アメリカン・エキスプレス・カードが正式名称であり、区別のためわかりやすく「アメックス・グリーン」と呼ばれていたカードがあります。

2022年9月28日にこのカードの正式名称が「アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード」に変わりました。通称が正式名称になったのです。

合わせて、新規入会者については「年会費」(1万3,200円)から「月会費」(1,100円)に変更となります。

家族カードは月550円です。

月会費に見られる通り、新たに始まるサービスは強く「サブスク」を意識しています。

内容についても「旅行に強いアメックス」から、スマホ補償を始めとする日常の特典に舵を切っています。

デザインは変わりません。ローマ兵士(百人隊長)はそのままです。

新生アメックス・グリーンの実益を見ていきます。

アメックス・グリーン

アメックスグリーンのサービスが変わった

通称が正式名称となったグリーンは、サービスも変わりました。

「グリーン・オファーズ」と総称されるサービスの中身を見ていきます。

スマートフォン・プロテクション(スマホ補償)

現代人には重要な補償が付きました。

スマホの補償なのですが、修理代ではなく、本体購入代金を補償してくれるという内容です

スマホ画面を割る、水ぬれさせる、あるいは火災や盗難の際の端末購入代金を、上限3万円までカバーしてもらえる仕組みです。

Android端末なら十分な補償となります。

サービスいろいろ

月会費になったアメックス・グリーンらしく、提供するサービスもサブスクの内容が多くなっています。

このようなサービスが始まります。

・ エノテカ(ワイン)オンラインショップ常時5%オフ

・ ベルリッツ(英会話)入学料10%オフ

・ ブランドバックレンタル(新規3か月間は月額1,100円)

・ 高級時計レンタル

・ メルセデスのレンタカー(ポイント5倍)

・ menu(フードデリバリー)割引

・ Norton(セキュリティソフト対象商品1年目特別価格)

・ ベネフィット・ステーション(2023年開始)

サービスは今後も随時増えていくということです。

プライオリティ・パスは変更なし

国内外の空港VIPラウンジが使えるプライオリティ・パスは、通常のクレジットカードではプラチナ以上のカードユーザーの特典です。

プライオリティ・パスが無料で持てる点は、アメックス・グリーンのメリットで、このサービスは引き続き付いています。

ただしVIPラウンジ利用時に1回32米ドル掛かるタイプですが、その価値はあるでしょう。

空港ラウンジ

廃止されるサービス

2023年2月末日をもって、次のサービスは廃止です。それまでは使えます。

・ エアポート送迎サービス

・ 手荷物宅配サービス

・ 空港無料ポーターサービス

・ 空港クロークサービス

・ 空港ラウンジ同伴者無料廃止

アメックス・グリーンへの誤解

従前から変わったサービス内容を見てきましたが、次にアメックス・グリーンにありがちな誤解をご紹介します。

誤解は新カードにも引き継がれると思われるので、解いておきましょう。

1. 審査が厳しいわけではない

アメックスの入会審査は厳しくなく、むしろ日本のカードに比べてゆるいケースもあります。

日本のカードと審査の中身が違うのです。

アメックスの場合、不自然な利用があるとすぐにカード利用を止めてしまうことが知られており、支払いの滞る人を排除しやすいのでしょう。

自分には手が届かないと考えず、申し込んでみてはどうでしょう。

だからといって、「世間の評価も実は大したことがない」というカードでもありません。

多くのユーザーが高い年会費(改め月会費)を支払っているのは、満足度の高さからです。

2. ポイント還元率は低い(ANAマイルを除く)

アメックスのポイント還元率は高くありません

「利用額100円につき1ポイント」と聞くとよさそうですが、「1ポイント=1円」でないので、還元率1.0%ではありません

還元率は初期状態で0.33%とごく低く、オプションである「メンバーシップ・リワード・プラス」(年間参加費3,300円)に加入してようやく0.5%です。

メンバーシップ・リワード・プラスに加入するとポイント無期限となりますが、すぐ加入しなくても構いません。

たまったポイントを1度交換すれば、誰でもポイント無期限となります。

そのままため続け、ポイント交換の必要な年にメンバーシップ・リワード・プラスに入ると効率的です。

それでもなおポイント交換率の低い中、良い数字になるのがANAマイルへの交換です。

こちらだと、マイル還元率1.0%になるので十分です。

ANAマイルは1マイル=1円で使えるので、「大きくためたらまず、ANAマイル」が最も得な方法です。

ANAマイル

3. 一律の限度額がないが、使い放題ではない

アメックスには「一律の限度額設定」がありません

ですが、「いくらでも使って良い」わけではなく、高額商品をいきなり購入すると、しばしばカード利用不可になります

デスクに相談すれば、事前入金などの方法により、購入可能です。

日本のカードと文化が違うのですが、慣れましょう。

4. 海外旅行傷害保険は低補償

アメックス・グリーンは世間ではゴールド扱いのカードで、空港ラウンジ(国内・ホノルル)も利用できます。

ですが、落とし穴が「海外旅行傷害保険」です。

利用付帯(事前に旅行代金のカード決済が必要)は良いとしても、現地で治療を受ける際の限度額が100万円しかありません(本人、家族カード会員、家族いずれも同額)。

これだけで海外に行くのは危険です。

新生アメックス・グリーンのサービスに期待

生まれ変わったアメックス・グリーンでは、空港関連のサービスが大部分終了し、生活に密着するサービスが増えました。

特に、スマホ補償サービスは注目を集めそうです。

アメックス・グリーンでは現在、入会キャンペーン実施中です。

入会翌々月末までに20万円カード利用すると、1万3,000ポイントもらえます。

また、1か月目は月会費無料です。

スマホの補償が欲しい人にとっては、月会費は意外とリーズナブルかもしれません。ご活用ください。(執筆者:沼島 まさし)