されるとしても定期投稿は必須です。

ASMRジャンルは似たりよったりになる傾向で、友人もネタ集めに苦労していました。

しかし似たようなネタであっても、投稿すれば再生回数が回ります。

凝った編集は必要ないですし、安定的に動画を投稿できれば徐々に検索ボリュームが大きくなると感じました。

YouTubeに参入するならASMRはアツいかも!ただし狙いはしっかり定めること

筆者も初期のころに参入した際は、ASMRで再生回数を伸ばしました。

初期のころは音にこだわりがなくても問題なかったものの、最近では差別化が難しくなっています。

現在は参入が増えているので、難しい・稼げないと思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし確実に需要はあるため、初心者であっても十分狙いを定めれば稼げる可能性は高いです。

まずは小さく始めてみて、検索需要があるなら機材を投下して挑戦するのが良いかもしれません。(執筆者:副業スペシャリスト 奥泉 望)