2022年早々始まったポテトショック。

一時は緩和したかと思いきや、5月に入り再びポテト不足による影響が出ています。

今回は、ポテトショック再来による影響と対策について紹介します。

ポテトショック再来

【ケンタッキー】5/9~「ポテト一時販売休止」

物流の混乱やコンテナ不足による影響で、ケンタッキーのポテトが販売休止となりました。

対象期間:2022年5月9日(月)~5月29日(日)まで

対象店舗:KFC一部店舗

対象商品:ポテトS、ポテトL、ポテトBOX

ケンタッキーフライドチキン全店舗でポテトの提供を休止しているわけではありませんが、ポテト好きにとっては悲しいニュースです。

しかし、ポテトの販売を中止する間は、きちんと代替品を用意しています。

ポテトの代わりに「ビスケット」または「クリスピー」を選べる

日本KFCホールディングスに問い合わせてみたところ、ポテトの販売休止中は、ビスケット・クリスピーのどちらかを選べるとのことでした。

個数については、ポテトのサイズによって異なります。

・ポテトSの場合は、1個

・ポテトLの場合は、2個

・ポテトBOXの場合は、5個

セット・ボックスに含まれるポテトの代替品も、サイズごとに個数が変わります。

ビスケット・クリスピー・ポテトSの単品価格は、すべて税込230円ですので、代替え品の提供でも損しません

ポテトLは330円、ポテトBOXは650円ですので、代替品の方が価格的には得します。

【バーガーキング】5/16~「ポテトのベビースターラーメンに無料で変更」

ポテトの代わりです

≪画像元:株式会社ビーケージャパンホールディングス

バーガーキングでは、ポテトの販売休止は行わないものの、在庫が安定して確保できない状況が続いています。

ポテトショック対策として、おやつカンパニーの商品をポテトの代替品として取り扱うこととなりました。

代替品となるのは、「ベビースタードデカイラーメン チキン味」。

変更する際に追加料金はかかりません。

実施期間:2022年5月16日(月)~売り切れ次第終了

対象店舗:全国のバーガーキング

対象商品:キングバリュー9種(550円・600円・650円各セット)

セットに付く「フレンチフライM」は、単品価格で税込300円。

「ベビースタードデカイラーメン チキン味」は市場価格で130円ほどのため、変更による

お得感はありません

しかし、「ベビースタードデカイラーメン チキン味」を選ぶと、もれなく「オリジナル限定ステッカー」が付いてくる特別感があります。

ステッカーもベビースターラーメンも数量限定、なくなり次第終了です。

お得感で言えばそれほどですが、ステッカーがもらえるのは今だけ。

ポテトショックの危機を救いたい!と思う方は、ぜひバーガーとベビースターラーメンの新しい組み合わせで食事を楽しんでみてください。

ポテト不足はまだまだ深刻

終わらないポテトショックは、コロナウイルスによる物流の混乱やコンテナ不足などが原因です。

コロナウイルスの感染が収まっていない今、じゃがいも不足は根本的に解決するのは困難を極めます。

ポテトが不足している今は、ぜひ代替品を楽しんで、お腹いっぱいポテトを楽しめる日が来ることを願いましょう。(執筆者:三木 千奈)