エアコンの取り付けは需要が大きく、日給も良いので稼ぎやすいです。

とはいえ具体的にどのくらい稼げるのか、難易度も含めて知りたいところですよね。

「エアコンの取り付けで稼ぐことは可能?収入はどのくらい?」

「難しい技術が必要じゃないの?」

エアコン取り付けの副業について気になった方は、上記のような疑問を抱く方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、「エアコン取り付けの副業を始める方法と収入例」についてまとめました。

エアコンの取り付け作業の副業

エアコン取り付けの副業は日給が高く稼ぎやすい?

筆者の友人にはなんでも屋のようなことをしている方がいて、エアコンや車関連と幅広い業務を行っています。

中でもエアコン取り付けは非常に需要があり、忙しいシーズンになると案件を振り分けて大きく稼いでいるほどです。

その際に話を聞いてみたところ、エアコン取り付けが意外と穴場だと知りました。

エアコン取り付けは需要が大きい

そもそもエアコン取り付けは非常に需要があり、多くの家庭で日々エアコンの取付工事が行われています。

とくに首都圏では夏が来ると猛烈な暑さに見舞われるため、一家に1台どころではなく全室にエアコンを取り付けるのも珍しくありません。

熱中症になる危険性も踏まえると、取り付けを渋るわけにもいかないでしょう。

また最近では中古エアコンが話題となっており、取り付け工事も頻繁に行われるようになりました。

エアコンの取り付けは新品・中古で変わらないため。

このまま温暖化が進み、空調の重要度が上がれば上がるほど取り付け工事の需要も高まります。

エアコン取り付け技術は意外と難易度が高くない

実はエアコンを取り付ける際に必要な技術は、あまり高くありません。

ある程度機械いじりに慣れている方なら見様見真似で設置できてしまいます。

※筆者の友人も、最初は見様見真似で取り付けを行ったのがスタートとのことでした。

ただし電気工事士の資格が無いと作業できない場合もあるため、資格取得も視野に入れると受注を増やしやすいでしょう。

今ではエアコン設置の講習会を開いているところも多く、技術取得にかかる時間は2日間のところが多いです。(座学、実技で1日ずつ)

実際の収入例

筆者の友人はエアコン取り付けを行う際、日給1万~1万5,000円ほどが目安とのことでした。(畳数や追加料金で変動)

1日に5~7台の取り付けを行うと、月の売上が100万円を超えるようです。

※ただしかなり負担が大きいとのこと。

アルバイトとして未経験者が収入を得る場合は、日給7,000円前後です。

しかし未経験からエアコン取り付けを行うのはリスクがあるので、まずアルバイトで週末に取り付け工事をしていくのが良いでしょう。

少しずつ技術がついて資格も取得できたら、独立したり人脈を作ったりして個人的に請け負うのが効率的です。

筆者の友人も繁忙期は手伝ってくれる人を探しているため、同じような人とコネクションを持てば継続的な収入を得られる可能性は高まります

エアコン取り付け以外にもチャンスがあるかもしれないので、ぜひ気になる方はチェックしてみると良いかもしれません。

資格が必要な場合も

エアコン取り付けを副業として行う際の注意点

エアコン取り付け業は数をこなせば、一般人でも月収100万円は夢じゃありません。

しかし体力的な負担も大きく、暑い中での作業になることも多々あります。

場合によってはかなり取り付けが厳しい位置に室外機を持っていくこともあり、高所作業で身の危険を感じることもあるようです。

また繁忙期と閑散期の売上が大きく変動するため、安定収入を築くのは難しい側面もあります

あくまで副業として捉え、繁忙期に収入を上げられるよう動くのが良いでしょう。

土日だけでも需要が非常にあるので、ぜひ気になる方はチェックしてみると良いかもしれません。

エアコン取り付けは単価が高く稼ぎやすい! 需要は拡大傾向

筆者の友人は少しでもエアコン取り付けの作業者が増えればありがたい、と話していました。

つまり人員が常に不足しており、今後も伸びることが予測されると感じています。

ぜひチャレンジしてみたいと思った方は、講習会やアルバイトから始めてみると良いでしょう。(執筆者:副業スペシャリスト 奥泉 望)