au PAYは、「オートチャージ機能」に関して、セキュリティ強化を目的とした変更について大きく3点発表しました。

au PAY「オートチャージ機能」とは、au PAY残高の自動チャージ機能のことです。

これまでau携帯電話回線でも、それ以外の回線でも、等しくサービスが利用できていました。

今回はau携帯電話以外の回線では、大きな仕様変更となります。

ここでは、au PAY「オートチャージ機能仕様」の変更点と注意点、さらに影響をご紹介します。

au PAYのオートチャージ設定変更に注意

au PAY「オートチャージ機能」とは

設定内容に応じて、au PAY残高が自動でチャージされる機能です。

チャージ方法は、「リアルタイムチャージ」タイプと「一定額チャージ」タイプがあり、これまでは利用者で設定が出来たのですが、今回この設定に改定がありました。

チャージ方法は、

1. au PAYカード

2. かんたん決済

3. auじぶん銀行

の3つから選択できます。

※リアルタイムチャージ:au PAYで清算する際に「au PAY残高」が不足している場合、差額分を自動的にチャージする機能

※一定額チャージ:「au PAY 残高」が設定金額未満になった場合、設定金額を自動的チャージする機能

「オートチャージ設定」変更点

2022年4月27日の「オートチャージ設定」変更点について紹介します。

1. オートチャージ設定金額が最大5万円までとなる

これまでオートチャージ額は特に上限金額に制限はなかったのですが、2022年4月27日からセキュリティの観点で上限額が「5万円」までとなります。

2. auじぶん銀行を設定する際に、au携帯電話回線+au契約時に決めた暗証番号が必須

設定(変更も含む)をする際は、「au IDが紐づくau携帯電話回線」であることが必須となります。

au携帯電話回線とは、「au」「UQ mobile(5G対応料金プラン)」「povo1.0」を指し、Wi-Fiを含むそれ以外の通信回線は設定不可となります。

3. au PAYアプリにログインする際は暗証番号入力が必須

オートチャージを設定しているau PAYアプリへログインする場合は、2.「au IDが紐づくau携帯電話回線」にプラスして「au契約時に登録した4桁の暗証番号の入力」が必要となります。

auじぶん銀行のオートチャージ設定時に必要な2つの条件

まとめると以下のようになります。

1. au IDが紐づくau携帯電話回線での設定(Wi-FiはOFF)

2. au契約時に登録した4桁の暗証番号の入力

au携帯電話回線とは、「au」「UQ mobile(5G対応料金プランを利用中))「povo1.0」を指します。

つまり対象のau携帯電話回線ユーザーでないと、オートチャージの設定を変更することができません(現状維持は可能)。

また、あわせてau契約時の4桁暗証番号も必須となります。

オートチャージの設定変更に注意

今後のオートチャージ設定する際の注意点

今後オートチャージ設定する際の注意点をケース別に紹介します。

すでに5万円以上のオートチャージ設定をしている場合

4月26日までに5万円以上のオートチャージ設定をしていた場合、設定を変更しない限りは現設定でそのまま利用可能です。

au携帯電話回線以外も、すでに5万円以上の設定をしていたならば、変更しない限りそのまま利用可能です。

ただし、最大設定金額5万円に変更になったことから、1度でもチャージ内容を変更すると5万円を超える限度額の再設定は不可です。

au携帯電話回線以外の通信環境での設定変更

オートチャージ設定を「OFF」にした場合、再度「ON」設定は不可です。

これらのことを踏まえると、au携帯電話回線「以外」のユーザーは、

ずっと現設定で利用し続けるか

もしくは、オートチャージ設定は使わない

という2択となります

参照:KDDI au PAYのオートチャージなど一部機能を変更いたします

au「じぶんプラス」への影響

今回のau PAY「オートチャージ機能仕様」変更により、auのステージアッププログラム「じぶんプラス」に影響があります。

Pontaポイントが貯まる取引には、「キャッシュレス決済」ミッションがあります。

「au PAY残高へのオートチャージ、スマホ決済(残高へのチャージ)、じぶん銀行スマホデビットの利用でポイント付与(合計利用金額1万円ごとに1P~15P)」に関して、au PAY残高へのオートチャージ設定が解除されてしまった場合、付与されるPontaポイントに影響があります。

じぶんプラス
≪画像元:auじぶん銀行

今までどおり使いたいなら設定はそのままにしておくのが得策

セキュリティ面の対策とはいえ、突然の仕様変更を発表され、驚いた方も多いのではないでしょうか。

調整期間がなかったため、au携帯電話回線以外を使用していた利用者にとっては、現状「変更前の設定で利用し続けるか」もしくは「変更する場合、オートチャージ設定は使わない設定のみ可」という選択肢しかありません。

「じぶんプラス」で「オートチャージ機能」を設定してPontaポイントをもらっている場合は、付与ポイントに影響もあります。

そのため今後もオートチャージ設定、じぶんプラスのポイント付与を維持したい場合は、設定変更はせずにそのままにしておくのが得策でしょう。(執筆者:太田 玲世)