新年度が始まり、外に出掛けたくなるような暖かさを感じる気温になってきました。

引っ越しや新生活に伴い、お掃除の頻度が増えた方もいるかもしれません。

お部屋の掃除で役立つのが、2021年12月に登場したダイソーの「ジョイント掃除シリーズ」です。

省スペースで多機能なので使い勝手が良く、新生活が始まるこのシーズンにピッタリです。

無印良品の掃除用品シリーズに激似のこの商品。

無印良品に比べるとかなり安いので、節約にもつながるお掃除用品をチェックしておきましょう!

※価格は全て税込み表示です。

ダイソーのジョイントシリーズ

ダイソーのジョイントシリーズ

ダイソーのジョイントシリーズは、

・ フローリングワイパー

・ ホーキ

・ カーペットクリーナー(ミニ)

・ カーペットクリーナー

・ バススポンジ

・ 水切りワイパー(浴室用)

・ 水切りワイパー(窓用)

と、豊富なラインナップです。

カラーはホワイトのみ。

ポールは共通で、

・ 長さ80cmのポールと、

・ 2段伸縮のポール(61〜103.5cm)

の2種類があります。

ポールの材質はスチールとポリプロピレンです。

ワイパー、ホーキ、バススポンジと、専用ヘッド部分を付け替えて使います。

交換したくなったら、汚れたヘッドだけを買い替えればOKです。

価格はすべて110円

費用を最小限に抑えることができるので、お財布に優しいお掃除グッズです。

無印良品との違い

無印良品のポールは、伸縮式(68〜110cm)が390円、ショートポールは56cm、190円です。

使用中の金具の緩みが気になる方は、木製ポール(110cm:1,490円、55cm:1,290円)なら力を入れても縮みません。

無印良品はヘッドの種類がダイソー以上に豊富にあるのがメリットです。

ホウキ(490円)

屋外用ホウキ(450円)

ちりとり(190円)

屋外用ちりとり(590円)

デッキブラシ(490円)

フローリングモップ(490円)

フローリングモップ用替えモップ(ドライ、水拭き各490円)

カーペットクリーナー(390円)

スキージー(550円)

バス用スポンジ(390円)

バス用ブラシ(390円)

のラインナップがあります。

スキージー用の替えヘラは190円、バス用替えスポンジは190円、連結部分のパーツは1個50円で販売しています。

ダイソー商品は汚れたり、壊れたりしたらヘッドごと交換する必要があります。

無印良品は本体が高いですが、パーツだけを交換して長く使うことができます。

無印良品はダイソーに比べてヘッドの種類が多く、作りがしっかりしています。

その一方で、本体価格が高くなってしまうため、購入費と維持費が掛かるというデメリットがあります。

最初の購入費用と交換パーツの価格を負担に感じないなら、ヘッド部分の種類が豊富な無印良品の方が細かく使い分けができそうです。

ダイソーのメリットはとにかく価格が安い点

(ダイソーのヘッド連結部分)

ダイソーのメリットはとにかく価格が安い点です。

ジョイント掃除シリーズは全て110円なので、まとめ買いしても1,000円以下で掃除道具が手に入ります。

今までの掃除用品は持ち手部分とブラシ部分が一体化していたため、どちらかが壊れると全て買い替える必要がありました。

ジョイント掃除シリーズは、ポールとヘッド部分が別々に販売されています。

価格が110円と激安なので、買い替えやすくなり、手軽に試しやすくなりました。

持ち手は、ヘッドだけの状態でも使える長さが保たれています。

浴室のバススポンジ、リビングのコロコロなど、手の届く範囲はポールをつけなくてもそのまま使えます。

連結部分は穴が開いているので、S字フックなどで引っ掛け収納も可能です。

ポールは共通なので、必要な時以外は収納しておくことで、見た目もスッキリします。

掃除道具を1か所にまとめておくことで、一元管理がしやすくなりますね。

使用して感じたこと

お風呂の天井用スポンジ、玄関ホウキ、フローリングワイパーなど、長い柄が収納できるスペースをそれぞれに準備する必要がありました。

ポールが共通になったことで、長い柄は1本だけになったので、省スペース化が実現しました。

カーペットクリーナーやフローリングワイパーは、シートやテープで満足度がかなり変わります。

100均のテープは粘着力が物足りないので、筆者は中のテープだけは市販品を使用しています。

(ダイソージョイントシリーズのクリーナーシート、テープは別売りです)

浴室の天井掃除は床が滑りやすいので、日頃から危険だと感じていました。

柄つきの掃除道具は市販品だと1,000円前後するので、110円で試せるのはとてもお得だと思います。

浴槽内に入って屈んで掃除していた方も、柄をつけることで腰や足の負担を減らすことができるかもしれません。

とはいえ、100均のポールですから、長さ調節のための連結部分は使用するうちに少しずつ緩んでいきます。

体重をかけるような使い方をすると、連結部分に負担が掛かり、緩みや破損の原因になります。

無印良品の掃除用品シリーズも、スポンジはまだ使えるのに、長さ調節やヘッド交換の連結部分が壊れてしまった、との口コミが多数ありました。

手軽に部品交換できるのは利点ですが、連結部分が壊れやすいのは価格が高くても安くても注意しなければならないポイントのようです。

無印良品にはデッキブラシやバス用ブラシなど、力を入れて使えるブラシがあります。

一方で、ダイソーのジョイント掃除シリーズにラインナップされている商品は、ホウキ、スポンジ、ワイパーなど、あまり力を入れる必要のないヘッドばかりです。

ブラシのように力を入れるヘッドは壊れやすいので、回避したのかもしれません。

思いっきりブラシでゴシゴシしたい人は、柄つきではなく手持ちタイプしかダイソーにはありません。

ポールを取り付けて使用する際は、ダイソーでも無印良品でも、連結部分がしっかり締まっていることを確認し、強い力を入れ過ぎないように注意して使用しましょう。

見た目の我慢ポイント

ダイソーのジョイント掃除シリーズは、見た目でも我慢ポイントがあります。

店頭商品を確認したところ、何度も長さ調節を繰り返した結果、表面がこすれたのか黒い点が見えるポールがありました。

物は数年単位で使えたとしても、見た目の美しさは数か月しか保てないかもしれません。

日常使用には問題ありませんが、見た目の変化は破損と違い、買い替えまで至らなくても、我慢ポイントになり得ます。

自分はどこまで妥協できるのか、考えてから購入する必要がありそうです。

さまざまな用途の掃除道具をこれ1本でそろう

100均のジョイント掃除シリーズは、無理な使い方をしないように気を付ける必要はあるものの、無印良品と同じようなシンプルな見た目の掃除道具を安価にそろえることができます。

新生活を始める方にとって、どこにお金を掛けるか、優先度は人によって異なります。

見た目のキレイさ、シンプルさ、価格、機能性。

ダイソーのジョイント掃除シリーズは、費用を節約しつつ、シンプルで無駄のない見た目で出しっぱなし収納でも美しさを保てるシリーズです。

掃除道具の目的に合致するのであれば、お部屋のキレイ維持に有効活用してください。(執筆者:山城 奈々)