※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事【30名に1000円分のQUOカードプレゼント】マネーの達人LINEアカウントを登録して1,2分のアンケートに答えるだけ!

メルカリ年収30万円以上!4月の売上と5月のおすすめ出品物

節約・ポイ活 出品アプリ
メルカリ年収30万円以上!4月の売上と5月のおすすめ出品物

筆者は、メルカリの実績1,000件オーバー、毎月断捨離で出た不用品を出品しています。

4月は3月とは少し違った商品の売れ行きがよかったように感じます。

売上はそこまで高くありませんが、月の後半はほぼ毎日発送していたので、不用品が減ってスッキリ。

4月の売上や売れたもの、おすすめの出品物を紹介します。


4月に出品したものと理由

4月に出品したものは主に、

・ スキンケア用品

・ コスメ

・ 本

・ 衣類

でした。

スキンケア用品は毎月断捨離をしているので、毎回登場するジャンルです。

コスメは4月頭に一部断捨離をしたので、そのときに出た売れそうなものを数点ですが出品しました。

筆者は読書が趣味なので紙の本がたくさんありますが、本棚に入りきらなくなったタイミングで断捨離をします。

4月半ばに本棚を断捨離したので、4月は本も出品しています。

衣類は衣替えしたときに出た春物のシャツや部屋着です。

衣類はこまめに断捨離しているので出品数は少なめ。

今年も早く暑くなりそうなので、最初から売り切り価格で出品しました。

売るために注意したこと

今回売るために注意したことは、

・ 早く売りたいものは低価格で出品する

・ 単品で売れないものはまとめて再出品

・ 単価が高いものはまとめ売りしない

この3つです。

春物の服は売るチャンスを逃すと一年先まで出品が出来なくなるため、始めから1,000円以下で出品しました。

3月末までで単品で売れなかったものや、定価が安いコスメ、単品で300~500円でしか売れていない本は、初めからまとめ売りしたり、まとめ売りに再出品したりもしました。

1つ3,000円以上で売れているものは、まとめ売りしないようにするというのも注意したポイントです。

同メーカーの化粧下地とファンデーションを売りたい場合で説明します。

化粧下地とファンデーションはセットで欲しい方もいますが、一つあたり3,000円が相場だった場合、2つまとめて出品してしまうと6,000円の販売価格になるでしょう。

6,000円でも定価よりは安いはずですが、決して低い金額ではないので購入のハードルが上がります

一つ3,000円であれば6,000円よりは安いため、購入しやすさもアップすると考え、単品売りしていました。

その結果、セットで5,000円を超えるものより早く売れたので、筆者的には効果があったかなと感じています。

売れ行きはどうだった?

即売れ・通常通り・売れ残りの商品とその理由を考えます。

4月の売上は約2万5,000円でした。

即売れしたものはありませんでしたが、有名作家の本は出品から2日程度で売れました。

通常通りだったのは人気ブランドの化粧品、売れ残ったのは春物の衣類と一部の書籍、知名度の低いスキンケア用品、コスメのまとめ売り、一つ5,000円以上するものです。

春物の衣類はかなり安い値段に設定してはいるのですが、定価が安いものなので、最低価格の300円にしないと売れないかもしれません

一部の書籍、知名度の低いスキンケア用品も同様です。

コスメのまとめ売りはまだ少し高めの値段に設定しているので、折りを見て値下げします。

一つ5,000円以上するものはそもそも売れにくいので、こまめに100円ずつ値下げしてみる予定です。

5月は何が売れる? おすすめの出品物

4月の時点ですでに真夏の気温の日もありますので、5月は夏物の服や夏のレジャー用品を出品すると売れやすいかもしれません。

コンビニではもう花火が販売されていました。

6月の梅雨の時期のために、5月半ばからはレインコートやレインブーツも良いでしょう。

筆者は引き続き4月に売れ残ったものの再出品と、衣替えをしたら夏物を出品する予定です。

メルカリはコツコツ出品していくのが大事ですから、5月も一緒に頑張りましょう。

《石神 里恵》
この記事は役に立ちましたか?
+1
石神 里恵

執筆者:メルカリ取引700回以上 石神 里恵 石神 里恵

OLとしてブラック企業に7年間勤めたのち、ライターとして独立。美容・恋愛・節約系を中心に記事を執筆しています。ライター活動の傍らで、ライティングスクールのアシスタントも担当。読み手が「助かった!」と思えるような記事の執筆を心がけています!メルカリ公式サロンメンバー 寄稿者にメッセージを送る

今、あなたにおススメの記事

編集部おすすめの記事