不用品やお宝をお金にしたいと思いメルカリを始めた時に、最初に現れる壁が

評価0のうちは、なかなか商品が売れにくい

という問題です。

この評価0という状態は、ある意味最も商品を「売りにくい」状態と言えるのです。

そこで今回はそんな評価0でもいかに商品を早く売るかのテクニックについて紹介していきます。

評価ゼロのときが1番しんどい

1. まずは安い商品をいくつか購入してみる

評価0の問題点は、購入者が

「はたしてこの出品者から商品を購入しても大丈夫なのか?」

と、評価がないため信頼性を判断できずに不安になることにあります。

購入者の多くは購入前に出品者の評価をチェックしますから、その判断基準がないと安心して購入できません。

そのため評価0の状態では商品が売れにくく、そうなると評価がなかなかつかないという悪循環におちいってしまいます。

この評価0問題を解決するのが、「とりあえず自分が商品を買って評価を増やしていく」という方法です。

たとえ出品者としての評価がなかったとしても、購入者としての評価がいくつかあれば、ある程度信用できるユーザーとして見てもらえるようになります。

そのため、たとえ安い商品でも良いですから、まずはいくつかメルカリで商品を購入し、評価をつけてもらうことが、評価0の状態から抜け出す最も手っ取り早い方法となります。

2. 商品写真や説明、プロフィールをしっかりと掲載する

商品を購入する際に購入者が事前にチェックするのが、商品の写真です。

メルカリを見ていると案外商品写真が適当に掲載されているものが多いのですが、見た目が重視される商品であるなら、できるだけきれいに写真を撮影することが、売るためには非常に重要なポイントとなります。

メルカリの商品写真はきれいなものを

さらに商品説明も同じように大切です。

商品に関する説明はどんな商品であるかは当然ですが、

・ どのような使われ方がされ、現状どのような程度なのか

・ どこで購入したのか

などの情報をしっかりと掲載しておきましょう。

そしてついつい手抜きしてしまうのが、プロフィールの説明です。

たとえ評価0の状態でも、「ていねいに対応いたします」など、プロフィールでも購入希望者に安心感を与えるような説明をしておきましょう。

もし他のフリマアプリなどでの実績があるのなら、その旨もプロフィールで紹介しておくと良いでしょう。

3. 値下げ交渉には柔軟な対応を

メルカリで商品を売る際に必須となるのが「値下げ交渉」です。

評価0でまだメルカリに慣れていないと、値下げ交渉されるとつい「カチン」と来てしまい、交渉に応じないという人も少なくないようです。

しかし値下げをしないまま商品が売れるというのは、

・ よほど相場よりも安い値付けがされている場合や、

・ ほかに同じ商品が出品されていない場合

ですから、通常ではほぼ値下げ交渉されることを覚悟しておかなければなりません。

そのため最初に商品の販売価格を決める時には、事前にある程度の値下げを前提とした価格設定にしておきましょう。

4. メルカリ便を使える発送法にする

メルカリには専用の発送方法である「メルカリ便」というサービスが用意されています。

このメリカリ便は価格的にもお得な設定になっていますし、なによりお互いに住所を知らせずに発送できる匿名発送にも対応しているとても便利な発送方法です。

しかしメルカリに慣れていないとその仕組みがよく理解できていないため、メルカリ便を避けて自分で発送手配する他の方法を選んでしまう人もいます。

発送方法は商品情報の中に含まれますので、もしメルカリ便を選んでいないと匿名発送ができませんから、その結果商品が売れにくくなることもあります。

事前にメルカリ便がどのような仕組みになっているかを理解して、発送方法はできるだけメルカリ便にしておくことが、評価0でも売れやすくするためのコツとなります。

メルカリ便の匿名配送を活用しよう

評価0は売れない問題を解決してしっかり稼ごう!

評価0の人が商品を売るためには、このようにいくつか注意するべきポイントがあります。

なによりまず信頼できる出品者として見てもらえるように、ていねいにプロフィールや商品情報、写真を掲載することが大切です。

さらにコメントなどで対応する際に、ていねいなやりとりを心がけて良い評価が得られる実績数を増やしていきましょう。(執筆者:メルカリ取引700回以上 石神 里恵)