値上げの春も、業務スーパーは家計の味方です。

4月1日(金)から、「総力祭」第2弾がスタートしました。

今回は、おすすめのセール品と合わせて、節約になる業務スーパー商品の選び方を紹介します。

業務スーパー 総力祭 第2弾

「総力祭」第2弾のチラシをチェック

総力祭第2弾

≪画像元:株式会社神戸物産

3月から2ヵ月に渡って開する、業務スーパーの「総力祭」。

値上げが続く苦しい時期、家計の救世主とも言える企画です。

セール品は地域ごとに異なりますので、買い物へ行く前にWebチラシを確認しておきましょう。

【北海道】

北海道版

お買い得まみれ

≪画像元:株式会社神戸物産

【東北・関東地方】

東北・関東地方

東北・関東地方のお買い得

≪画像元:株式会社神戸物産

【関西・東海・信越・北陸・中国・四国+鹿児島県+沖縄県】

関西・東海・信越・北陸・中国・四国+鹿児島県+沖縄県

関西・東海・信越・北陸・中国・四国+鹿児島県+沖縄県も総力祭

≪画像元:株式会社神戸物産

※新潟県、長野県はセール対象外店舗もしくは、対象商品や価格が異なる場合があります。

【九州地方】

九州地方

九州地方もお買い得まみれ

≪画像元:株式会社神戸物産

4月の総力祭も、3月に引き続き、神戸物産オリジナル商品や冷凍食品が多めです。

いつでも安い業務スーパーの商品が、セールのおかげでさらにコスパが高くなっています

「総力祭 第2弾」全国の業スで買えるおすすめセール品7選

セール品の中から、全国共通の特売品を厳選して紹介します。

・野菜たっぷりチヂミ(130g×3枚):税込289円

業務スーパーのチヂミは、韓国直輸入の本格的な味が楽しめます。

4月中なら、チヂミ1枚で100円以下

レンチン調理で簡単にできますが、手作りっぽさもあり、野菜もたっぷり入っています。

・チャプチェ(320g):税込289円

こちらもレンチンOKの、冷凍チャプチェ。

あと一品足りないときに、買っておくと重宝します。

・のり巻き天ぷら(300g):税込289円

「野菜たっぷりチヂミ」「チャプチェ」と合わせて、のり巻き天ぷらはいかがでしょうか。

もちもちの春雨が入った天ぷらは、食べごたえがあり、おかずの一品にぴったりです。

・ささみチーズフライ 青しそ入(60g×5):税込300円

4月の「揚げるだけ惣菜」は、ささみチーズフライがお買い得。

中にたっぷりチーズが入っていますが、青しそのおかげで意外とさっぱりいただけます。

・刻みたまねぎ(500g):税込106円

時短になる冷凍野菜と言えば、「刻みたまねぎ」は外せません。

500g入りで約100円なら、たまねぎを丸ごと買うよりお手頃です。

冷凍のまま炒めものやハンバーグに使えますので、家事の負担も減らせますよ。

・マカロニサラダ(1kg):税込300円

1kgシリーズの「マカロニサラダ」は、300円の破格プライス

コロッケやグラタンにもアレンジできます。

・サラダチキン(200g):税込160円

コンビニで買うよりも50円ほど安い、業務スーパーのサラダチキン。

冷凍品ですので、まとめ買いにも向いています。

節約になる業務スーパー商品の選び方

4月は第2弾のセール品に加えて、3月の総力祭セール品も、一部店舗では引き続き特価で販売しています。

さらに、店舗ごとの独自セール品もありますので、実際のセール品はWebチラシの掲載商品よりも多いです。

これほどお得な商品が多いと、どれを買おうか迷ってしまういもの。

そこで、節約になる業務スーパー商品の選び方も合わせて紹介します。

Webチラシ・店内POPを見て特売品をチェック

「エブリデイロープライス」を掲げる業務スーパーですが、セール品ならさらにお安く購入できます。

しかし、その時一番安い商品を選んでいけば、節約効果も倍増です。

そこで筆者は、Webチラシと合わせて、商品のPOPも見ながら店内を回ります。

チラシに掲載していない商品も、店舗独自のセール品となっているケースは少なくありません。

特売品を見逃さないためにも、POPのチェックは必須です。

定番の「最安値商品」は必ず買う

特売品ではなくても、業務スーパーには最安値で手に入る商品がたくさんあります。

豆腐・納豆・牛乳・乾物・調味料などの冷蔵庫スタメン食材は、近所のスーパーで買うよりもお手頃。

いつも買う商品なら、最安値で購入できる業務スーパーで買っておいた方が食費は抑えられます。

冷凍野菜は決まったものを購入

業務スーパーは冷凍野菜の品ぞろえが充実していますが、筆者が手に取るのは定番だけです。

行くと必ず購入するのは、「ほうれんそう」「カーネルコーン」「さといも」「塩ゆでえだまめ」「刻みたまねぎ」の4品。

他にも種類はありますが、冷凍野菜はあたり・はずれが多いため、基本的には買って正解の定番しか買いません。

試してみたい商品がある時は一気に買わず、1~2品に限定して、買って失敗のリスクを減らしています。

「総力祭」で家計を防衛

4月の値上げは苦しいものですが、業務スーパーは今月も節約家計の味方です。

セール品に限らず、業務スーパーは最安値で買える食料品がたくさんありますので、利用するだけで食費節約に繋がります。

値上げにより増えた出費は、業務スーパーでカバーしましょう。(執筆者:三木 千奈)