※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事

楽天カードがポイント還元の計算方法を改悪。毎月どのくらい損する?対処法と代替案も紹介

節約・ポイ活 クレジットカード
楽天カードがポイント還元の計算方法を改悪。毎月どのくらい損する?対処法と代替案も紹介

改悪が続く楽天関連サービスですが、今度は楽天カードのポイント還元の計算方法が変更されます。

使い方によっては、実質還元率が1%以下になるため注意が必要です。

実際にどのくらい損するのかシミュレーションした結果と、代替案を紹介します。

楽天カードのポイント還元の計算方法変更

楽天カードがポイント還元の計算方法を変更

今回の楽天カードの変更の詳細は、以下のとおりです。

  • 2023年10月請求分まで:毎月の利用金額の合計に対し1%ポイント還元
  • 2023年11月請求分以降:1回の買い物ごとに1%ポイント還元

楽天カードではこれまで、毎月の利用金額の合計に対し、100円(税込)につき1ポイントの還元を受けられました

ですが2023年11月の請求分より、1回の買い物ごとの金額100円(税込)につき1ポイント付与に変更されます。

同じ1%還元なので違いがないように感じるかもしれませんが、変更後の場合、買い物ごとに99円以下の端数が切り捨てられる点が大きく異なります。

そのため毎月の利用金額を合計した場合に比べて、1回の買い物ごとのほうが獲得ポイントが減ってしまうのです。

改悪後の損失ポイントのシミュレーション

楽天カードのポイント還元の計算方法が変更された後、獲得ポイントはどのくらい減るのでしょうか。

ひと月に以下の利用があったと仮定し、変更前と変更後でどのくらい違うのか比較してみました。

利用内容金額変更前の

獲得ポイント

変更後の

獲得ポイント

ショッピング利用①1万520円105P
ショッピング利用②5,899円58P
ショッピング利用③1万5,778円157P
コンビニ利用①276円2P
コンビニ利用②98円0P
外食代9,691円96P
サブスク代2,189円21P
携帯代6,820円68P
合計5万1,271円512P507P

合計で5万1,271円の利用に対し、還元ポイントは変更前が512ポイント、変更後は507ポイントという結果になりました。

毎月5ポイントの差が出るため、年間だと60ポイント損する計算になります。

そこまで大きな損失ではないので、多くの人は気にするほどではないかもしれません。

ただし端数が発生する買い物の回数が多い場合、損しやすくなるため注意が必要です。

特に「コンビニ利用②」のように、99円以下の買い物ならポイントが全く付かないため、楽天カードでの決済は控えたほうが良いでしょう。


楽天カード改悪後の対処法と代替案

楽天カードのポイント還元率は計算方法が変わっても、そこまで痛手ではないことがわかりました。

しかし、これまでよりは獲得ポイントが減ってしまうため、3つの対処法と代わりの案を紹介します。

1. 楽天銀行デビットカードを使う

楽天銀行デビットカードは、楽天銀行口座に付帯するデビットカードで、国際ブランドはVisa・Mastercard・JCBの3種類から選べます。

クレカと同じ感覚でお買い物などに利用できて、これまでの楽天カード同様、毎月の利用金額の合計に対して1%相当の楽天ポイントが貯まります。

楽天カードは公共料金を支払うと還元率が0.2%に下がるデメリットがありますが、楽天銀行デビットカードなら1%還元です。

ただし楽天SPUには非対応のため、楽天市場の買い物は楽天カードを使ったほうが良いでしょう。

高速道路やガソリンスタンドなど一部使えない場合もあるため、楽天カードとうまく使い分けることをおすすめします。

2. 楽天ペイを使う

コンビニやスーパーなどでのお買い物は、楽天カードではなく楽天ペイの利用がおすすめです。

楽天カードから楽天キャッシュにチャージして、楽天ペイの支払いに使えば、最大1.5%の楽天ポイント還元を受けられます。

1,000円ごとにまとめてチャージすれば、端数による損失も防ぐことが可能です。

ただしお店側が楽天ペイに対応している必要があるため、あくまで対象店舗に限った方法となります。

楽天ペイもここ最近でポイント付与対象外が増えたので、あらかじめ以下記事でポイントが付くか確認してご利用ください。

3. 毎月の合計金額にポイントが付くクレカに切り替える

「楽天ポイントにこだわらないから、月の合計でポイント還元されるクレカが欲しい」

という人は、以下のクレジットカードがおすすめです。

カード名還元率貯まるポイント
リクルートカード1.2%リクルートポイント
JCBカードW1%Oki Dokiポイント
TカードPrime1%

日曜日なら1.5%

Tポイント
オリコカード ザ ポイント1%オリコポイント

上記は年会費無料(TカードPrimeのみ年1回利用で無料)で、利用金額の合計に対し1%以上のポイントが貯まる高還元クレカです。

ポイントの使い道を考えた上で、自分に合いそうなら乗り換えを検討しましょう。

代替カードを探してみよう

今後の情報に注意を

楽天市場や楽天SPUが次々に改悪される中、ついに楽天カードも還元ルールが変更されます。

度重なる変更は楽天モバイルの損失補填のためと言われており、今後も何らかの変更が入る可能性があります。

今後の情報に、引き続き注目しましょう。(執筆者: 西本 衣里)

《西本 衣里》
この記事は役に立ちましたか?
+20

関連タグ

西本 衣里

執筆者: 西本 衣里 西本 衣里

無駄のないポイ活を常に研究している主婦。ポンタと楽天メインだが、大量ポイントゲットのチャンスがあればどんなポイントも使いこなす。過去最高は月に1万ポイント。激辛好き。 寄稿者にメッセージを送る

今、あなたにおススメの記事

特集