筆者は、しばしば「オーケーが近くにあっていいな」と言われます。

それほど主婦にとってオーケーは「安いスーパー」で有名なのです。

今回は、オーケーをひんぱんに利用する筆者が、オーケーでよく見かけるPOPのお得度とおすすめの買い方を紹介します。

オーケーのPOP、1番お得なのはどれだ?

「競合店に対抗して値下げしました」は安心して買えるPOP

オーケーでは、値札の上にひと言コメントが添えられていることがあります。

競合店に対抗して値下げしました

筆者は、このコメントがあると安心して買うことができます。

なぜならば「競合店に対抗して値下げしました」というコメントは、オーケー周辺にある競合他社よりも安く売っていることを意味しているからです。

スーパーをはしごしたときに、「こっちのスーパーのほうが安かった」と後悔した経験はないでしょうか。

「競合店に対抗して値下げしました」と表示してある商品は、すでに競合他社と比べてより安く価格設定されたことの証なのです。

オーケーの店内には「万一、他店より高い商品がございましたら、お知らせください。値下げします。」と掲示してあります。

賞味期限間近など特別な理由がなく競合他社よりも高く売っている場合は、「申し出により値下げする」ということです。

「競合店に対抗して値下げしました」は、客の誰かが申し出たのか、調査によって値下げされたのかはわかりませんが、「ここで買えば後悔はさせません」という強い思いの表れです。

オーケーの競合店に対抗して値下げしました

≪画像元:オーケー

「取り扱い中止の為、値下げしました」は急いで買いたいPOP

オーケーに買い物に行くと、ときどき白地に青い字で

取り扱い中止の為、値下げしました

と書かれたPOPを目にします。

ほかの明るいPOPと違い、心なしかさみしい色味で目立ちます。

「取り扱い中止の為、値下げしました」はその文字通り、取り扱いが中止になるため、売り切り次第終了する商品です。

さっさと売り切って商品棚をあけるため値下げしているのです。

「取り扱い中止の為、値下げしました」と書かれた商品は、普段ならば値下げされにくい商品も多くあります。

また、アイスやお菓子は期間限定で販売された商品も多く、期間中は1100円以上で売られていたものが約55円まで値下げされていることもありました。

筆者も買い物中に「取り扱い中止の為、値下げしました」のPOPを見かけたときには、できるだけ買うようにしています。

23個買って帰宅してから「もっと買えばよかった」と思い、翌日訪れると、ほとんどの場合売り切れています。

「取り扱い中止の為、値下げしました」は、売り切り次第終了のため、気に入ったものがあればタイミングを逃すことなく買うことをおすすめします。

紹介する3つのPOPの中で1番お得度が高い印象があります。

「特別提供品コーナー」は宝探し感覚で買うPOP

特別提供品コーナー

は、買い物のたびに宝探し感覚でのぞきます。

なぜならば「特別提供品コーナー」は一期一会の出会いの場だからです。

このコーナーにある商品は、オーケーにいつもある商品ではありません

なんらかの理由で突発的に安く仕入れた商品のため、売り切れ次第終了です。

商品の傾向は、ちょっと個性的なものが多いようですが、商品によっては近くのスーパーの半額で売っていることもあります。

缶詰やお菓子など幅広いジャンルの商品があり、お気に入りがあればとてもお買い得です。

オーケーでお買い得商品をみつけるコツ

オーケーでは、紹介した3つのPOP以外にも、不定期に置かれている見切り品のワゴンもあります。

一般的なスーパーでは「痛んで売り物にならない野菜」がほとんどですが、オーケーの見切り品は「まだ売れるのでは」と思うものや普段は買えない高価な果物が混ざっています。

筆者は、見切り品のワゴンの中で、和歌山県産の贈答用シャインマスカットを見つけて購入したことがあります。

見切り品でありながらも11,000円という高価なものでしたが、オーケーの見切り品のレベルの高さを実感する商品でした。

シャインマスカットをオーケーの見切り品で発見するという奇跡

お買い得な見切り品も、「取り扱い中止の為、値下げしました」や「特別提供品コーナー」も、みつけるタイミングが大切です。

足しげく通い「なにかいいものはないか」と隅から隅までPOPを読み、商品棚の端から端までを見ることがタイミングを逃さないコツです。

そして、運よく見つけたときには迷わず思い切って買うことが、オーケーで得するポイントです。

オーケーは「毎日が特売日」というキャッチコピーの通り、特売日の設定がありません

また、よくある「おひとり様1個まで」という数量制限もないため、不平等感を感じたり損した感覚を味わったりすることなく買い物ができるスーパーです。

POPをみれば、スーパーの思い入れが伝わってきます。

オーケーには、商品のマイナス面を伝えるオネストカード(正直カード)があります。

「天候が悪くて色がよくない」と書いてあれば、多少値段と品物のバランスが悪くても納得してお金を払うことができます。

ストレスのない節約をするコツは納得してお金を払うことです。

オーケーで納得できる買い物をしてみてはいかがでしょうか。(執筆者:式部 順子)