こんにちは。

北見は暑いです。いよいよ夏が到来し、ビールが美味しい季節になってきました

さて、今回は税額控除と所得控除、いったいどちらが得するか

といった内容です。

簡単に説明しますと、

所得控除とは、税率をかける前の所得(収入-必要経費)から差引できる項目です。

例として、家族がいる場合に差引できる扶養控除などがあります。

税額控除とは、所得に税率を掛けて計算された税金から差し引くことができる項目です。

身近なものとして、住宅ローン控除がありますよね。

さて、個人の税金を計算する際に、重要なかかわりを持つ税額控除と所得控除。

お金があまりない人にとって、どちらが増えれば得になるのでしょうか?

まず、個人の税金の計算方法を簡単に説明しますと、

1年間の収入が多いほど、税率は上がっていきます。

年収1,000万円の人と、年収300万円の人が同じ税率では、

生活に対する影響が違いすぎますからね。

なので、税額控除の場合、

収入が多かろうが少なかろうが、税金が安くなる金額は変わりません。

これが所得控除の場合、その人の税率によって安くなる金額は異なります。

所得控除が100万円あるとして、

税率が10%の人の場合は10万円、税率が30%の人の場合は30万円

税金が安くなるのです。

よって、世の中の税金の計算方法が変わる場合、

今まで、税額控除だったものが、所得控除になるといった場合には、

金持ち優遇税制なんだな、、、なんて考えると、

税制をきっかけに世の中の流れが見えてきて面白いかもしれませんね。