JR東日本の駅構内にあるコンビニ「NewDays」。

日々の通勤通学の合間の買い物のほか、旅行中にコーヒーやスイーツ、お弁当をなどを買うのにも便利です。

今日ご紹介する「NewDaysアプリ」は、そんな「NewDays」での買い物をよりお得にできる無料アプリ

この記事では、「NewDaysアプリ」をインストールすることで、どんなお得をゲットできるかについて紹介します。

アプリに登録すると 無料&割引クーポン 何かしらもらえる

NewDaysとは?

JR東日本がエリア内の駅構内を中心に展開する、コンビニエンスストアです。

飲み物やお菓子、軽食といった一般的なコンビニエンスストアで買えるもののほか、旅行のお土産となるようなお菓子、雑貨も扱っています。

「NewDays」のほか、駅構内の売店が進化した「NewDays KIOSK」があり、両方合わせた店舗数は650以上(2022年7月現在)。

この記事で紹介する「NewDaysアプリ」はいずれのお店でも使うことができます。

NewDaysアプリの特徴

NewDaysアプリ」は、そんなNewDaysをよりお得に活用するためのアプリです。

以下の特徴があります。

1. 割引クーポン、無料クーポンが届く

アプリをダウンロードしたのちに会員登録(無料)を行うことで、飲み物やパン、スイーツなどをお得に楽しめるクーポンが届きます

最近、定番と言っていいほどよく届くのは、NewDaysが商品開発をしている「NewDays EKInaCAFE」ブランドのスイーツやボトル缶ドリンク、チルドカップ、おつまみ類で、1点につき20-50円ほど割引になります

また、時期によっては無料で商品と引き換えられるクーポンが届くこともあります。

アプリ下部メニューの「クーポン」をタップすると、配信されているクーポンの一覧が開きます。

使いたいクーポンをレジで開き、クーポン下部の「いますぐ使用する」をタップした後に表示されるバーコードをスキャンすることで、会計にクーポンの内容が反映されます。

セルフレジで利用したい場合は、先に対象商品をスキャンした後で、クーポンのバーコードを読み込むことで割引が適用されます。

また、サンプリングを目的とした、飲み物やお菓子などの無料クーポンが配信されることもあります。

無料クーポンの場合は有効期限がごく短いので、見逃したくない方はアプリのプッシュ通知をオンにしておくとよいでしょう。

2. Suica・PASMO登録でスタンプが貯まり、割引クーポンと引き換えられる

ご自身のSuicaまたはPASMOを「NewDaysアプリ」に登録した上で、キャンペーン対象商品を購入するとスタンプが貯まり所定個数のスタンプが貯まるとさらに新たな景品がもらえるといったキャンペーンを実施しています。

現在実施中のキャンペーンには、

・ 挽きたてコーヒー、「EKI na CAFE カウンターコーヒー」を登録Suicaで10杯買うと100円引きクーポンがもらえ、レギュラーサイズが実質1杯無料になるキャンペーン(2022年9月30日まで)

・「EKInaCAFEスイーツ」を登録Suicaで10個買うと100円引きクーポンがもらえるキャンペーン(2022年9月30日まで)

・「谷川連峰の天然水 by From AQUA」を登録Suicaで5本買うと、1本無料クーポンがもらえるキャンペーン(2022年10月31日まで)

などがあります。

通勤途中などでコーヒーやお水をよく買う方は、「NewDaysアプリ」をインストールしてSuica・PASMOを紐付け、NewDaysで買い物をするだけで意識せずにスタンプが貯まっていきます。

筆者の場合も、久しぶりにアプリ上のスタンプ欄を開いたところ、コーヒースタンプが8つ貯まっていました。

アプリを設定したまま放置してしまっている方は、時折開いてチェックすることをおすすめします。

3. 新製品やキャンペーンの最新情報が配信される

アプリ内でのキャンペーンは、アンケートに答える形式のものが多く見られます。

回答すると、抽選で対象商品の無料引換クーポンや割引クーポンが配信されてきます。

どれも数タップ、30秒〜1分で答えられるものなので、特別な手間はかかりません。

また、アプリ画面右上からはNewDaysの公式twitterにもジャンプできます。

NewDaysはtwitter上でもフォロー&RT(リツイート)で商品が当たるキャンペーンをひんぱんに行っているので、あわせてチェックするとよいでしょう。

「NewDaysアプリ」には、いつも何がしかのクーポンが届いています。

移動中にのどが渇いた時やおなかが空いた時、アプリを開いてクーポンを確認すると、ちょうどよく適用できるものがあることでしょう。

JR東日本の駅を利用する機会のある方は、ぜひインストールしてみてください。(執筆者:星澤 美衣)