丸亀製麺で、新作4製品をテイクアウトしました。

新作で話題の鬼おろし肉ぶっかけは、夏バテも乗り越えられそうな1品。

そして、6月15日に発売したばかりの「打ち立て丸亀 冷 うどん弁当」は、天ぷらもおかずも入ってコスパよし。

丸亀製麺大好きな筆者が、お得な利用法まで紹介します。

※値段はすべて税込表記です。

丸亀うどん夏の新作

丸亀製麺の夏の新作4品をテイクアウト!(レポ)

丸亀製麺の、夏の新作うどん、季節限定のうどん弁当をテイクアウトしました。

鬼おろし肉ぶっかけ

鬼おろし肉ぶっかけ

≪執筆者撮影≫

大本命の「夏うどん一番人気!」と書いてある「鬼おろし肉ぶっかけ」。

並690円

テイクアウト料金で追加+30円

ラーメン鉢に盛りつけました。

肉は別容器に入っています

≪執筆者撮影≫

テイクアウトそのままだと、こんな感じです。肉は別容器、鬼おろしは容器に入っています。

丸亀製麺のコシのある麺に、食感を残した粗め大根おろしの「鬼おろし」。そして、すき焼き肉のような「肉」入り。

大根おろしはお肉と一緒に食べると圧倒的に美味

≪執筆者撮影≫

甘辛い肉に、鬼おろしがさっぱり。

大根おろしはお肉と一緒に食べると圧倒的に美味!

トッピングすると彩りもきれい

≪執筆者撮影≫

テイクアウトするにあたって、空き容器を2つもらえたので、店内のねぎ、天かすをもらってきました。

トッピングすると彩りもきれいです。

ねぎは多めにもらってくるのがおすすめ

≪執筆者撮影≫

そして、ねぎトッピングで、ねぎの肉巻きだってできます。

肉単独でなく、野菜と食べるとよりおいしいため、できれば、ねぎは多めにもらってくるのがおすすめです。

すき焼きのような甘辛肉にたっぷりねぎは、文句なし!

すき焼きのような甘辛肉

≪執筆者撮影≫

もちろん、麺だってコシのある丸亀製麺の麺でおいしいです。

鬼おろし鶏からぶっかけ

鬼おろし鶏からぶっかけ

≪執筆者撮影≫

並690円

テイクアウト料金で追加+30円

家のラーメン鉢に盛り付けただけなのに、なんだか漂う「ごちそう感」。

高級うどん店の気分が味わえます。

だしを含んだ揚げなす

≪執筆者撮影≫

 

揚げたての鶏ももから揚げ、だしを含んだ揚げなすを添えた、食べ応えのある一杯。

こちらは、味が染みた「なすの煮びたし入り」。

そして、大根おろしの上には柚子の皮がふんわり香り、高級感もあります。

鶏もも肉がとにかく大きい

≪執筆者撮影≫

鶏もも肉がとにかく大きく、これが3個も入っています。

天かすをトッピングするといろどりもきれい

≪執筆者撮影≫

こちらもねぎ、天かすをトッピングするといろどりもきれいです。

鬼おろし肉ぶっかけとはまた違う1品でした。

なす天おろしうどん弁当

なす天おろしうどん弁当

≪執筆者撮影≫

なす天おろしうどん弁当

590円

丸亀製麺のうどん弁当は、麺が見えない豪華さ。

季節限定の「打ち立て丸亀 冷 うどん弁当」です。注文時、しょうがを入れていいか聞かれました。

左下のねぎ上のしょうがは、店舗によって入れない選択肢もできるようです。

子供向けに入れないなど工夫できていいですね。

特大なすの天ぷらに驚きます

≪執筆者撮影≫

天ぷらを蓋に移しかえました。こんなに天ぷらが入っています。

中に入っていたのは、

・なす天

・大根おろし

・ちくわ磯辺天

・野菜バラ天

・きんぴらごぼう

・玉子焼き

特大なすの天ぷらに驚きます。

打ち立てうどんは、ぶっかけうどん(冷)か、かけうどん(温)かを選べます。

鶏ももから揚げうどん弁当

鶏ももから揚げうどん弁当

≪執筆者撮影≫

鶏ももから揚げうどん弁当

640円

鶏肉料理がおいしいと口コミ評価でも高い

≪執筆者撮影≫

丸亀製麺を運営する株式会社トリドールホールディングスは、創業時、「トリドール三番館」焼鳥居酒屋を運営していました。

そのためか、鶏肉料理がおいしいと口コミ評価でも高いです。

肉汁溢れるジューシーな鶏肉が3つも入っています。

中に入っていたのは、

・鶏ももから揚げ(3個)

・ちくわ磯辺天

・野菜バラ天

・きんぴらごぼう

・玉子焼き

が入っています。

打ち立てうどんは、ぶっかけうどん(冷)か、かけうどん(温)かを選べます。

お得に食べるコツ

丸亀製麺でお得に食べるコツがあります。

1. アプリクーポンを使う

アプリクーポンを使う

≪執筆者撮影≫

丸亀製麺には、アプリクーポンがあります。

新製品の発売に合わせてクーポンが発券されていることも多いため、こまめなチェックが必要です。

今回、季節限定の「打ち立て丸亀 冷 うどん弁当」の割引クーポンが発券されていました。

クーポンには有効期限があるので、気になるクーポンは有効期限までに使用しましょう。

2. アプリ「スタンプ」で10個たまると「かしわ天」もらえる

10個たまると「かしわ天」

≪執筆者撮影≫

丸亀製麺アプリをインストールしたら、来店スタンプをぜひためましょう。

・アプリクーポンを利用した時

・レシートQRコードを読み込んだ時

スタンプ1個がたまります。10個たまると、「かしわ天」がもらえます。クーポンは「クーポンと交換する」をタップした後、約1か月の有効期限です。

「釜揚げうどんの日」にも使えます。「うどん札」とも併用できます。

ただし、1会計、1人あたり1クーポンのみ使えます。

3.  毎月1日は「釜揚げうどんの日」 7月1日も開催決定!

釜揚げうどんの日

≪画像元:株式会社丸亀製麺

丸亀製麺で、毎月1日は「釜揚げうどんの日」を開催しています。

・並290円 → 140円

・大410円 → 200円

・得530円 → 260円

そして、7月1日も開催が決定しました。1日限りのお得な日を狙ってみましょう。

庶民の味方「丸亀製麺」で夏バテ知らずで過ごそう

上で紹介したほか、dポイントカード提示や、集まったうどん札を使っての飲食もできる丸亀製麺。

「打ち立て丸亀 冷 うどん弁当」は、麺だけでなく、きんぴらごぼうや天ぷら、大根おろしもついてくるので、いろんな味が楽しめることが何より魅力。

鬼おろし肉ぶっかけと鬼おろし鶏からぶっかけの2つも、鬼おろし鶏からぶっかけには柚子の皮が鬼おろしの上にかけてあるなどの違いがありました。

イートインでもテイクアウトでも。おいしいうどんをお得に食べて、夏バテ知らずで過ごしましょう。(執筆者:谷口 久美子)