さて、今日は分散投資3つのポイントの2つ目について

お話しさせていただきたいと思います。

「ボラティリティ」という言葉を聞いたことはありますか?

すごく簡単に説明をすると、過去の資産価格の

変動の激しさを表すパラメーターです。

要するに・・・

ということです。

上図のaは価格の変動幅が大きいので、「ヴォラティリティが高い」

と言います。逆にbは価格の変動幅が小さいので、

「ヴォラテイィリティが低い」と言います。

この過去の変動幅を元に、

その投資対象のリスクがどの程度なのかが見えてきます。

要するに、この価格変動率が高いということは、

将来的にも大きく価格が変動する確立が高いので、

ハイリスクということになります。

例えば、このヴォラティリティが10%だと表記されて場合、

過去の価格変動が基準値から、±10%で上下していたということになります。

100万円が90万円になったり110万円になったということですね。

これでどれだけのリスクを自分でとれるのかを考えながら、

ポートフォリオを組むことが出来ます。

一般的に、普通の個人投資家がとれるリスクの許容量は

約20%といわれています。

100万円が80万円になるリスクを我慢できる人。

ということですね。

自分が投資したいと考えているもののボラティリティは

どれくらいかをまずは調べてみてください。

そして、それを組み合わせてポートフォリオ全体のリスクを

計算してみましょう。

例えばポートフォリオの投資比率が、

投資対象 : 比率

リンゴ :20%

みかん :30%

ぶどう:10%

イチゴ:40%

だったとして、それぞれのリスクが、

投資対象:リスク(ボラティリティ)

リンゴ:30%

みかん:20%

ぶどう:50%

イチゴ:10%

だったとします。ポートフォリオ全体のリスクは、

投資対象: 比率×リスク

リンゴ: 20%×30%=600%

みかん: 30%×20%=600%

ぶどう: 10%×50%=500%

イチゴ: 40%×10%=400%

(600+600+500+400)÷100=21%

21%のリスクを持ったポートフォリオ

になったというわけですね。

さて、分散投資を考えてポートフォリオを組むための

3つのポイントのうち、前回は相関係数、今回はボラティリティに

関してお話しさせていただきました。

次回はその最後の1つのお話をさせていただきたいと思います。

それでは、次回までごきげんよう!