※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事

楽天ペイが国税対応に 地方税や公共料金と同様にポイントゲット可能に

節約・ポイ活 キャッシュレス
楽天ペイが国税対応に 地方税や公共料金と同様にポイントゲット可能に

楽天ペイがついに所得税などの国税納付に対応できるようになりました。

税金の納付でポイント還元が受けられ、手数料もかからないのでかなりお得です。

しかし、すでに対応可能となっている公共料金の支払いや地方税の納付とは利用方法が異なるので注意が必要です。

知っておくと便利でお得な「楽天ペイの国税納付」について詳しく見ていきましょう。

24時間いつでも自宅で簡単に納付できる!

楽天ペイが公共料金や地方税に加えて国税も支払い可能に

2023年12月21日から楽天ペイで国税が払えるようになりました。

国税とは、所得税・法人税・相続税・贈与税・消費税・酒税・たばこ税・自動車重量税などをさします。

会社員の方はあまり聞きなじみがないかもしれませんが、個人事業主の方はなじみ深いものが多いと思います。

楽天ペイでは、2023年4月から公共料金や地方税の請求書払いが可能になっていますが、今回国税納付にも対応したことで、より使いやすくなったといえます。

どちらも楽天ペイを利用すれば、24時間いつでも自宅で簡単に納付できるのでとても便利です。

もちろん手数料もかかりません

楽天ペイなら税金納付でポイントゲットできる!

楽天ペイで国税を納付する一番のメリットは「楽天ポイントをゲットできる」ことです。

楽天カードからのチャージで楽天キャッシュ払いにすることで0.5%の還元が受けられます

例えば、10万円納付すると500円分のポイントが貯まります

現金での納付だと一切還元なしなので、この還元はうれしいですね。

同じくポイントを貯める方法にクレジットカード払いがありますが、決済手数料がかかります。

例えば、楽天カード支払いで国税を10万円納付する場合、0.2%還元(200円)となりますが、決済手数料が836円かかるためお得とはいえません

楽天ペイで支払う方が圧倒的にお得です。

楽天ポイントを使って納税できる!

さらに嬉しいのが貯まった楽天ポイントを納税に利用できるという点です。

通常ポイントだけではなく期間限定ポイントも利用できるので、キャンペーンやお買い物で貯めたポイントで税金の負担をぐっと軽くすることができます。

楽天ペイの国税納付の注意点

楽天ペイに限ったものではないのですが、国税のスマホアプリ納付が可能なのは1回30万円以下の場合に限られます。

納付する金額が30万円を超える場合は、ダイレクト納付(e-Taxによる口座振替)やインターネットバンキングによる電子納税などを利用する形になります。

また、楽天ペイの国税納付は公共料金や地方税の請求書払いとは支払い方法が異なります

・ 国税(所得税・相続税・消費税など)

国税スマートフォン決済専用サイトからスマホアプリ納付で楽天ペイを選んで納付

・ 公共料金や地方税(住民税・固定資産税・自動車税など)

楽天ペイアプリの「請求書払い」でQRコード(またはバーコード)を読み取りして納付

どちらも操作自体は簡単ですが、納付方法が異なることは覚えておきましょう。

国税納付も楽天ペイでお得に納めよう

これまで税金の納付は現金がスタンダードで、ポイント還元できる方法はあまりありませんでした。

しかし、国税のスマホアプリ納付や地方税の請求書払いに楽天ペイが対応したことで簡単に0.5%還元が受けられるようになりました。

楽天ペイ以外のスマホ決済でも税金納付に対応しているものがありますが、アプリや税金の種類によってポイント還元の可否がさまざまでややこしいです。

その点、楽天ペイは国税も地方税も0.5%還元とわかりやすく、納付方法も簡単なので使いやすいと思います。

税金の納付もポイントゲットのチャンス。

楽天ペイを活用してお得に納税をすませましょう。

《浦辺 愛美》
この記事は役に立ちましたか?
+6
浦辺 愛美

執筆者: 浦辺 愛美 浦辺 愛美

転勤族の夫・保育園児の娘と暮らすアラサーママです。昨年インテリア会社の正社員からフリーライターに転身しました。子どもとの時間を大切にしながら、ストレスなしの固定費節約とほったらかし投資で貯蓄4,000万円を達成!誰にでもできる簡単節約法や家計管理のコツをご紹介します。 寄稿者にメッセージを送る

今、あなたにおススメの記事

編集部おすすめの記事