医療保険に加入するには健康状態などの詳細な告知が必要です。緩和型は、簡単な告知で加入できるタイプの医療保険です。

 メリットとしては、

 ・健康状態により、通常の医療保険に加入できない方でも、告知事項が緩和
  されているので加入できる可能性がある。

 ・通常の医療保険と保障内容はほぼ同じである。

 という点をあげることができます。

 一方、デメリットとしては、

 ・通常の医療保険に比べ保険料がかなり割高である。

 ・契約後1年以内に支払事由が発生した場合は給付金が50%削減される。

 ・責任開始前に入院や手術を医師により勧められていた場合には、保障され
  ない。

 といった点があげられます。

 以上から、緩和型を最初から検討するのは得策ではなく、通常の医療保険に加入できない場合に緩和型を検討するのが良いでしょう。

 さらに、支払保険料と給付のバランスを検討し医療保険に加入する代わりに貯蓄で備えることも検討しましょう。