ウィリアム・モリスは19世紀を代表する芸術家です。

ウィリアム・モリスの壁紙や寝具類は、一般の商品よりも割高であることが当たり前でした。

100円ショップのセリアは、ウィリアム・モリスだけでなくゴッホやモネと同じ時代を生きた画家、ポール・シニャックの作品をモチーフにした商品まで100円で売り出しました。

今回は、美大時代から印象派やウィリアム・モリスが大好きな筆者も買ったセリアのお得すぎる商品を紹介します。

セリアの名作アート

金の箔押し入り「ウィリアム・モリス「薔薇」のレターセット」

レターセット

ウィリアム・モリスといえば「いちご泥棒」の絵柄が有名です。

青と落ち着いた緑の中にいちごの赤がアクセントになっているデザインは高級感があります。

「薔薇」は、「いちご泥棒」よりも赤と白が増えるため、より明るい印象の絵柄です。

薔薇の絵は、日本で描かれるバラよりも丸みがありますが、よくみると茎には棘が描かれています。

便箋と封筒の両方を買えば220円

セリアには「薔薇」「いちご泥棒」をモチーフにした便箋(20枚入り)と封筒(8枚入り)がそれぞれあります。

各110円(税込み)のため、便箋と封筒の両方を買えば220円です。

以前、ウィリアム・モリスのレターセットを見かけたときには数千円のセットで販売されていたため、比べ物にならないくらいの安さです。

金箔押しで高級感

高価な商品とセリアの商品の違いは、便箋の裏側です。

高価な商品は便箋の裏にも一面に絵柄がプリントされていました。

セリアの商品は、裏は真っ白の無地です。

「いちご泥棒」はとても有名で品のある柄ですが、お礼や手紙を書くときには「薔薇」の方が明るくなるかもしれません。

便箋の裏は真っ白ですが、封筒の下にある箔押しは凹凸があり、とても100均とは思えないレベルです。

使い方次第で1,000円にもなれる「ウィリアム・モリスのデザインシート」

ウィリアム・モリスのデザインシート

セリアのシリーズ「ウィリアム・モリスワールド」には缶やシールもあります。

「いちご泥棒」の缶は、品出しを待てずに店員から直接受け取る人が続出するほどの人気です。

クリップを入れたり、キャンディを入れたりするにはちょうどいいサイズですが、筆者には小さすぎるサイズでした。

デザインシートは、いわゆる「大きなシール」です。好きな缶や入れ物に貼ることでウィリアム・モリス柄のオリジナル容器を作れます。

筆者はセリアでウィリアム・モリスのデザインシート(3柄9枚入り)を110円で購入し、自宅で使っているマスクケースに貼ってみました。

スリコで買ったマスクケース

マスクケースは、以前に3COINSで買ったものです。

シンプルなデザインで使いやすいのですがシンプルなデザインに飽きていたところでした。

デザインシートは、マスキングテープと同じ厚みのため、下地が透けます。

マスクケースは黒地だったため、柄の色味はかなり暗くなりました。柄をきれいに見せるためには、下地が白色のものを選ぶといいでしょう。

それでも「いちご泥棒」のデザインシートを一面に貼っただけで雰囲気はガラッと変わりました

雰囲気が変わりました

330円でかったマスクケースとは思えない高級感が漂っています。

デザインシートは、各柄3枚ずつ入っています。

3枚のシートは柄が連続しているため、くっつけて貼れば3枚連続したひとつの絵柄になり、かなり大きな入れ物や引き出しにも使うことができるでしょう。

存在感のある柄が特徴

ウィリアム・モリスの柄は存在感があるため、タンスの引き出しひとつに貼っただけでも「ウィリアム・モリスのタンス」という雰囲気が漂います。

110円のシートですがアイデア次第で1,000円以上のモノを作れます

点描が見事にプリントされている「ポール・シニャックのジッパーバッグ」

ポール・シニャックのジッパーバッグ

ポール・シニャックは、モネの影響を受けた画家です。

ポール・シニャックの絵は、小さな点で描かれています。これは点描法という描き方で、絵を離してみることで頭の中で点の色を混ぜ合わせて鑑賞します。

セリアには、ポール・シニャックの作品がプリントされたジッパーバッグがあります。

6枚入りで110円とは思えないプリントで点描もきれいに表現されています。

ジッパーバッグを離してみると点がぼやけてきれいな風景画がみえます。

点がぼやけてきれいな風景画

10月はハロウィンです。ハロウィングッズといえばカボチャや魔女が一般的ですが、ポール・シニャックのジッパーバッグにお菓子を小分けにしてもおしゃれではないでしょうか。

ちょっと残念「ウィリアム・モリスの10月はじまりの手帳」

ウィリアム・モリスの10月はじまりの手帳

ウィリアム・モリスの10月はじまりの手帳もあります。

一目ぼれで買ったのですが、開けてみるとちょっと残念。

手帳の表紙に「いちご泥棒」の絵柄がプリントされているのではなく、ビニル製のカバーの間に「いちご泥棒」がプリントされた紙がはさまっていただけだからです。

ちょっと残念な部分

「これなら手持ちの手帳にデザインシートを貼った方が得だった」

と思ってしまいました。

「ウィリアム・モリスワールド」の魅力と人気の高さに圧倒されてしまい、つい買いすぎてしまいますが、やはり無駄のない買い物をするためには、ひとつひとつを吟味したほうがよさそうです。

ウィリアム・モリスやポール・シニャックの作品をモチーフにした商品はセリアの「マスターピースコレクション」というシリーズのひとつです。

マスターピースとは名作という意味です。

まさに「マスターピースコレクション」はセリアの名作になる「お得すぎる商品」です。(執筆者:式部 順子)