2022年の値上げラッシュは、スーパー・ドラッグストア・飲食店のほか、身近なコンビニも例外ではありませんでした。

そこで今回は、セブン-イレブンで今年値上げされた商品と、筆者が考える値上げ後もコンビニをお得に利用する方法について紹介します。

 お得に買い物 5つの対策

2022年セブン-イレブンで値上げされたもの

今年セブン-イレブンで価格見直しとなった商品から見ていきましょう。

〈2022年4月~〉

・米飯類の一部:2~13%程度

・麺類/パン類の一部:5~13%程度

・惣菜類の一部:3~15%程度

〈2022年7月~〉

・セブンカフェ ホットコーヒーR:100円→110円(+10円)

・セブンカフェ ホットコーヒーL:150円→180円(+30円)

・セブンカフェ アイスコーヒーR:100円→110円(+10円)

・セブンカフェ アイスコーヒーL:180円→210円(+30円)

お手頃感で人気集めたコンビニコーヒーの代表、「セブンカフェ」も、2022年7月よりアイス・ホットコーヒー4品が値上げとなりました。

夏に飲むことが増えるアイスコーヒーについては、最大30円の価格引き上げ。

アイスコーヒーLについては、税込価格で200円超えとなります。

また、今年4月にも、米飯・麺・パン・惣菜の一部商品の価格を改定。

これにより、最大15%の値上げとなりました。

15%というとそれほど大きくないようにも感じますが、

「お好み幕の内」は460円→496円

「セブンプレミアム さばの塩焼」は289円→321円

どちらも32円値上げとなります。

こうして値上げ額を数字で見てみると、家計への負担増は少なくない印象です。

参照:株式会社セブン‐イレブン・ジャパン 『セブンカフェ』の価格見直しに関するお知らせオリジナル商品の価格・規格見直しに関するお知らせ

値上げ後もお得利用する5つの対策

セブン-イレブンは身近にある便利なお店ですから、値上げ後も継続して利用する方は少なくないでしょう。

そこで今回は、値上げ後もお得に利用する対策について考えてみました。

対策1:公式アプリのクーポンを利用

セブン-イレブン公式アプリでは、定期的に割引クーポンを配信しています。

急いでいると見落としてしまいがちですが、ときどき無料・半額のクーポンが届いていることもあるので、チェック必須です。

また、セブン-イレブンを頻繁に利用する方は、条件達成ごとにもらえる割引クーポンも配信されますので、会計前に使える割引はないか確認しておきましょう。

対策2:まとめ買いキャンペーンを利用

セブン-イレブンはキャンペーンの開催が多く、すべて把握しきれないほど多い時もあります。

なかでも筆者がおすすめしたいのは、「まとめ買い割」のキャンペーン。

過去には、「ななチキ2個買うと100円引」「対象の揚げ物を2個購入で100円」を実施していました。

対策3:プライチ+1は要チェック

プライチ+1は要チェック

≪画像元:株式会社セブン‐イレブン・ジャパン

 

コンビニ各社で実施している、【1個買って1個無料】のかキャンペーン。

セブン-イレブンが実施する「プライチ+1」は、商品数が多く、お菓子・ドリンクなどジャンルのその時によって違います。

コンビニはスーパーよりも割高ですが、2個目無料なら実質半額。

価格を見比べてセブン-イレブンの方が安ければ、プライチ+1は節約にもつながります。

対策4:緑色シールの商品を積極的に選ぶ

緑色シールの商品を積極的に選ぶ

≪画像元:株式会社セブン‐イレブン・ジャパン

 

セブン-イレブンで、緑色のシールが貼られた商品は、食品ロス削減を目的とした「エシカルプロジェクト」によるもの。

消費期限が近い商品に貼られていて、購入するとnanacoポイントを5%進呈します。

対象商品は、おにぎり・寿司・お弁当・サンドイッチ・パン・麺類・グラタン・ドリア・お惣菜・サラダのほか、スイーツも含まれます。

その日のうちに食べるのなら、緑色のシールがついた商品の方はポイントがもらえてお得です。

対策5:スマホ決済各社の還元キャンペーンを活用

支払い方法もひとくふう。

スマホ決済各社のポイント還元キャンペーンなどを利用して、少しでも得しましょう。

とくに開催頻度が多いのは「PayPay」。

過去にはセブン-イレブンとのコラボキャンペーンも開催しており、還元だけなく半額クーポンの進呈企画も実施しています。

ちなみに8月中は、1等最大100%戻ってくる「ペイペイジャンボ」を開催中です。

値上げ後もセブン-イレブンでお得に買い物を

セブン-イレブンの値上げによる家計への影響は避けられませんが、くふう次第で値上げ分をカバーすることは可能です。

支払い方法やキャンペーン活用など、お得に買い物をすることを意識しながら、これからもセブン-イレブンを利用していきましょう。(執筆者:三木 千奈)