保険から貯蓄へ 貯蓄から投資へ 2

数字にごまかされるな

お客様の家計の戦略を考える時にまずは年間ベースで
考えて、次に月ベースで収入と支出の引き算が
あうか考えます。

同時にもしもが発生した時に保障を考えるのですが、
ベースは月単位で生活ができるかどうかです。

そこで保障といえば保険が登場するのですが、
ここで違う単位が登場します。
もしもの時に『一生』でいくらの単位です。

例えば35歳の方で5000万円の保険金が発生したとします
年金もらうまでに30年あります。

単純に5000万円÷30年=167万円
これを月に直すと167万円÷12ヶ月=約14万円
もし、気持ちが大きくなって使ってしまったら?

こわいですね。 途中でなくなったら?

家計を預かっている主婦のお金勘定は
『今月足りるかどうか』で年間なんて考えていません。
ましてや一生なんて単位で考えていませんよね。

もしものときも月ベースで考えてみたらどうでしょうか。

そうすると保険が変わるので保険料もリーズナブル
になるでしょう。

次は保険で貯蓄はどうなの?です。