2022年参議院選挙、7月10日に投開票を控えています。

選挙に行くことなどで、割引が受けられる「選挙割」を利用することで、節約にもつなげられそうです。

この「選挙割」、一風堂、イオンや焼肉の和民など、選挙の後の外食でも割引が受けられます。

開催決定している3店舗を紹介します。

選挙に行って帰りにラーメンたべよう

選挙割とは

選挙割とは、投票した人などが選挙割参加店で受けられるお得な割引特典制度のことです。

7月10日に投開票される2022年参議院選挙に行った人、投票所に行き証拠写真を撮影した人が参加対象です。

選挙割の利用方法

選挙割の利用方法を紹介します。

1. 参議院選挙に行く、期日前投票も可

2. 投票した際、投票所の看板や張り紙の前で自撮り写真を撮影。もしくは、投票済証を受け取る。

3. 写真や投票済証をお店の人に見せることで「選挙割」が受けられる

期日前投票でも使える店舗もあり、既に開催している参加店もあります。

年齢制限もありません。※一部参加店舗では年齢制限をしている場合もあります。

選挙割のメリット・デメリット

選挙に行くことで、割引を受けられる制度のため、多くの人が政治に関心を持つメリットがある選挙割。

しかし、デメリットもあります。

メリット

・ 大手チェーン店も参加表明、行きつけの店舗が割引になっていればお得

・ 一部の店舗では未成年も割引を受けられる

・ イオンモールなどショッピングモールでも開催されている

デメリット

・ 選挙割を実施している店舗情報がまとまっていない

・ 対象者が学生限定など「○○限定」のこともある

・ 店舗によって期間が違う

・ 店舗によって選挙割のルール適用が違うので混乱しやすい

公式ホームページ以外、Twitterや店頭ポスターでの紹介もありそうなため、くまなく情報をチェックしておきましょう。

選挙割が利用できる店舗1:一風堂

一風堂の選挙割引
≪画像元:力の源グループ

ラーメン一風堂では、投票所で発行の「投票済証明書」を提示することで、ラーメン注文した人は

・ 替玉1玉か

・ 玉子1個

無料になります

販売店舗であれば、期間限定商品の「太つけ麺」の大盛りも対象です。

一風堂の選挙割有効期間は、7月10日~7月24日。

例えば、投票日の帰りに、投票済証明書を持ってそのまま一風堂へ行きラーメンを楽しみ、選挙割も利用できます。

一風堂の選挙割サービスは、期間中の15日間、何度でも楽しめます。

選挙割が利用できる店舗2:焼肉の和民

焼き肉和民のセンキョ学割
≪画像元:ワタミ

焼肉の和民でも「センキョ学割」と名付けられた選挙割を実施しています。

期間は、6月22日~7月10日

「2022年参院選に投票した学生」は、税込429円の好きな焼肉メニュー、またはドリンク1品がもらえます

選挙時、投票済証明書か投票所で撮影した写真、学生証を会計時に提示することで、会計金額1人2,000円につき1人分のセンキョ割が適用されます。

期間中、何回でも利用できます。

選挙割が利用できる店舗3:Uber Japan

ウーバーイーツの選挙に行こうキャンペーン
≪画像元:UberJapan

Uberが「選挙に行こうキャンペーン」を実施します。

利用者割引だけでなく、投票する配達パートナーにも特典があります。

・ 配達パートナー……Uber Eatsの 2,000 円分のプロモーションコード、最大5,000名にプレゼント

・ Uber Eats利用者……配達手数料が0円になる「Eats パス」2か月分(通常価格996円)、最大3万名にプレゼント

・ Uber 配車サービス利用者……Uberの配車サービスで使えるUberクレジット2,000 円分、最大1,000名にプレゼント

投票済証明書の撮影画像のほか、スマホのGPS情報を使った投票所前にいることを示すマップのスクリーンショットが必要です。

各イオンモールでも「選挙割」の特典がある場合も

イオンモールの選挙割
≪画像元:イオンタウン

イオンモールでも、「センキョ割」を実施しているところがあります。

例えば、イオンタウンユーカリが丘専門店では、イオンタウンホールで期日前投票した人対象で、

・ 専門店で使える紙クーポン

・ 飲食店対象のアプリクーポン

がもらえるサービスを実施しています。

期間は7月2日~7月9日。

お近くのイオンモールで実施しているかは、各自ご確認ください。

「選挙割」を有効活用すればお得を楽しめる

選挙に行くことでお得になる「選挙割」。

まだ、そこまで一般的にはなってきていないようですが、今後、少しずつ認知度が高まっていく可能性があります。

インターネットには非掲載のポスター告知などで独自に開催する店舗もありそうなので、行きつけの店舗が選挙割を実施しているか確認してみてください。

「一風堂」ではラーメンの替え玉が無料になるほか、イオンモールではクーポンがもらえるなど参加店ごとにさまざまな割引制度があるため、選挙に行った人は投票済証明書をもらい、割引制度を利用してみましょう。(執筆者:節約への情熱は誰にも負けない 谷口 久美子)